「ゴルフは右肘が大事!3つの順序でスライス撲滅?!上達体感法」の続編!

 

さらなるゴルフスイング体感編です^^


今回のゴルフ上達体感レッスンであなたのゴルフスイングは変ります

  • アウトサイドインのゴルフスイング軌道が直る。
  • インサイドから振る感覚を体感できる。
  • フェースローテーションが実感できる。
  • 左肘のたたみ方も体感できる。
  • 結果、悩みのスライスが直る。

 

前記事の車のハンドルで体感した感覚を、より具体的にゴルフスイングとして体感してみましょう。

 

さあ、いかがです?

もし、あなたが上のどれかを直したければ、ぜひこの「お盆でゴルフスイング上達体感レッスン」にご参加ください。

さあ、始まりますよーー^^

 

お盆でゴルフスイングを上達体感

 

今回は車のハンドルの代わりにお盆を使います。

お盆がないお家は、段ボールを丸く切ったものでもOKです^^

 

いかがでしょうか。

簡単ですが、なれないとかなり腕がきつく感じると思います。

それでいいんです!!

 


このように我慢しながら、ダウンスイング(お盆(クラブ)を下してくる時)をするのですが、

右回転しているお盆を戻すのは、ちょっと後にしましょう。

 

つまり、6番目の動作の

インパクト(ボールを打つ瞬間)では、お盆を持つ手は9時15分に戻す」は、

完全にお盆を戻さないでほしいのです。

 

 

 

つまり、お伝えしたいのは・・・

ゴルフボールに「今まさにクラブが当たる瞬間」にお盆を戻そうとすると、

どうしても、その前からお盆を戻す感じになってしまうということです。

 

「??? なおさら分からんぞ!!」
失礼しました m(_ _)m  では、図でご説明します。

つまり、

お盆を戻す(両腕・両肘をまっすぐ伸ばす)瞬間は、


点線部分をインパクトの瞬間と考えれば、

  • インパクトの瞬間はまだ、お盆の回転は完全に戻りきっていない

のです。

 

もし、この点線部分でお盆の回転を完全に戻してしまうと…

 

 

また、手の動き(スイング軌道)も、アウトサイドインになりやすくなると考えられます。

このゴルフボールにあたる瞬間の話は
次の「ウェーターのアルバイトでスライス直す?ゴルフ上達秘密の近道!」でも取り上げます。

 

また、「アウトサイドインやインサイドから打つ」など、ゴルフスイング軌道の話は

「ゴルフの球筋は9種類!あなたはどのタイプ?|ゴルフ自己分析」をご覧ください。

 

 まとめ

 

内容を短く説明すると、難しい言葉をたくさん使うことになりますが、

  • 右肘をしぼってできた「ゴルフのタメ」のパワーが
  • ゴルフボールにあたっている間に、一気に解放されます。
  • また、インパクトの瞬間にクラブヘッドの形状から起こるモーメント力(回転力)が働きます。
  • それによって、さらなる力がゴルフボールに伝わり、
  • 結果、飛距離アップにつながります。
  • また、ボールに左回転が掛かりやすくなり、
  • 打ち出された球は、フックまたはドローボールに変身します。

 

「なるほど、ならばゴルフボールにあたる瞬間に

お盆を回すように、クラブフェースもひっくり返せばいいんだな!」

 

そうです。極端な言い方をすれば、あなたが思う通りです。

 

ただ、だからといってインパクト時に、

極端にお盆を回転させてしまうと、方向性が狂います。

 

だって、クラブフェース面(ボールが当たる部分)が一瞬で変化するわけですから・・・

 

「ボールは飛ぶけど、あさっての方向に飛んでいく、ということだね」

 

そうです。極端にやり過ぎると、いけませんね。

 

長所と短所が隣り合わせ。

だから、ゴルフは難しくて・・・面白い。

 

まずこのレッスンでは「右肘・左肘のたたみ具合」を体感してみてください。

すぐ上達しないかもしれませんが、大切な動きです。

 

また、ゴルフエッグの勉強グッズの「リズムシンクロ打法」では、

お盆以外の身近なものを使って勉強ができました\(^^)/

 

右肘、左肘、腕の使い方が一気に分かるレッスンでした。

実践感想文はこちらです。

 

 


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら

スポンサーリンク