「空振り」でゴルフ上達?ゴルフが難しい理由教えます^^ゴルフ上達

 

今回のテーマ 「空振りをしてゴルフ上達しよう」

 

 

この上達レッスンで、あなたは・・・

  • ゴルフを初めてする人が、なぜ空振りするかが分かる
  • 止まっているボールを打つスポーツが、なぜ難しいのかが分かる
  • 理由が分かると、あなたのゴルフの悩みが一つ減る^^

 

さあ、今日は物理のお話かな? ゴルフ上達体感レッスンのスタートです\(^^)/

 

ゴルフクラブの謎

 

ご存知の通り、ゴルフクラブは耳かきのように、(クラブ)ヘッドと呼ばれるものが先についています。

 

ヘッドの平らな部分(フェイス面)で、ボールを打ちます。
ヘッドの付き方は、こんな感じですよね。

 

「こんな感じって、当たり前じゃん(怒)」

 

 

すみません。怒らないで、もう少しお付き合いくださいm(_ _)m



道具を使ってボールを打つスポーツと言ったら?

  • 野球
  • テニス
  • 卓球
  • バトミントン などなど

上記のスポーツの道具とゴルフクラブでは、大きな違いがあります。

ゴルフクラブは異質な道具なのです。

 

「えっ?なにか異質なの、ゴルフクラブって変な道具なの?」

 

ゴルフクラブは異質な道具

 

下の写真の赤線は、各道具の中心線です。

もちろん、黄色い丸がボールの当たる個所(芯)です。

野球のバットは、ボールの当たるところ(ミートポイント)が、バットの中心線上にあります。

 

テニスラケットも、ボールを打つ場所(スイートスポット)は広いですが、

やはりラケットの中心線上にあります。

 

でも、ゴルフクラブはどうでしょう?

おわかりですよね。

 

クラブのシャフトと呼ばれる棒の部分の
中心線上にボールを打つ箇所(ヘッド)はついていません。

 

あるゴルフのインストラクターが言っていました。

 

「ゴルフクラブの先にヘッドがついていないから、
我々のようなレッスンプロが飯を食えるんだよね。」と・・・

 

つまり、このゴルフのヘッドが形が

この写真のようになっていたら・・・・

 

  • インストラクター(先生)はいらない!
  • 「ゴルフは簡単」

ということです。

 

 

このヘッドの付き方がゴルフを難しくしているのです。
だから、ゴルフは難しくて・・・楽しいのですね^^;

 

では、このことをご理解していただいたということで、

「どうやって、克服しましょうか!」ですね。

 

空振りがゴルフを上達させる

 

  • 野球でも
  • テニスでも
  • ハエたたきでも

日常生活で、「もの」をたたこうとするとき、人はその道具の中心線上でたたきます。

 

この感覚で、ゴルフでもボールを打とうとするから、当たらないんです。

 

ならば、発想の転換!!

「空振りをしましょう」です。

 

「おーーい、ゴルフエッグさんやーい、頭は大丈夫か――い?」

 

一応、大丈夫だと思いますが・・・話を進めます^^/

通常は、左写真のように構えます。

 

しかし、今回はゴルフクラブを逆さに持ってください。

そして、右写真のようにボールの手前に、逆さクラブの先をセット。

 

さあ、ゴルフボールに当たらないように

ゴルフクラブ(シャフト)を振ってみましょう\(^^)/

 

どうです?空振りしろって言われると、今度はなかなか出来ないかもしれませんね^^

 

この「シャフト振り」で空振りの感覚を体感してください。
ボールを打ってはいけませんよ^^

 

空振りするのが、ゴルフの上達の秘訣???

変ですが、でも、お分かりですよね。

 

このようにゴルフクラブの

  1. シャフト(棒の部分)がボールの手前を動くことで
  2. はじめて、ゴルフのヘッドはボールに当たる

のです。

 

逆に言えば、

  • このようにシャフトが動かなければ、
  • ジャストミートはありえない

のです!

 

いかがでしょうか。お試しあれ・・・

ただし間違っても、この体感練習中はゴルフボールを打たないでくださいませ。

 

シャフトの先(グリップ部分)を振るのですから

もし当たった場合は、あらぬ方向にボールが飛んでいきます。

 

もし、これでまっすぐ打てたなら・・・

あなたは逆天才ゴルフプレーヤーです。まっすぐ飛んだら、コメントくださいね^^/

 

 


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


2018メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら

4 Responses to “「空振り」でゴルフ上達?ゴルフが難しい理由教えます^^ゴルフ上達”

  1. 佐藤正隆 より:

    ご回答ありがとうございます。やはり見るだけにしておきます。せめてパークゴルフ場くらいのお値段で1人で回れる初心者専用コースとか、練習場にも初心者専用レーンとかあればよいのですが。なぜないのでしょうか。

    • ゴルフ上達マン より:

      佐藤さん

      ショートコースというところを探してみましょう。
      2000~3000円でパー3が数ホールあるようなところも世の中にはありますよ。

  2. 佐藤正隆 より:

    空振りばかりしてすっかりへこみ5人の先生に匙を投げられました。ゴルフは見るもの。プレーは絶対に嫌なくらいゴルフ嫌いになりました。ちなみにもう少し大きい球のパークゴルフですらほぼほぼ当たらず。義理で参加しなければいけないときは空振りばかりなので最高打数の7打で記録しておき、ラウンドに迷惑が掛からないようにしてます。こちらもプレーは死ぬほど嫌です。

    • ゴルフ上達マン より:

      佐藤さん

      コメントありがとうございます。
      ゴルフのプレーすることに恐怖があるようですね(;^_^A
      たしかに空振りばかりだと気持ちも萎えていやになるでしょう。
      でも、ゴルフエッグのこのサイトを見てくださるくらいですから本当はゴルフ好きな方だと思います。

      この記事でもあるように、ゴルフにはライ角があるので難しいのです。
      空振りをするのはこの原理のせいもあります(;^_^A
      あとは体のブレですね。

      「止まっているボールだからどうやったって当たるだろう」というのは実は違って、止まっているから難しいのですね。
      野球やテニス、卓球など動いているボールはこちらも動くことで打つことができます。
      しかし、ゴルフは止まっているボールを打つために、こちらは動かなければいけない、そこに矛盾と面倒さがあるのです。

      だからゴルフは、動いていいけど動いちゃダメ、ということを覚える必要があるのです。
      動かなければ打てない、でも動いてしまうと当たらない、この難問に多くのゴルファーは悩まされ、そして、魅了されているのです(*^▽^*)

      ゴルフエッグも「どうやればもっとうまく打てるだろう」と日々悩んでいます。
      「もういいや」と苦しくなることも多いですが、その悩むことを楽しみながらまたゴルフを続けています。

      ぜひ、佐藤さんにも続けてほしいと思います^^/
      その一助にゴルフエッグサイトが役立てればうれしいのですが(;^_^A
      それでは、また^^/  ゴルフエッグでした( ^)o(^ )

コメントを残す

サブコンテンツ

偉人がゴルフをしていたら?

このページの先頭へ