「始めよければスイング良し」バックスイング極めてゴルフ上達【Flow of a lesson 6】

Flow of a lessonも6回目となりましたヾ(@⌒ー⌒@)ノ

今回は「バックスイング」を考えてみましょう。

スイングのはじまり バックスイング

アドレス(構え)でボールの後ろにクラブヘッド(先っちょ)をセットした後、

「さあ、これからスイングするぞー」

とクラブヘッドを後に引く(右打ちなら、体の右側に移動させる)動きのことですよね。

「そんなのゴルファーなら誰でも知っているよ~」

しかし、「クラブヘッドを引く」ことが、「バックスイング」と考えると、ちょっとスイングが悪くなるかもしれません^^

「それなら、何を後ろに引くんだよ!」
と、突っ込まれそうですが、さて何を引きましょうか^^/

ゴルフエッグは思います。

バックスイングというから「スイングをする、クラブを動かす」ことに気が向くのでしょう。

たしかにクラブヘッドは後ろに引きます(移動させます)

でも、ゴルフエッグは
「右股関節に乗ること」をバックスイングでは意識します。

「右足にパワーをためること」といってもいいかな?

股関節については
2秒でゴルフの左右股関節を体感!スケーターはゴルフの上達が早い?

をはじめとして、多くの記事を書いています。

簡単な体感法としては
10秒間椅子に座ってボール拾い。それでゴルフ上達?ゴルフ股関節
をご参考ください。
右股関節のくびれ+右ひざの固定を体感
(この足は息子の足です(^_^;))

アドレスをした状態で、手や腕は動かさないで、
ただ、「右股関節にくびれを作る」ことだけを考えて、体を動かすと・・・

いわゆる「ボディーターン」も、一緒にできちゃいます^^/

「右股関節にくびれ」ができるところまで、体を捻転させると・・・

手の位置は、何もしなくとも大体「ハーフウェーバック」まで移動します。

ハーフウェーバックとは、右腰の高さあたりまで、クラブが移動してくることです(真ん中の写真のこと)

これで、とりあえず「クラブの始動」はできますよね。

つまり
「手でクラブを動かす、手を先に動かすという動きは抑えられる」
のです。

これにより、「手打ち」が防げることになります。

バックスイングのキーワードは「股関節」

あなたが

  • 右打ちなら、右股関節!
  • 左打ちなら、左股関節!

この股関節にくびれを作ることを、まずは意識してバックスイングを始めてみましょう\(^^)/

イメージとしてはタイガーウッズのこんな写真↓になるイメージで頑張りましょう。
タイガーウッズも股関節!これでゴルフも一気に上達

さあ、次回は「バックスイング 肘編」です^^

これであなたのトップオブスイングもかっこよくなる!!こうご期待\(^^)/


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら


コメントを残す

サブコンテンツ

偉人がゴルフをしていたら?

このページの先頭へ