ボールの位置で逆Kの字が変形する? ゴルフ上達の謎

今よりスコアメイクを楽にする方法
「謎解きレポート」無料プレゼント!

GEメルマガレッスン
を読んで今すぐスコアをマイナス5しちゃいましょう

今回のテーマは「やじろべいになってみない?それでゴルフが上達するならば」です。

 

左写真は「ゴルフで肩は水平にならない!|ゴルフ上達のカギはKの字」の記事内と同じ

タイガーウッズのアイアン(短いクラブ)での構えです。

 
右写真はドライバー(長いクラブ)の構えです。

(ゴルフクラブの種類については文末に書きます^^)

 

ドライバーの方が、若干ではありますが、写真の左側に倒れる感じがきつくなります。

 

つまり、逆Kの形がより傾く感じです。


絵で極端に表現してみました。

これなら、お分かりいただけると思います。

 

では、なぜ「ゴルフクラブを変えると逆Kの形も変わる」のでしょうか?

 

それはズバリ、「ボールの位置が変わるから」です。

 

「足の広げ方も違う」という理由もありますが、今回はボールの位置について書きます。

 

もう一度タイガーウッズの写真の白矢印部分を見てください。

 

ドライバーの時のボールは、ゴルファーの左足寄り(ターゲット方向)にあります。

アイアンでは、ほぼ真ん中です。

場合によっては、左足近くになります。

 

ボールの位置がターゲット方向に変わった(左足の近く)場合は、それに合わせて、逆Kの字をより傾けます。

 

では、腕と両肩で作った青色の二等辺三角形の形どうでしょうか?

 

形は全く同じ二等辺三角形ですが、頂点部分(両手が合わされたところ、グリップ部分)が、ターゲット方向(写真右の方向)に回転(移動)しています。

 

右肩が下がる感じで、左肩の中心点としてターゲット方向(右回転)しています。

 

このようにゴルファーは、ボールの位置が変わった場合には、腕の形を変えないでクラブをボールの位置に合わせるのです。

 

では、それはどのような感覚で行っているのでしょうか?

 

さあ、ゴルフ上達体感レッスンの始まりです。

 

あなたは「やじろべえ」

床にあぐらをかいて座ってください。

 

そして、やじろべえのように右左に「ぎっこん、ばったん」してみましょう。

お尻を浮かせてはいけませんよ^^

 

そうすると、わき腹のところを支点として、右左に傾きますよね。

 

体感してほしいのは、

  • 足を動かしたり
  • 膝を曲げたり
  • 腰を突き出して体の傾きをつくっているのではない

ということです。

 

逆Kの字の傾きを作る支点(折れ曲がるところ)は、あくまで右わき腹(腰のくびれ)部分です。

(「牛乳をかっこよく飲もう」のゴルフ上達体感レッスン参照)

 

「右肩を下げる」と表現してもいいですが、誤解を生じる場合があります。

あくまで

  1. 右わき腹を曲げる。
    (左腰を突き出してはいけません)
  2. その結果、右肩が下がる。
    (無理やり下げないという意味です)
  3. 両腕と肩のラインで作られた二等辺三角形は崩れない。
  4. しかし、手の位置がターゲット方向に動く。
  5. 必然的にクラブヘッドもターゲット方向に動く。
  6. ボールの位置が前になっても、これでクラブをボールのすぐ後ろに置くことができる。

このようにして、体の傾きをゴルフクラブによって、若干調節します。

 

腕や手を動かして、クラブをボールの後ろにセットしているのではありません。

 

いかがでしょうか。

 

今まで、手の位置やクラブの角度を変えて、ゴルフボールの位置にクラブを合わせていたならば、ちょっと違った感覚が体感できたと思います。

 

まとめ

  1. クラブが変わるとボールの位置も変わる
  2. しかし、それに合わせて構えを大きく変化させない。
  3. 変えるのは右わき腹の折れ具合だけ。
  4. これで、クラブは前後に動く。
  5. ボール位置に合わせて、体の傾き具合だけ変化させる。

です。

 

いかがでしょうか。お試しあれ・・・

 

ゴルフクラブの種類について

ゴルフは、長いものから短いものまで合計14本のクラブを使ってボールを打つスポーツです。

  • 一番長いクラブは「ドライバー」
  • 中くらいの長さのものは「アイアン」
  • 一番短いクラブは「パター」

長さの違うクラブを区別するために、それぞれのクラブには番号が付いています。
このことを「番手」といいます。

 

アイアンの中には、長めのアイアンから3・4・・・9番まで番号がついています。

 

呼び方としては、「7番アイアン」「7番」「7鉄(てつ)」などといいます。

 

一番短い9番アイアンよりさらに短いものはピッチング(ウェッジ)やサンド(ウェッジ)というのもあります。

単に「ウェッジ」とだけ呼ぶ場合もあります。

 

「いっぱいあって面倒だな」と思われるあなた!!

実はその逆です。

 

たくさんあることでゴルフは、より簡単になるのです。

 

それはなぜか?

 

ゴルフクラブの長さやクラブヘッド(先の部分)の形状が違うことによって同じ力でクラブを振っても、クラブを変える(番手を変える)と飛ぶ距離が自動的に変わります。

 

つまり、ゴルファーは「自分で力加減をしなくてよい」ことになります。

だから、「楽ちん」なのです。

 

ゴルフスイングも同じです。

基本は、番手ごと、クラブの種類ごとに変える必要はないのです。

 

でも、実際それは難しいですね。

ゴルフエッグは、「リズムシンクロ打法」という方法で、すべての番手で同じようなスイングを目指しています^^

実践感想文も書いています。よかったら覗いてみてください^^/

 

 




「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグの特別上達レッスンも無料受講!!

あなたも今より20ヤードグリーンに近づいてピンを狙ってみないか!
谷原秀人を優勝に導いた安楽拓也の
「最もシンプルな飛距離アップ練習ブログラム」ドライバー飛距離アップ
「最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」安楽拓也ドラコンプロ

あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^




“ボールの位置で逆Kの字が変形する? ゴルフ上達の謎” への2件のフィードバック

  1. 金田一 より:

    × やじろべい
    ○ やじろべえ

    • golfegg golfegg より:

      金田一さま

      こんにちは、ゴルフエッグです^^;
      ご指摘ありがとうございます。
      失礼しました。訂正しましたm(_ _)m

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ