1分で世界一のタイガーウッズと同じになれるコツの第3弾!の体感レッスン編です。

アドレス作りは机のへりに肩を押し付けろ 鉄棒が最適!!

 


写真のように

  • ターゲットライン①に
  • 両肩のライン④を平行に合わせるのは

なかなか難しいものです(^_^;)

それは、ターゲット(赤丸)を確認するときに首を振って目標を見るためです。

首を振ると肩も動く。これ日常生活なら当たり前ですよね。

人は必ず視線の方向に体を合わせる」ものです。
ゴルフエッグの知り合いでプロのドライバーで車のレースに出ていた人がいます。

その人が言っていました。

「エッグさん、レースではコーナー(曲がり角)に突っ込んでいくときはコーナーの入り口を見るんじゃ間に合わないんですよ。」

「コーナーの出口を見ながら、入っていくんです。」

「そうすると、自然と体は反応してコーナーを抜けていけます。」と・・・

視線は大事。視線によって左右されるのが人間なんです。

だから、ゴルフでも視線によって体のラインが変化するのは当たり前なんです。

かといって、首を動かさないでねらい目を確認することはできません。

ならば、首を動かしても肩のラインは動かさない。

ターゲットラインに合わせられるようにしなくてはならないのです!!

さあ、ここからゴルフ上達体感レッスンのスタートです。

机のへりに肩を押し付けよう

なるべく背の高い机がいいです。

  1. 低めのいすに座って、両肩を机のへりにつけてみてください。
    (あごを机の上に乗せてもいいですが、体感練習のときは浮かせてくださいね。)
  2. その状態で仮想ターゲットを見てみる(首だけを動かす)
    (ゴルフのときのように首を振って両目で確認してください。)
  3. 両肩に感じる机の感触に違いがなければOK。
    (あまり強く両肩を机に押し当てていると、微妙な感覚が分かりませんよ)

右打ちの人は左を向きますが、右肩が机に押し当てられるのを感じますか。

微妙ですが、みなさん左肩が若干浮き、右肩が机にぶつかる感じになるはずです。

もし右肩が当たる感じがなくとも、右肩が前に動くような感覚が分かればOKです。

このようにして、

  • 自分の確認した方向によって
  • 肩のラインが変わることをまず体感

してみてください。

「確かに、右肩がよけいに机に触る感じがするけど、たいして違いないじゃん!」

そうですよね。変わったといっても、本当に微妙な感じかと思います。

しかし!!

この肩ラインの若干の狂いがゴルフのスイングに大きく影響します。

たいして違いがない・・・ではなく、その違いを感じられる感覚を身につけてください。

肩の向きが変わりにくい首の動かし方

肩の向きが変わりにくい首の振り方が実はあります。

「そんないい方法があるなら、先に教えてよ(怒)」

ごめんなさい^^; でも、なにごとも順番がありますから^^

要は簡単です。

  • 首を水平方向に回すから、肩が回るんです。
  • 首を垂直方向に回してみましょう。

ほら、肩は回らないでしょ!!

つまり、ゴルフのアドレスの場合、下から見上げるように首を回すのです!!

下からのぞく感じ、とでも言えばよいでしょうか。

いかがですか。

簡単にできる方法で、アドレスが狂わないですのでぜひお試しくださいね。

 

しかし、何事にもメリットがあれば、デメリットがあります(;^_^A

この「見上げる顔の動かし方」をすると、

  • 確かに肩の開き(回転)が起こりにくいです。
  • しかしその分、右肩が下がりやすくなります
  • 結果、ボールの手前をたたいてしまう「ダフリ」が出やすくなります。

このように違う悪影響が起こる場合があります。

ご注意ください^^;

 

ここまで、体感レッスンを書いていてなんなんですが、実は机だと低すぎてやりにくいはずです。

一番良いのは、小学校にあるような鉄棒だと思っています^^;

いろいろな高さのものがありますし、ご自身の身長に合わせて選んでみてください。

もし鉄棒で練習されるときは、鉄棒から少し離れて(肩と鉄棒の離れ具合が5㎜程度)、ゴルフの構えをしてみてください。

架空のゴルフボールの位置は鉄棒の真下ではないですよね。

だって、クラブの長さ分、鉄棒より前にあるはずですから。

つまり、ターゲットライン(ボールが飛び出してほしい方向)は鉄棒より50センチくらい前方の線になるということです。
ゴルフ アドレスの後方からの写真
(①がターゲットライン、④がほぼ鉄棒のライン)

さあ、ゴルフの構えができましたか?

そうしたら、5mmそのまま前に動き、鉄棒(④)に肩をつけてみてください。

肩にあたる鉄棒の感じが両肩均等なら、ばっちりです。

鉄棒の方向と両肩のラインが平行(①と④が平行)だということです。

これでターゲットライン①は、その鉄棒④より50センチ前方の平行線上です。

そのターゲットラインに両肩のラインを平行に合わせるのが目的です。

「ターゲット(赤丸のところ)を斜めに見ながら、ターゲットライン①と肩④を平行にする」

視線の向きとターゲットラインがクロスしている、つまり顔の位置から赤丸を見ると①の線と交差するのに、肩のラインとターゲットラインは平行にしなくてはいけない!!

矛盾だらけですが、ぜひ体感して習得してくださいm(_ _)m

ゴルフエッグもこのポスチャー(正しいゴルフの構え)には気を使います。

スタートが狂えば、良いボールは打てませんもんね^^

だから、いろいろな教材を見ながら勉強しています^^;

(ゴルフエッグの「勉強実践感想文」を参照)

あなたも、正確にターゲットに向けるよう体感ください^^/



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク