ゴルフ 飛距離アップ簡単練習方法 インパクトでボールをもう一押ししよう
カップイン
松山英樹プロがマスターズを制したパッティング術! 解説していた中嶋常幸プロも絶賛したパットの極意をパット上達レポートとして無料プレゼント中

メルマガでは自宅で出来るプロ仕様パット上達練習法も配信しています

ゴルファーの夢 それは飛距離アップ!! ですね。

飛距離アップを狙うなら、ボールにパワーを伝えなくてはいけません。

インパクトでボールをグッと、もう一押しすることができれば、飛距離アップ間違いなし!

その上、方向性も良くなるというおまけ付きの練習方法です。

ボールを押す感覚を身につける

ゴルフボールは小さくてとても軽いものです。

そのため、誰でも打つことができますが、もしゴルフボールがボーリングのボールだとしたら、あなたは打つことができると思いますか?

「そんなのはプロでも無理じゃん」

そうですよね(;^_^A

でも、ボーリングのボールにクラブヘッドを添えて、押すだけなら何とか動かすことができるかもしれません。

「軽いゴルフボールを押す」という感覚はなかなかつかめませんが、「重いボールならグッと押す」という感覚が身に付きます。

そんな感覚を身につける、家の中でできる簡単練習法です。

座布団で飛距離アップ

持つクラブは、フェイス面が垂直に立っているドライバーがいいでしょう。

後は座布団を用意してください。

下図のように座布団をボールの位置にセットして、その座布団の淵にドライバーのフェイス面が当たるようにしてアドレスを取ります。
準備ができたところで練習です。

バックスイングは取らずに、その状態からドライバーで座布団を前に動かしてみましょう。
ボーリングの球だと動かすのも大変ですが、座布団ならば大丈夫ですよね。

但し、動かす時には注意が必要です。

  • クラブを腕だけで操作してはいけない
  • 体を前に動かして(スエーして)、それで座布団を前に動かすのはいけない
  • 体幹を意識して、体の中心軸は動かさないようにしながら座布団を押していく

右腰に右肘がついているようなイメージで、腰を左回転させて右腰でボールを押していくようにしましょう。
その時に上体は、腰につられて回さないようにして、体の中心軸を保つようにビハインドザボールの体勢をキープしましょう。

腰は左回転、でも上体は右回転をするような感覚が得られればOKです。

体全体に力が入っていますか。体全体で座布団に力を伝えていられますか。

足の踏ん張り具合なども感じ取りましょう。

ご自身の姿を鏡に映しながら、写真のような躍動感のある姿勢が取れているかどうかチェックしてみましょう。

もし、座布団が軽くて簡単に動くようならば、敷布団などもう少し重いもので行いましょう。

動かすことが目的ではなく、体全体でクラブを通してボールを押し込んでいく感覚を得ることが目的です。

ゴルフ練習場では

自宅で座布団での練習の後は、実際にボールを打ちにゴルフ練習場に行ってみましょう。

目の前にあるのはゴルフボールですが、頭の中で「座布団を押し込んでやる」とイメージして打ってみてください。

ゴルフボールは軽いので「パカーン」と打たれるだけですが、インパクトの瞬間に座布団で練習したグッと押し込んでいく感覚で打ってみましょう。

この感覚で打つことができれば、ドライバーのフェイス面もインパクト前後でまっすぐ当たることになりますから、方向性もアップします。

ぜひ、お試しあれ。

追伸

飛距離アップ記事としては、
ドライバー飛距離アップの3要素の強化練習法「ヘッドスピードアップ、体軸安定、スイング修正」
も参考になるかと思います。

合わせてお読みください。



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク