ゴルフの球筋は、全部で9種類!

その球筋を分析することで、ゴルフ上達の近道が見えてきます。

写真を見てください。

  1. ゴルフボールが飛び出す方向で3種類(①②③)
  2. ゴルフの打球の曲がり具合でそれぞれ3種類。(スライス、ストレート、フック)
  3. 3×3の計9種類です。

みなさんは普段、どんな打球を多く打ちますか?

思い出してください。

ゴルフボールの飛び出す方向について分析

飛び出す方向=あなたのゴルフスイングの軌道

ゴルフはこの公式が成り立ちます。

右打ちのゴルファーの写真で説明していきます。

  • 打ち出す方向が③の人
    アウトサイドイン(青③の円軌道)でゴルフクラブを振っている。

    アウトサイドインとは、その名の通りで、
    体から遠いところ(アウトサイド)からクラブが振られてきて、
    そしてゴルフボールを打つ。
    その後、体の近く(インサイド)に振りぬいていくことです。

  • 打ち出し方向が①の人
    青③軌道の反対で、インサイドアウト(緑③の円軌道)のスイング軌道といいます。
  • ②が一番よいとされています
    この軌道はまっすぐ引いて、まっすぐ振る、と勘違いしがちですが、
    内側(体の近く)から打ちに行き、内側に振りぬく
    インサイドイン(赤③の円軌道)となります。

ゴルフボールの曲がり具合について

曲がり具合=クラブフェースの開き具合

インパクト(ボールを打つ瞬間)のクラブフェース面が

スイング軌道に対してどうなっているかがわかります。

  • スライス(右曲りのボール)
    スイング軌道の方向に対してオープンフェース(開く、右を向く)のとき、ボールは右に曲がります。
  • フック(左曲りのボール)
    スイング軌道に対してクローズドフェース(閉じる、左を向く)とき、ボールは左に曲がります。
  • ストレート
    スイング軌道に対して直角ならば、スイング軌道の方向にまっすぐ飛びます。

あくまでスイング軌道に対してフェース面がどうなっているかであって、

ターゲット方向に対してではないことをご理解ください。

例えば、ゴルフボールが右(上の写真の緑①方向)に飛び出して、右に曲がる(スライスする)人は

インサイドアウトのスイング軌道で、

そのスイング軌道に対してフェース面がオープン、ということですね。

一般ゴルファーにもっとも多いスイング

ゴルフ初心者に一番多いのはこの写真のスイングです。

アウトサイドインのスイング軌道で、オープンフェースの人です。

ターゲットライン(白の←)に対しては、ちゃんと直角にフェース面(赤)が合っています。

これはとても良いことです。

しかし、スイング軌道に対して、オープンフェースになっているためスライスしてしまいます。

 

「よし、フェース面はいいんだな。」

「だったらスイング軌道をインサイドアウトにすればいいんだな」

と思った初心者さんはご注意ください。

 

青③の左に飛び出して、右に曲がる(スライスする)とどうなるでしょうか。

そう、真ん中に戻ってくるのです。

つまり、ゴルフコースで実際に打った場合は悪い結果にはならないのです。

インサイドアウトのスイング軌道にしても、インパクト時のフェース面もコントロールできないと、

  • 右に飛び出し右に曲がる。
  • どんどん右に行く。
  • OB(アウトオブバーンズ、ゴルフコース外に出る)になる。
  • スコア―がまとまらなくなり、よけい落ち込む。

と最悪の状態になりますので、ご注意を・・・

 

「ではどうすれば、インサイドアウトに振り、フェース面も合わせられるのか?」

その体感法を皆さんは知りたいところだと思います。

 

この後の記事で、徐々に体感法・修正法をお伝えしようと思います。

そんなにすぐに直ったら、ゴルフはつまらないです^^

「難しいから面白い!」 ゴルフはそんなものです。気長に行きましょう。

まだまだ楽しい時間は続きますので、

今回は「己を知る」ゴルフ自己分析編とさせてください。

こうご期待・・・

ということで、この後の記事もよろしくお願いします m(_ _)m


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら