飛距離アップイメージ

ドライバーの飛距離アップを狙おうとすると、気持ちが先行してしまって、どうしても上体が突っ込んでしまいがちです。

そこで今回は「地面に向かって振ろう」をテーマにお送りします。

クラブを振るときのイメージは?

ゴルフでは、クラブを振ることによってボールを飛ばします。

当たり前のことですが、このとき「どこに向かって振るのか」を考えてください。

あなたはクラブを振るとき、横に振りますか?縦に振りますか?と質問されたらどう答えますか。

多くの人のスイングイメージとしては、横に振る、ではないでしょうか。

「いや、僕のイメージはボールに向かって振る、だよ」という人もいるでしょう。

つまり、斜めに振るイメージ、と答える人もいらっしゃるでしょうか。

イメージを変えて飛距離アップ

では、この上田桃子プロの写真を見てみましょう。

上田桃子スイングイメージ写真
引用先:ゴルフダイジェスト

どうですか?あなたのスイングイメージとの違いを感じ取れますでしょうか。

ゴルフはクラブを使ってボールを飛ばすスポーツです。
そのため、ボールや横に向けてゴルフクラブを振るというイメージになってしまいます。

しかし、写真のようにダウンスイングでは地面に垂直に向かって手を下ろしてくることで、力強いスイングになります。

そのイメージを高めるために、上田桃子プロはヘッドカバーを持って、ダウンスイングではそのヘッドカバーを真上から地面に投げつけることで、イメージを高めています。

「でも、これじゃあボールを打てないんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、ゴルフはアドレスしたときに、この写真のようにクラブと腕に角度ができますよね。

だから、手を真下に振ったとしても、ちゃんとクラブヘッドはボールに届きますので大丈夫なのです。

というか、このアドレス時の手の位置にダウンスイングでも戻ってくるようにするために、縦に振り下ろしてくるイメージが大事になるのです。

イメージを変えて、突っ込みを減らす

横に振る、ボールに向かって振る、というイメージを持つと、ゴルフスイングでは「上体の突っ込み」も起こりやすくなります。

上体が突っ込むとは、簡単に言えばスエーが起こって、体が前(ターゲット方向やボール方向)に動いてしまうことです。

これではスイング軸もしっかりしないので、飛距離アップも望めません。また、方向性も悪くなります。

上田桃子プロのように「真下に向かって振り降ろす」イメージで、地面をしっかりと踏みしめた力強いスイングをしましょう。

飛距離アップ、方向性アップに必ず繋がりますよ。

お試しあれ(^▽^)/

 



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク