「どう打つか、ではなく、どのように体と心を使うか!」 クラブチャンピオンの感覚を体感してみませんか。

パット30以下ってホント?森本光洋パット名人養成講座 実践感想文

あなたは「パッティング」で悩んでいませんか?

スコアアップは、なんといっても パッティング!

1ラウンド30パットも夢じゃない?!
パッティングの上達を完全保証するパット専用教材。

 「パッティング専用教材」  
森本光洋【パット名人養成講座】

 

■自己紹介

ゴルフ教材実践感想文を書いているゴルフエッグと申しますm(_ _)m

ある教育機関で教員をしているシングルプレーヤーです。

ゴルフ歴30年以上で、クラブチャンピオンにもなることができました。

詳細なプロフィール

 


30年の経験から会得したゴルフの感覚を、多くのゴルファーに伝えたく、「どう打つかではなく、どのように体と心を使うか!」をテーマに、この「ゴルフ上達体感サイト」を立ち上げました。

 

今回は、ゴルフエッグが実際に購入したパット専用教材についての実践感想文を独自の視点から書いています。

今回は、ゴルフエッグが最もゴルフ上達に役立った「リズムシンクロ打法」の先生。

森本プロの「パット名人養成講座」について書いてみます。

「リズムシンクロ打法」の実践感想文はこちらです^^

 

「森本光洋 パット名人養成講座」を実践したら・・・

良かった点は3つ!

  1. パターの形状についての知識が深まった。
  2. パッティング時のボールポジションに気を付けるようになった。
  3. パッティングドリルは、目からウロコだった。

* パター:     パットするときのクラブ
   パッティング: パットする動作のこと。単に「パット」や「パットする」ともいう。
  (紛らわしいですが、この感想文内では上記のように使い分けて書きますm(_ _)m)

 

この良かった点3つについて、別々にコメントしてみます。

 

1.パター形状

ゴルフエッグは、ゴルフ歴30年以上です。
もちろん、パッティングについても「悩み、練習し、自分なりに研究」してきました。

しかし、フルショットに比べ、パットは動作は小さいのでつい、いいかげんになりやすいのも事実ですね。


パター選びの基準も

  • 「振った(試打した)感じ」
  • 「流行(はや)り廃(すた)り」
  • 「有名プロが使っている」

など、ミーハー的な感じで選んでいたように思います^^;

 

しかし、今回の「森本光洋 パット名人養成講座」

  • 「パターは自分のパッティングスタイルに合うものを選ばなければいけない」
  • 「自分の持っているパターに合ったパッティングをしなくてはいけない」

と実感させられました。

ゴルフは、道具を使って行うスポーツです。

そのため、物理法則に則ってスイング,ストロークする必要があります。


どんなにうまく打とうとしても、その「自然の物理法則を、ないがしろにしてはうまく行くはずがない」のです。



パッティングは小さな動きのため、ごまかして打つこともできます。

ごまかしても、それなりに打ててしまうのもパッティングです。


しかし、パッティングはミリ単位の精度を求められる場合があります。

「10mを一発で入れるパッティングは、月にロケットを飛ばす精度と同じだ」

 ということを昔、聞いたことがあります。

「NASAが総力を挙げてロケットを打ち上げるのと同じ精度が求められる」と考えれば、パッティングってすごいことですね^^;

 

でも、パッティングは生身の人間が行うものです。

そのため、あまりにも神経質になり過ぎても、うまく行かないのはお分かりのことと思います。


しかし、パターの形状による物理法則を知ることは、パッティングの際の

  • 「心のよりどころ」となり、
  • 精神安定につながり、
  • パッティングの自信につながります。

 

今回の 「森本光洋 パット名人養成講座」で、「心のよりどころ」を見つけることができました。

 

2.ボールポジション


もちろん、「目の真下」というのは間違いではありませんし、大切なポイント です。

しかし、目の真下は真下でも

 「パターの形状が変われば、ボールポジションも変えないとおかしい」

という考え方を「森本光洋 パット名人養成講座」で気づかされました。

 

そして、そのボールポジションに応じて、手(グリップ)をセットする位置も変わるわけです。

違いはほんの数センチ、いや数ミリかもしれません。
しかし、それによって打つ感覚も変わるのがパッティングです。

ゴルフエッグも、自分のベストポジションを探すきっかけになりました。

 

パットの成績の方は?

「じゃあ、ゴルフエッグさんはパッティング数が劇的に良くなったんだね?」

うっ! それを聞かれると返答に困るところです^^;


ゴルフエッグも、それなりのゴルフの成績を出せる腕前を持っていますので、「この教材で、劇的にパット数が減った!」なんて「うそ」は言えません^^;

 

ゴルフエッグの1ラウンドのパット数は30~34といったところです。

つまり、ゴルフエッグはいつも「ひとホール2パット以内 1ラウンド36パット以内になるように」を心がけています。

 

もしあなたのパット数が40などと多ければ、この教材で一気に減るはずです。

しかし、「32パットから30パットになる」ということと、「40パットが38パットになる」ということは、同じパット数2減ですが、全然違う世界のお話です。

つまり「40→38なら、このパッティング法を勉強すれば簡単だ」ということです。


また、単にパット数といっても、たとえば、パー4のホールで

  • 「2オンしての2パット」  と
  • 「4オンしての2パット」  では
  • 同じ2パットでも、意味が違いますよね。

だって、カップまでの距離がきっと2オンと4オンでは違うはずですから^^

 

このため「パット名人養成講座」を実践したことで、「ゴルフエッグは、パット数が劇的に減りました\(^^)/」という報告は出来ないと思っていますm(_ _)m

 

そういう意味では、ゴルフエッグは教材に 物足りなさを感じた のも事実です^^;

しかしながら、上記のパター形状による知識の習得によってパッティング時に

  • 「心にゆとり」
  • 「安心感」
  • 「安定感」

を持つことはできるようになったといえます。

この精神的な余裕は、パットには絶対に必要ですから、「安心感を得た。確信を得た。」という意味で、ゴルフエッグは「効果があった」とお伝えできます。

 

3.パッティングドリル


パッティングの重要ポイントとして「フェイス面の角度を変えない」ということがあります。

そのことで「方向性が正確になる」のですね。



では、フェイス面の角度を変えないためにはどうすればいいでしょうか?

その答えの一つに

「手首がパッティング中に悪さをしない(むやみに動かない)こと」

が挙げられます。

 

「手首が悪さをしない」というのは、結構難しいものです。

だって、手首は体の中でも一番

  • 動かしやすい
  • 悪さをしやすい

ところですから・・・

 

しかし、その手首固定練習方法として、「森本光洋 パット名人養成講座」で紹介されていた

ゴルフボールを使ったパッティングドリル(練習法)

は、とてもためになりました。

逆に、「こんな簡単な練習方法手首の固定が体感できたのか!」と、その練習方法に今まで気付けなかったことが悔しく感じられました^^;


このパッティングドリルで、

  • 「パッティングの方向性に自信が持てるようになる」
  • 「方向性の安定を得られる」

ことは、ゴルフエッグが保証します!とてもよい練習方法ですよ^^

 

森本光洋ティーチングプロ

「ちなみに、森本光洋さんってどんな人なの?」

はい、森本ティーチングプロについては、ゴルフエッグが書いた

2枚でバッチリ悩み解決「リズムシンクロ打法 森本光洋」実践感想文を参照ください。

 

「森本光洋のリズムシンクロ打法」は、ベリーグッドの教材です。
ゴルフエッグがスイング上達で最も役立ったゴルフ教材です。

 

「その森本先生がパット専用教材を出されている」ということを知り、ゴルフエッグは今回購入したのです。

 

「森本光洋 パット名人養成講座」の内容

教材内容は「パター形状」の話だけでなく、パッティングに必要な

  • 動作
  • 考え方
  • 打ち方
  • 距離感の出し方

などについて解説されています。


今回の「パット名人養成講座」教材は

  • 「WEB上の映像(ダウンロードも可)」
  •    と
  • 「PDF文字データファイル」

で提供されます。

 

そもそも「パット専用ゴルフ教材」というのは、あまりお目にかかれません。

その上、森本先生は・・・

「90日間教材の方法を実践して、パッティングのストローク数が全く改善されなかったと感じたら、全額返金します。」

と、言ってくれています。

ここまで言い切っているパット教材は、ゴルフエッグも初めてでした。

つまり、あなたはノーリスクでパット上達技術にチャレンジすることが出来るということです。

 

「パット名人養成講座」が必要な人、必要でない人

どんな良い教材でも「万人に良い教材」というのはないと思います。

そこで、ゴルフエッグなりに「必要な人」と「そうでない人」に分けてみます^^;

「パット名人養成講座」が必要な人
  • ゴルフの初心者から中級者(スコアは85以上の人)
  • 1ラウンドのパット数が調子が悪いと40以上になるような人
  • パットについて打ち方、考え方をまったく分からない・知らない人
  • 「とにかくパットは全然ダメ」と、あきらめかけている人
  • ロングパットかショートパットのどちらかが苦手な人
  • うまくいかないと感じたら「森本先生に相談しよう」と行動力のある人
  • 相談してもうまく行かなきゃ「返金してもいいんだ」と思える人
「パット名人養成講座」が必要でない人
  • ゴルフ上級者(スコア85を切れるような人)
  • パットの「いろは(基本)」は熟知している人
  • 1ラウンドのパット数が、調子が悪くとも36で抑えることのできる人
  • 10mのパットをカップから1m以内に寄せる自信のある人
  • 「1mなら80%は外さないよ」と言える人

 

ゴルフエッグ特典を伝授!

当サイトから「パット名人養成講座」の詳細(公式)ページに入って購入を決められた場合、特典をお贈りします。

 

特典1: ゴルフエッグの「パット記事 全17巻」の回覧権

ゴルフエッグも「パット上達を望む方へ」としてパット記事を多く書きました。

eggputtkiji17


手前味噌ではありますが、多くの方から

  • 「良い記事をありがとう\(^^)/」
  • 「1ラウンド36パットが、31パットにもなったよ」

と、感謝の言葉をいただいている記事です。

     [*手前味噌:「自慢するようで恐縮ですが」の意味^^;]

このゴルフエッグの「パット上達を望む方へ」のパット記事は回覧権が必要です。


これまた手前味噌で恐縮ですが、

森本先生の「パット名人養成講座」とゴルフエッグの「パット記事 全17巻」があれば、

鬼に金棒!! パットに金棒? と思っています^^;



ゴルフエッグの感じた「物足りなさ」を 、このゴルフエッグの特典パット記事 全17巻」で補っていただければ、うれしいですm(_ _)m

ゴルフエッグのパッティング体感技術も余すところなく、あなたに伝授いたします!

ちなみに、この「パット記事 全17巻」は、「パット名人養成講座」を見る前に書いたものです。

「パット名人養成講座」と似ている表現もありますが、森本先生とは違う視点でパッティング技術を説明をしています。

「森本先生のパッティング技術のパクリ記事ではありません」ので、ご安心ください。

 

特典2:「見返り美人ショット」体感法のさらなる秘密公開編!レポートプレゼント

 右打ちのゴルファーは、フォロースルーでよく左ひじを引いてしまいます。

その「左ひじ引け撲滅運動」として読者さんとのやり取りで編み出した

ゴルフエッグ渾身の体感法「見返り美人ショット!!」

 

しかし、この体感法には、左ひじ引け撲滅以外の秘密もあるのです\(^^)/

さあ、その秘密とは・・・???

 usagi

そっとあなたにだけ、教えます。

購入者特典の受け取り方や、商品購入方法は、こちらを参照ください。

(特典を確実に受けるためにも、必ずご確認ください。

kanban

ゴルフエッグからのメッセージ

さすがに「森本光洋【パット名人養成講座】を勉強すれば、「誰でも1ラウンド30パットを切る!」とは言えません。

しかし、パットに特化したゴルフ教材はなかなかありません。

その上、「上達しなかったら返金します」なんて教材は、これ以外にない!でしょう。



また、この「パット名人養成講座」には森本先生と直接電話相談できる特典もついています。

パットだけでなく、スイングについて質問をしても大丈夫です。

きっと、森本先生が「あなたに必要なゴルフ上達のヒントを伝授してくださる」ことでしょう。

森本先生は、たしかな指導者だということはゴルフエッグは「リズムシンクロ打法」で実感しています。

スイング上達なら「リズムシンクロ打法」が一押しですが・・・

もし、あなたが

  • 「1ラウンド 40パットもしちゃうのよー
  • 「もうパットはお手上げ~

というのなら、森本プロのアドバイスを受けて、パット上達にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
          ↓  ↓  ↓



    森本光洋【パット名人養成講座】 の詳細ページ

*クリックしても反応しない場合、ブラウザはIEを使い、ボタンの上で右クリック→「リンクを開く」とお試しください。


購入者特典の受け取り方や、商品購入方法は、こちらを参照ください。

(特典を確実に受けるためにも、必ずご確認ください。

kanban

 「自分にこの教材は本当に必要なのかな?」

「もう少し詳しく知りたいな」などのご相談・ご質問はこちらからどうぞ。

いつでも大歓迎です。

 

ゴルフエッグが教材の長所も短所もお構いなしにお答えします。

お互いすてきなゴルフライフを楽しみましょう\(^^)/

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ