ゴルフの壁①あなたは何切り?ゴルフ初心者は、まず100切り前の話

今よりスコアメイクを楽にする方法
「謎解きレポート」無料プレゼント!

GEメルマガレッスン
を読んで今すぐスコアをマイナス5しちゃいましょう

ゴルフにはいくつものがあります。

その壁を超えることを「○○切り」といいます。

 

 

 


「100の壁ってなあに?そんな壁、見えないよ~」

というあなたには、まずこの「ゴルフの壁①」レッスンをお贈りします^^

 

このゴルフ上達レッスンであなたは・・・

  • これからの「ゴルフ人生」で
  • 必ずぶつかる壁をも
  • 越えていける力を身につけることができます。

 

さあ、「100の壁切り前の包丁研ぎ「チョコン」レッスン」の始まりです^^

 

昨日ゴルフを始めたあなたへ

ゴルフを昨日今日、始められたあなたは・・・

 


ちなみに、ゴルフは、全部で18ホール回ります。

 

ですから、前半(9ホール)を「ハーフ」といいます。

上のお話は、ハーフのお話ですね。

 


ここでいう「100の壁切り」とは,

「18ホールでのスコアで100未満を出しましょう」というお話です^^

 

「わっわっわかってるよ~~  恥かしい(汗)」

 

しかし、あなたと同じ気持ちをほとんどのゴルファーは経験してきました。

だから、恥かしがることありません!まったく問題ありません!!

 

むしろ、あなたは一気にスコアアップを狙える位置にいるのです!!

さあ、がんばりましょう\(^^)/

 

「そっか。よかった。で、何すればいいのかな?」

 

スコアアップ練習法3つ

 

そんなあなたには、まずこの一言!

① 「とにかく前に進みましょう!」

 

あっちこっちいっても大丈夫!

 

カップの方向に近づけばいいんです。

グリーンの上にカップはあります。


とにかく、グリーン方向へ!   カップに近づきましょう!!

 

 


そして、次に、一気にスコア―アップを望むなら、もう一つ!

② 「ご自宅のじゅうたんの上で、パターの練習をしましょう。」

 

これで、10はスコアが縮まります。

どんな打ち方でも、いいですから必ず練習しましょう。

でも練習するときは、

  • ガラスのコップを置いて、
  • そのコップに2回打って当たるようにしましょう^^

 

「なんでガラスのコップなの?」

 

ガラスの理由は

  1. ガラスだから緊張感がある。
  2. ガラスだから、力いっぱい打たないので、家の中でも大丈夫。
  3. その上、大オーバーもなくなるだろう。
  4. 最後は、当たった時の音が「キーン」と心地よい。
  5. せっかくだから、気分良く

ですね。

 

さらに緊張感を高めるなら・・・

高級グラスをご用意ください。

 

 


ただしゴルフは自己責任のスポーツですので、あしからず^^

(自己責任については

「紳士のスポーツ!ラウンド中は「自己責任」精神鍛えてゴルフ上達」を参照ください)

 

ガラスでなくとも、もちろん結構です^^

ただし、これだけは守ってください!

 

目標物にボールを当てるまで

  • 打つのは2回ですよ。
  • 2回でコップに当ててくださいよ。

 

「1回じゃだめなの?」

もちろん、一回に越したことはありません。

 

でも、必ず2回以内で当てる練習です。

 

自宅での練習ですから、パットの距離は3mくらいでしょう。

それを、必ず2パットで納めるための練習ですから・・・

 

「私の家は、10mのパットもできるわよ。オホホホッホ」

 

素晴らしいお宅です^^ それでもパットは2回ですからね。

3回打ったら、ペナルティーとして腕立て10回ですよ^^

 

「はーい、がんばりまーーす^^」

「じゃあ最後の3つ目の練習は何かな?」

 

 


もっとスコアアップを狙って、

そして、さらなる高みを目指したいのなら・・・

ウエッジ(PやSまたは、P/Sと書いてあるクラブ)を

用意しましょう。

 

そのウエッジで・・・

 


③ 「チョコン」と打つアプローチの練習をしてみましょう!

これで、さらに10打、スコアが縮まりますよ^^

 

「はて? チョコンと打つアプローチの練習って?」

 

  • 自宅のじゅうたんの上で、
  • パターを振るのと同じでいいです。
  • クラブにボールが当たる感覚、
  • ほんの少しだけ、アプローチの感覚
  • 磨くだけでいいのですから・・・

 

「えーー家の中でクラブを振り回すの???」

 

はい、でも家の中で練習するのですから、

  • 本当に「チョコン」とですよ。
  • パターと同じですよ。

 

それで、良い練習ができるのです。大丈夫ですから…

というか、それ以上振らないでね^^

(ゴルフは自己責任・・・でお願いしますm(_ _)m)

 

「チョコン」とボールが飛び跳ねるくらいで、GOODです。

お金かからないし…絶対やりましょう\(^^)/

 

ちなみに、家の中でのアプローチ練習は、

チビッ子だった時のタイガーウッズもやっていたんですよ^^

 

タイガーウッズは、小さい時に家でこっそりアプローチの練習をしていました。

  • クッションの上などにボールを置いて、
  • ちょっと離れたところの毛布まで
  • 「チョコン」と打っていたらしいです。

 

しかし、タイガーウッズのことですから、

さらに難易度の高いアプローチ練習(ロブショットというやつ)なんかもやっていました。

それも、とっても緊張しながらしていたそうです。

 

「そりゃ、緊張するだろう。家の中でへんなところに飛んで行ったらあぶないもんな」

 

いえいえ、タイガーウッズはそんなことでは緊張しないのです。

 

緊張の理由は・・・・・お母さんです^^

 

内緒でやっているのです。

ちょっとでも変な物音を立てたら・・・・

 

「なにやってんのーーあんたは~(怒)」と、怒るそうです。

国が違っても同じですね。

 

「そりゃそうですよ~」(お母さん軍団のお言葉)

 

そのようなお母さんに耐えながら練習したからこそ、

「チェック派イメージ派どっち?ゴルフの素振りは2種類!ラウンド上達」

記事内にある、あのマスターズという大舞台で

スーパーアプローチができたのでしょう・・・ねえ、お母さん?

 

ちなみに、タイガーウッズのアプローチ動画は、先の記事に載せたので、

違う伝説のアプローチを紹介します。

 

ゴルフ史上、伝説のアプローチ

 

これは、1982年の全米オープンの

  • ゴルフの帝王ジャック二クラウス と、
  • 新帝王と呼ばれていたトムワトソン

の一騎打ちの試合映像です。

 

絶体絶命の深いラフからのトムワトソンのスーパーアプローチをご覧ください。

動画を見ただけだと大したことがなさそうですが、

この草むら(ラフ)から、あれだけ、

  • ボールの勢いを殺しながらの
  • 短いアプローチを成功させた
  • そして、カップインさせた

というのは「奇跡」と言う以外ありません。

 

「短い距離だと、なんでさすがなの?簡単そうなのに・・・」

 

短い距離ということは、クラブを強く振ってはいけないですよね。

だって、遠くにボールが飛んで行ってしまうから・・・

 

でも、クラブを強く振らなくては、草ぼうぼうのところから

ボールを脱出させることはできません。

 

  • 強く振ったら、遠くまで飛んでいくけど
  • 強く振らないと、草むらから出てこない。

この微妙な感覚って、とっても難しいことなのです。

 

対戦相手のジャックニクラウスは、

トムワトソンンのボールがカップインした瞬間に思わず、

「○○野郎」

と、トムワトソンの生い立ちに関係のある

汚い言葉を発してしまったとも言われています。

 

それほど、「難しいショットを決められてしまった。くやしいーー」ということなのです。

 


話を戻します。

 

100の壁、100切りなんてまだまだ考えられないあなたは、

120や130を叩くことでしょう。

 

そして、きっとみんなに「やいのやいの」言われることでしょう。

(もしくは、誰もあなたのスコアについて触れない・・・こっちの方がいやですけどね^^)

 

しかし、そう言っている仲間は、実はうらやましいのです。

 

だって、あなたは

  • 練習すればするだけ、
  • ラウンドすればするだけ、
  • スコアが簡単に縮まっていきます。

 

「そんなこといったって、なかなかうまくいかないんだよな~」

 

大丈夫、ちょっと想像してみてください。

 

  • 100mを10.01秒で走る人がいたとします。
  • きっと、その人はあと0.01秒(100分の1秒)縮めるために
  • 猛練習をすることでしょう・・・・

・・・・でも、なかなか縮まらない!!

 

しかし、ゴルフエッグは100m走るのに、20.01秒です。

  • ゴルフエッグは、ちょっと練習すれば
  • 0.01秒なんて縮まります。
  • 19秒台なんてすぐ・・・・

・・・・出るはずです(たぶん?)

 

お分かりですよね。

あなたが、自己ベストスコアを出すのは、

今は練習した分、すぐ結果を出しやすいのです\(^^)/

 

スコアがよくなればなるほど、スコアを縮めていくのは難しくなります^^;

 

 

まず、あなたは、なるべく早く、グリーン(カップ)に近づくことです。

スイングうんぬんの前に、ラウンド中は「近づく」ことだけを考えましょう。

 

スコアアップのカギは、カップの周りにあります。

つまり、パターやアプローチです。

(「パター記事」「アプローチ記事」参照)

 

うまくなくていいです。とにかくカップに「近づく」のです。

 

「少しでも近づいたら成功!」と楽な気持ちでいきましょう^^

 

きっと、あなたは将来、ゴルフが上達して、

うまくなったら、こう嘆くでしょう。

 

  • 「あのころは、上達がすごくよくわかったのにな~最近はなあ~~」と・・・

 

「やいのやいの」言う仲間はうらやましいのです。

 

ゴルフエッグは、自己ベスト更新なんて、もうできないでしょう。

あなたがうらやましいです^^;

 

「今に見ていろ僕だって、私だって」の精神でがんばっていきましょう^^

 

まとめ

  • とにかく前に進むことができればOKと考えよう。
  • 自宅のじゅうたんでパターの練習をしよう。
  • そこで、アプローチの練習も「チョコチョコ」打ちでいいからやろう。

です。

 

スイング練習は、ゴルフ練習場ですればいいんです。

自宅では、「パターとチョコチョコアプローチ」

 

これで、バッチリスコアが縮みますよ。お試しあれ・・・

 

「おーい、ゴルフエッグやーい。もうスコア縮まって110くらいになったぞ!次どうするんだ?」

 

えっ?早すぎ!!

もうスコア縮まっちゃいましたか?

 

記事書きが間に合いませんよ~

 

 


ならば、次は本当の壁切りですね。

 

次なるステージ 「100の壁切りレッスン」へ行きましょう^^

 

 




「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグの特別上達レッスンも無料受講!!

あなたも今より20ヤードグリーンに近づいてピンを狙ってみないか!
ゴルフエッグが260→280ydにアップした
「最もシンプルな飛距離アップ練習ブログラム」ドライバー飛距離アップ
「最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」安楽拓也ドラコンプロ

あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

“ゴルフの壁①あなたは何切り?ゴルフ初心者は、まず100切り前の話” への2件のフィードバック

  1. 小夜子 より:

    ゴルフエッグさん、私でもわかりやすいお話ありがとうございました。
    100切りどころか120もなかなか切れませーん(-_-;)
    これからも楽しみにブログ拝見させて頂きますねm(_ _)m

    • golfegg golfegg より:

      コメントありがとうございますm(_ _)m
      また、お褒めのお言葉をいただき、100%越えの、元気120%いただきました^^
      ありがとうございます。

      スコアアップはゴルフの中の楽しみの一つにすぎません。
      ゴルフの楽しみは他にもあります。(昼間のビールとか…m(_ _)m)

      いろいろな楽しみの中で、スコアアップもついでに目指していけばいいと思います。
      その一助にゴルフエッグのサイトがなれれば、この上ない、喜びです。
      これが私のゴルフの一つの楽しみと今はなっています^^

      ぜひ、これからも遊びに来てください。よろしくお願いします\(^^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ