スライス防止 突っ込み防止写真
カップイン
松山英樹プロがマスターズを制したパッティング術! 解説していた中嶋常幸プロも絶賛したパットの極意をパット上達レポートとして無料プレゼント中

メルマガでは自宅で出来るプロ仕様パット上達練習法も配信しています

打球がスライスするのは、一にも二にもインパクトでフェイスが開いているからです!

ではなぜフェイスが開くのでしょうか?

原因は様々ですが、まずは上体の突っ込みを直すことから始めてみましょう。

ビハインドザボール

「ビハインドザボールを保って打て」とは、ゴルフの基本の打ち方です。

ビハインドザボールとは、その言葉通り「ボールの後方に(頭を残して打て)」ということです。

「えーボールより前に頭が行くことなんてないよ」という人も多いかと思いますが、要するにビハインドザボールは

  • 「スエーをするな」
  • 「ダウンスイングで体が前に動くのを抑えろ」
  • 「トップオブスイングの時の頭の位置を保ったまま打て」

という意味です。

アマチュアには、これが結構難しいのです(;^ω^)

難しい理由の第一としては、「飛ばしたい、打ちたい」というあなたの欲です。

気がはやるために、つい体からボールを打ちに行ってしまう、のです。

俗にいう「上体が突っ込む」という現象ですね。

でも、そうなるのも無理もありません。

ダウンスイングではクラブを前に振っていきます。

「クラブを前に振る」のですから、「体も前に動いてしまう」のも無理もありません。

そこで「ビハインドザボール」という指導が必要になるのです。

ビハインドザボール実践方法

では、どうやればビハインドザボールができるのか?ですが、やり方は簡単です。

下写真のように

スライス防止 突っ込み防止写真ダウンスイングの時は右足親指前の地面を見ながら、スイングしてみましょう。

「えーボールを見ないでスイングするなんて怖ーい」とおっしゃるなら、顔の向きだけ赤丸の方を向いてスイングしてみてください。

ボールは流し目を使って、左目中心で見る という感じです。

こうすれば、必然的に頭の位置は前に出にくくなります。

ビハインドザボールの完成です(^o^)

ビハインドザボールの利点

ビハインドザボールはゴルフの基本の一つです。

ではどのような利点があるのか、いくつか書いてみます。

  • スイング軸が安定する
  • ミート率が上がる
  • インパクトでフェイス面がしっかり戻ってくる
  • 方向性が良くなる

などなど。

特にスライスで悩んでいる人は実践してみてください。

写真の赤丸のところをインパクトポイントとして振ってみると、特にスライスは治りやすいです。

それは、赤丸地点でフェイスが開いていても、実際のボールのところまでクラブが進む間にフェイス面が閉じられるからです。

赤丸地点にボールがあるつもりでスイングするのです。

ボールがないところがインパクト!と思って振るのは、はじめは恐怖心もあるでしょう、実際のボールに当たるか心配もあるでしょう。

でも大丈夫、練習場で試してみてください。

案ずるより産むが易し、でちゃんと当たるものです。

実際にこの方法で打ってみて、逆にフックボールが出るようになったら、赤丸の地点をもう少しボール側に修正すれば良いです。

あなたに合った赤丸位置を見つけてみてくださいね。

これに関連した記事も多数書いています。

ゴルフの軸は一秒で作る!一軸二軸、利き目左の目? 意識改革上達体感法

ビハインドザボールは1秒でできる。ゴルフの軸その2!上達練習方法

なども合わせて参考にしてみてください。



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク