あなたは、ゴルフの段取りがお上手ですか?
プリショットルーティンを確立して安定したゴルフをしていきましょうヾ(*´∀`*)ノ

「仕事がうまくいく人はゴルフもうまくいく」

あなたは、なんらかのお仕事をしていると思います。

少し考えてみてください。

「仕事がうまくいくときって、どんなときでしょう?」

運?タイミング?良い仲間?・・・

いろいろありますが、「前準備をしっかりしておく」と仕事がはかどり、スムーズに進みますよね。

ゴルフにも「前準備」があります。
ゴルフの場合は、プリショットルーティンと呼ばれますが、簡単にルーティンまたはルーティーンとも言われます。

さあ、今日から20秒できるゴルフ練習場での簡単で面倒くさい?ゴルフ上達練習法です。

この練習法は「ゴルフの精神安定剤」として販売?されています。

20秒で効くとてもよいお薬ですので、初心者ゴルファーさんもすぐに処方してあげます(o^―^o)ニコ

プリショットルーティンを練習場から取り入れよう

ゴルフ練習場で練習をされている方は、何のために練習をしているのでしょうか?

「なにバカな質問をしているんだ、ゴルフエッグは!」

「ゴルフコースでいいショットをしたいために決まっているだろ(怒)」

そっそっそうですよね^^;

お怒りになる前にもう少しお付き合いください。

あなたにもう一つお聞きします。

「本番のための練習をちゃんとしていますか?」

「ゴルフコースで打つときと同じようにしていますか?」

ゴルフエッグは断言します!

100人のうち、99人は「No」です。

ゴルフコースではバラバラなルーティンを行っていませんか

思い出してください。

ゴルフコースのティーグランド(第一打目を打つ平らなところ)でのあなたの動作を…

あなたは

1.ティー(ボールを乗せる棒)を地面に刺します。

2.ボールの後ろから、ターゲットライン(打ち出す方向)を確認します。

3.集中力を高めて、

4.ボールの横に立って、アドレス(打つ構え)をします。

5.自分のタイミングでスイングを始め、

6.打ち出されたボールを見て、一喜一憂します。

写真引用先:YouTube
タイガー・ウッズ、10番ホール ルーティン&ティショット後方から

いかがでしょうか。

多くの人はこの手順でゴルフボールを打つはずです。

2打目のアイアンショットでも、1のティーを刺すこと以外は同じハズ。

しかし、あなたは練習場では自動で出てくるゴルフボールをパカパカ打つだけです。

まるで、あなたまで自動で動いているロボットのように…

お分かりでしょうか。

あなたはゴルフコースの本番のための練習をしていない。

「練習場のための練習をしている」にすぎないのです。

本コースと同じルーティンを練習場でも行おう

本番を想定した練習とは、一打打つごとに

  1. ボールの後方に立って、
  2. ターゲットラインを見定めて
  3. ボールの横に立って打つ。
  4. 打ち終わった後、自己分析をして、
  5. 何が良かったのか、何がうまくいかなかったのか。
  6. それを修正するために、次の一打を打つ。
  7. もちろん、ボールの後方に立ってから…(後は繰り返し)

これが本番を想定した練習です。

このボールの打つ前の動きをプリショットルーティーン(プレショット・ルーティーン)

(Pre-shot routine 簡単にルーティーン)といいます。

初心者ゴルファーさんでも、ゴルフコースならこのプリショットルーティンをします。

なぜするかは、一緒に回っている人たちがしているので、なんとなく「するものだ」と思っている人が多いのではないでしょうか。

「なぜするのか」その理由をしっかり理解しましょう。

プリショットルーティンをする理由

「動から動」のスポーツは、動きの中で体が瞬時に反応しなくては間に合いません。

だから、考えている暇がないのです。

しかしゴルフは「静から動」に移るスポーツです。

そのため、「静の間」にいろいろと考えてしまいます。

  • 風はどうか、
  • フェースの向きはあってるか、
  • 誰か後ろで動いたぞ、
  • みんな静かにしてくれ、
  • 静かすぎて緊張するぞ、
  • うまく打てるかな~ ・・・

頭の中はもうパニック状態で平常心が保てません。

平常心を保つための動作。それがプリショットルーティン!!

  • いつもと同じ動きをして、
  • いつもと同じように打つ。
  • そうすれば、いつもと同じ打球が打てる。

そう、いつもと同じにするためにプリショットルーティンを取り入れるのです。

ゴルフは、一打一打状況が変わります。

  • 風が変わる、
  • ライ(ボールの置かれている場所)が変わる、
  • スコアーが気になる・・・

これまた挙げればきりがない!

その中で、いつもと同じ状況を打つ前に自らが作り出すのがプリショットルーティンです。

ゴルフは自分の心の不安との戦いでもあります。

そんな不安なときのゴルフ精神安定剤! それがブリショットルーティーンです。

プロゴルファーは必ずやります。

ボールを打とうと構えた時に、観客がざわめいて精神が乱れたときは、また初めからプリショットルーティーンを行います。

気にするプロは、クラブを一回バックに閉まってしまいます。

そして、クラブを取り出すところから始めたりもします。

それほど重要視しているのがこのプリショットルーティンなのです。

練習場で一打一打、プリショットルーティン行いながらゴルフボールを打っている人がいたら、その人は本物です。

たとえその人が、へなちょこなボールを打つ初心者さんであったとしても、「何をするべきか」「何のために練習をしているのか」を理解している本当にうまくなりたい、いいスコアで回りたいと思っている本物のゴルファーさんです。

練習場で100球、200球、いやそれ以上皆さんは打たれることでしょう。

すべてのショットでプリショットルーティンを取り入れるのは、確かに面倒くさくて大変です。

しかし、これこそ誰でもできる本番を想定した練習なのです。

本番を想定して、

「必ず自分はこの手順で打つまでの準備を、どんなショットでもするんだ」

「毎回同じテンポで準備をして、そのタイミングで迷わず打つんだ」

練習場でプリショットルーティンをしてからショットしましょう。

「分かっちゃいるけど、やっぱ面倒くさいな~」

それならせめて、ゴルフ練習場での最後の18球はプリショットルーティーンを取り入れて、本番さながらに緊張して打ちましょう。

18球としたのは・・・ゴルフコースを一度に回る(ラウンドする)時のホールの数です!!

course2いつもラウンドするゴルフコースの1番から18番を想定して一球一球本番のつもりで仕上げの練習をするのです。

たとえそのショットが悪いショットでもやり直しはしないで18球打ってみましょう。

いいショットができればうれしくなりますし、悪いショットなら落ち込んで「どうせ練習だし、もう一球打ち直ししちゃおう」と思ってはいけません!!

その経験が、ゴルフコースで必ず生きてきます。これこそ本当の練習なのです。

練習場からプリショットルーティンを入れたショット練習をすることで、あなたは、あなただけのタイミングを手に入れて、ゴルフコースに挑めます。

あなたは平常心を持って、ボールの前にアドレスすることが出来るようになります。

だって、本番のゴルフコースはいつもの練習場と同じなのですから・・・

そうすれば、ナイスショットの確率は上がります^^

「よーし、ならばじっくり時間をかけて俺だけのルーティーンをやってやろう」

ありがとうございます。でも

ルーティーンの時間は20秒くらいにおさめましょう。

長いと逆によけいなことを考えて悩んでしまいます。もっと緊張してしまいます(;^_^A

それに、大会ならばスロープレーでペナルティが課せられますよ。

それ以上に、同伴者がいやがりますからご注意を・・・

いつでもどこでも本番に沿った練習をしましょう。お試しあれ・・・

プレショットルーティンの裏話

metuti7丸山茂樹プロは、構えたらすぐ打つゴルファーでした。気持ちいいくらい早く。

プリショットルーティーンが長い人で、うまい人はいません。

ただし、ゴルフの帝王、ジャックニクラウスは例外でした・・・^^

(ジャック二クラウスについては

ゴルフ上達90の壁切り「タイガーの心」これで初心者脱して上級者!」参照^^)

「でも、どうしても、もじもじしてうまくプリショットルーティーンができないんだよな~」

そんなあなたは、もしかしたら、イップスの一歩手前では・・・?

とても危険です。すぐゴルフエッグイップス診療を受けてください!

イップスの悩み克服法2つ!宮里藍に学ぶ心。初心者も必見ゴルフ上達

イップスの悩み克服2!ゴルフメトロノームでリズム鍛えてゴルフ上達

の記事で受付をしていますよ。 待ってまーす\(^^)/



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク