チョッコンバックスピンアプローチ上達練習!ゴルフ初心者もやってね90の壁切り

ゴルフの90の壁 シリーズ

ゴルフの壁③・・・これであなたも上級者 90の壁を切る!タイガー編
ゴルフの壁③の2・・・プラスマイナスの世界を知って90の壁をぶった切り!

の続編! なんと③の3 まで来ちゃいました(;^_^A

チョッコンバックスピンアプローチ」へようこそ^^

今日こそ崩壊? 「ベルリンの壁より厚い90の壁」を切るぞ!!
そのための必須課題!

  • 良いアプローチができること  について記事書きます。

続編といいながら、今回の「ゴルフ上達アプローチレッスン」は、3つあります。

  • その1: ボールへ回転(スピン)をかける感覚を体感してみよう編
  • その2: ボールのどこを打つといいの?シビア編
  • その3: チョッコンアプローチの真実!これを知ったらやめられない編

今回は、その1をお贈りします^^

「なんか、また長くなりそうだな~」

しかし、あなたはこのゴルフ上達アプローチレッスンで

  • ボールとお友達になれる
  • ボールが愛おしくなる
  • ゴルフの楽しみがまた増える
  • フィーリングゴルフの世界を垣間見る

さあ、始めましょう!

「ボールにスピンをかけてアプローチしよう。感覚編」です!

ちなみに、上のYoutube動画はタイガーウッズです。

すごいですね。かっこいいですね。

でも、これと同じことをやろう!というのではなく
ゴルフボールをコントロールする楽しさが伝わればいいな」
というだけで、動画を載せてみました。

あしからずm(_ _)m

アプローチ

アプローチとは「対象物に接近すること」

ゴルフで言えば、グリーン上のホール(ピン)にむかって、寄せていくことですね。

だから、アプローチのことを「よせ」ともいいます^^

アプローチにも大きく分けると2種類あります。

「そりゃー、ポーンと上がってピタッと止まるアプローチだよね~」

そうですよね。

確かに、ポーンと上にがるのはかっこいいですよね。

いかにもゴルフって感じで・・・

近い距離で思いっきり、上にあげるアプローチショットをロブショットといいます。

実はゴルフエッグは、結構得意です^^

「なんだジマンかよ~」

いえいえ、ロブショットは遊びでやるだけです^^

実際のラウンドでは、ほとんどロブショットを打つことはありません。

だって、ミスする確率が格段に上がりますから・・・

「どうしても、ロブでなければダメだ!」 っというときだけ、一か八かで行います。

「じゃあ、青木功プロが言うようにやっぱりゴルフはゴロフとかいって、転がすの?」

はい、そうです。

「なーんだ、つまんねーの」

でも、ただ転がすアプローチではありませんよ。

バックスピンの回転をかける転がしアプローチをします。

「えーそんなの90切り前のおいらができるの? よけいめんどくさそうだな~」

大丈夫です。昨日始めたゴルフ初心者さんでもできます。

あなたなら、必ずできます!  ついてきてください。

誰でもできる。簡単アプローチです^^

チョッコンバックスピーンアプローチ 感覚編

バックスピンというと、下の動画のようなこんな感じでしょうか。

「ゲームかよ~ でも、ゲームならおいらは得意さ! 」

そうですか。でも、これからあなたにお伝えするのは・・・

グリーン周りの、せいぜい30ヤードくらいまでのアプローチです。

だから、ゲームのように「キュキュキュキューーーッ」と戻るようなバックスピンではありませんので、期待しすぎないでね^^

だらだらとどこまでも転がってしまうようなアプローチではなく、ピンそばまで行って止まる少しだけバックスピンのきいたアプローチです。

まずは、どのような感じでボールにスピンをかけるのか!

その感覚を体感してみましょう^^

手だけでやってみよう

右打ちの場合として説明します。

  1. 右手首を折った状態(90度に手の甲側に曲げる)でやる。
  2. ゴルフボールを床に置き、右手で真上から叩いてみる。
  3. 次はゴルフボールの右半分を同じように叩いみる。
  4. 最後は斜め右上から、ボール右半分を同じように叩いてみる。

下の動画のようにやってみてください。

「おっ! 3・4のボールの右半分を叩くと、少しだけどバックスピンがかかっているぞ」

はい、あなたもスピンをかけることができました\(^^)/

それもバックスピンを・・・・・

「おいおい、これで終わりじゃないだろうな~」

えへへ、もちろんです。

ここでもう一回おさらいしておきましょう^^

  1. 手首を曲げる
  2. ボールの右半分を叩く
  3. ボールを叩いたあと、そのまま、地面も叩くことになる

です。

  • ボールだけをすくいあげるわけではありません。
  • そして、地面を先に叩くのでもありません。
  • 上からボール右半分をたたくだけ

です。

ここまで、よろしいでしょうか。

では、次は 「クラブでボールにスピンをかけてみよう」へ進みましょう。

ゴルフクラブでスピンをかける

今度はクラブを持ってください。

短いクラブがいいです。 サンドウエッジがいいかな。

ゴルフクラブで、先ほどの手でやったのと同じことをしてみましょう。

映像でお見せしますね。

「なんか、最後の斜め打ちは、すべてただのトップボールのように見えるぞ!」

(トップボールについては
「ダフリとトップの真実!ゴルフ練習場で1分間だけ練習する上達法」を参照)

そうですね。すみません。

でも、「どのようにクラブがボールに当たるのか!」は体感していただけますか?

それを分かってもらおうと、あまりにも近い距離での撮影でしたね。

打ってもすべてトップボールのように見えてしましたが、カメラを離してみるとそんなことはないんですよ。

(次は、もうすこし実際のボールのころがりが分かる映像にします^^;)

この映像でわかってほしいのは

  • 「アプローチでも、クラブはボールを直接叩く(打つ)!」

ということです。それが伝われば、まずは成功!

と、いうことにさせてくださいm(_ _)m

 

それと、あと一つ分かってもらいたいのは

  • ボールを叩いているとき、手首を折れた状態を保つために
  • 少しクラブのフェースを立てなくてはならない

のにも気づいてほしいです^^

つまり、手元(グリップ)をボールの位置より前の方(ターゲット方向、映像では上)にしています。

いわゆる「ハンドファースト」の状態ですね。

* ハンドファースト:

ゴルフボールの位置よりも、手(グリップ)の位置が前(ターゲット方向)に出ていること。

「なるほど、ハンドファーストにすると、さっき手でやったように右手首は折れた状態になっているな~」

気付いていただけましたか? よかった^^

このように、右手首は折った状態でボールを叩きましょう。

手順としては

  1. ハンドファーストにして
  2. 右手首をしっかり折った状態で
  3. ボールの右斜め上から
  4. ボールの右側を叩く
  5. 地面にクラブが当たるのは、ボールを打った後です。

「あれー、クラブでやってみたけどさー。さっきの手の時みたいにバックスピンがかかった感じがしないぞ」

「やっぱり、ただのトップボールに感じるな~」

クラブは金属です。ゴルフボールは固いです。

摩擦係数があまりないために、どうしても手の時ほどの回転はかかりません。

でも、それでいいです。

体感してもらいたいのは下の写真のような感じで

  • 手首を折れば折るほど、
  • ハンドファーストにすればするほど、
  • 失敗せずに(トップボールにならずに)、
  • ボールに回転(スピン)をかけられる

ことが、分かってもらえるとうれしいです^^

 

ハンドファーストの具合を変えて、何度か、斜め右上から「カシャン、ダン。カシャン、ダン。」とボールをクラブで叩いてみてください。

* カシャンがボールに当たった音、 ダンが地面(床)をクラブが叩いた音 です

そして、打った後は・・・・

  • ボールは前に動いていく  しかし・・・
  • クラブは、地面を叩いたまま
  • 右手首は折ったまま

ですよ。

間違っても、手首の角度を打った後に、変えないように(伸ばさないように)しましょう。

クラブで打つときも、手でやったのと同じように

  • 右手首でゴルフボールを押し込む感じ(つぶす感じ)

です!

 

そして、ボールを打った後のクラブの動き(フォロースルー)も手でボールを叩いた時と同じです。

クラブでボールを叩いたら、そのまま地面を叩いたままにしておいてください。

つまり、フォロースルーはとらくてよいのです。

「でも、地面(床)にクラブが跳ね返されて、クラブが勝手に上がってきたり、するよ。」

そうです。それでいいのです。

要するに・・・

  • 自分でクラブを持ち上げるのではなく、
  • 手首の角度をキープしたままで、
  • 地面に跳ね返されて
  • しょうがなく上がる

それでいいのです^^

打ったらそれでおしまい。

上からカシャンとボールの右半分にクラブをぶつけて終わりです。

  • ボールを右手首で抑え込んだらそれでおしまい!

「えーこんなのでバックスピンがかかったアプローチになるの?」

スイングスピードの遅いアプローチショットですから、強烈なバックスピーンはどうやってもかかりません。

でも、バックスピンのかかったアプローチが打てた時は

  • 右手首がしっかり折られたままになっている
  • ハンドファーストが保たれている。
  • カシャンとボールを打っただけ、
  • 短い距離でもしっかりと打ちこんでいる

極端にハンドファーストの状態にして、もっとアップで映像を撮ってみますね。

ここで、見てほしいのは

  1. ハンドファーストにして、クラブフェースを立てている。
  2. 「カシャン」とクラブが直にボールにあたる音がする。
  3. ボールが進んでいくときに、バックスピンが効いているので「キュルルル(シュルルル)」とジュウタンと摩擦音がしている。

3は、ボリュームを上げて聞いていただけると分かると思いますが、いかがでしょうか。

何度か聞いて確かめてみてくださいm(_ _)m

そして、もう一つ重要なことがあります。

「ボールのどこにクラブが当たればいいのか!」ということを知らないと、うまくバックスピン回転がつきません!

「えーー? ボールの右側でいいんでしょ?」

「なんだ?なんだ~?  ウソ教えていたのか~ゴルフエッグは~」

はい、厳密にいうと、うそになるかもしれませんね m(__)m

ここはちょっと難しいところです。

だって、上級者になるための90の壁切りステップですからね^^

やっぱ、簡単簡単っていったって、面倒なこともあります(;^_^A

「はいはい、分かったから早く説明して・・・」

ちょっと、シビアな話なので、ここで大きな声で話すことができません。

奥の部屋にお越しください・・・

ゴルフ上達アプローチレッスン ③の3のその2

「ボールのどこを打つといいの?シビア編」のお部屋へ・・(o^―^o)ニコ m(_ _)m



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク