ゴルフのインパクトの瞬間
カップイン
松山英樹プロがマスターズを制したパッティング術! 解説していた中嶋常幸プロも絶賛したパットの極意をパット上達レポートとして無料プレゼント中

メルマガでは自宅で出来るプロ仕様パット上達練習法も配信しています

ゴルフショットで、打球の球筋が安定しないゴルファーに贈る練習方法!!

ゴルフのショットで最も大切なのはインパクトの瞬間です。

ならば、そのインパクトを安定させなくてはいけません。

インパクトが安定すれば、打球はターゲットに向かって飛んでいきます。

スイング軌道がばらばらでもインパクトが決まっていれば、打球は安定します。

そのための練習方法を紹介します。

出玉の軌跡を見よ

ゴルフ松山英樹インパクトこれは、インパクト直後の写真です。小さくてわかりにくいですが、打ち出されたボールも写っていますね。

ここであなたに質問です。

あなたは、自分がショットした時に、このように自分の出玉を目で確認することができていますか?

多くのアマチュアゴルファーは、インパクトまではボールを見ています。そして認識しているでしょう。

でも、インパクトの瞬間、クラブとボールが当たった瞬間は覚えていないことが多いです。

「いや、ちゃんと覚えているよ。当たった瞬間がわかるよ」という人がいると思いますが、果たしてそうでしょうか。

クラブがボールに当たった瞬間の感触は、もちろん手に残っているでしょう。

でも、打った後は、打球の行き先が気になるために、ヘッドアップするゴルファーが多いです。

また、ヘッドアップしていなくても、打たれたボールの飛び出した瞬間を覚えている人は少ないでしょう。

そのため「あれ?俺の球はどこに飛んで行った?」などと同伴者に聞いている人は良く見かけます。

インパクトの瞬間をしっかりと目に焼き付けるために
この赤い矢印のところに視線・意識を持っていくようにしましょう。

そして、出玉の一瞬、この赤い線のところをボールが飛んでいくのを認識できるようにしましょう

セットされていたボールを見ている、というよりも、飛び出したボールの軌跡をほんの10cmでいいので確認できるようにしましょう

この10㎝があなたの記憶の中で、しっかりと認識できれば、あなたの球筋は格段に安定します。

この飛び出した方向がすなわち打球の方向です。

これがターゲット方向に飛んで行っていないと認識できれば、あなたは自分でスイングを修正できます。

インパクトまでよりも、インパクト後にボールがまっすぐ打ち出せるように、あなたは自然とスイング軌道を修正できるようになります。

キーポイントは「飛び出した瞬間のボールを覚えていられるか」です。

ぜひ、お試しあれ。

追伸

この方法を可能にするためにも「ヘッドアップ」は厳禁ですね。

そのための方法は、
ゴルフのスエーを防ぐ「左の壁」の作り方でゴルフ上達レッスン
こちらの記事にも書いています。合わせて参考にしてみてください。



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク