ドライバー飛距離アップは、ゴルファーの永遠の夢!

誰だって、もっともっと遠くに飛ばしたい・・・

「ボール踏んで飛距離アップ!アスリート向け練習場用ゴルフ上達法」の第二弾!

「右足やったら左もね!」編です。

もし、「右足編」を読まれていない方は、まずこちらを読まれてからお願いします。

さあ、「ゴルフ上達体感レッスン、練習場でできる簡単ドライバー飛距離アップ練習法2」を始めます。

ゴルフボールを左足で踏む

右打ちゴルファーとして説明していきます。

写真は、下が打ち出す方向です。

もちろん、打つのはマットの上のゴルフボールです。

左足の下にボールがあるのがお分かりでしょうか。

右足編のときと同様に、左足小指側の足の裏で踏んでください。

左足の裏が斜めになればOKです。

さあ、これでゴルフの構え(アドレス)をして、素振りをしてみましょう!

どうですか?

今回は左足小指裏でボールを踏んでいますので、右足編で辛かった

  • バックスイング(上にクラブを振り上げる動作)や
  • トップオブスイング(クラブをもっとも高い位置に持ってくること)

は特段問題はないと思います。

しかし、

  • ボールを打つインパクト前後
  • フォロースルー(打ち終わった後のクラブを持ち上げる動き)が

いつものようにできますか?

「あれ?ボールを打とうとする瞬間(インパクト)は、左足が始めの構えと同じ感じになっているぞ

と思ったあなたは完璧です^^

「インパクトはアドレスの再現」と、ゴルフではよくいいます。

始めの構えのとき(アドレス時)と、インパクト時の左足の形が同じであることが理想です。

しかし、実際のゴルフスイングは超高速!

そのため、完璧なアドレスの再現はできません。

でも、その形を維持しようと左足を踏ん張ることは必要です。

もし、今回の体感レッスンで「いつもと違う!」と感じるあなたは、

普段左足で踏ん張ってゴルフボールを打っていないことになります。

つまり、アドレスの再現が不十分です。

  • バックスイング(後ろに振り上げて)で、右足に溜めたパワーを
  • ゴルフボールに伝えるためには、ボールを打つ瞬間に
  • 左足(左半身)でしっかりとパワーを受け止めてあげないといけません。

よくゴルフでは「左の壁を作る」といいます。

「えっ?壁を作ったらスイングが止まっちゃうんじゃないの?」と思われるあなたは、ナイスです^^

普通そう思いますよね。

でも、「壁を作る」=「左足(体)の動きは止まる感じ」でいいんです。

壁のできない人は、インパクト時に左足の親指裏がめくれ上がります。

それを防ぐのが、左足小指裏で踏んでいるボールなのです。

左足親指側のめくれを止めることによって、あなたは手に入れることができます。

  • 今よりも20ヤード遠くに飛ばす飛距離と
  • 安定したミート率
  • 良好な方向性
  • そして、かっこいいゴルフのインパクト   を・・・

「えー?なんで?なんで止まるといいの?」

「そんなのプロゴルファーのスイング見ても違うと思うんだけど?」

「ほら、あのタイガーウッズだって、ゴルフエッグのいうのと正反対で、左足裏が反対にめくれあがっているぞ」

 

えっ!そうでしたっけ?

この写真やば・・・っ

でっでも、ご安心ください。

ゴルフエッグはその謎にお応えします。

 

しかし、まだまだ長くなりそうなので、とりあえず一時退却します。

次の記事にご期待ください。

 

また、「左の壁の謎」解明だけでなく、

この「左足裏ボール踏み練習」のこわーい未来もお伝えします。

突っ込みどころ満載のゴルフエッグのゴルフ「左の壁の謎説き編」ボール踏んで飛距離アップPart3をまたよろしくお願いします m(_ _)m



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク