ずりずりアプローチでゴルフの感覚アップ!ゴルフ上達打感マスター編

今よりスコアメイクを楽にする方法
「謎解きレポート」無料プレゼント!

GEメルマガレッスン
を読んで今すぐスコアをマイナス5しちゃいましょう

100の壁、100切り でもその前に

 

90の壁切りシリーズ チョッコンアプローチ Q&A

 

 

 

ゴルフ上達アプローチ シビア編

チョッコンアプローチのこんないいこと満載編  で質問コメントをいただきました。

ありがとうございますm(_ _)m

 

質問は3つ \(^^)/

  1. 「クラブがボールのどこを捕えているのかわからないです。感覚が分からない。
  2. 早く振るとうまくいかない
  3. 「ボールに当たるところはフェイス面のどこ?

です。

 

あなたは、このQ&Aで

  • 「打感」というものを感じることができる
  • さらなるゴルフの奥深さを知る

 

では、感覚の世界へご案内~体感レッスンの始まりです^^

いつも通り、会話形式で答えていこうと思います^^

(*コメントに書かれた質問は脚色を入れながら、緑色字で搭載します^^)

 

 

質問1 アプローチの感覚が分からない

 

「ゴルフエッグさん こんばんは」

 

コメントありがとうございますm(_ _)m

 

「アプローチのシビア編を読み、ゴルフ練習場で試してみました。

理論はすごく良くわかったのですが、全然できませんでした・・・(×_×)」

 

そうですか。すみませんm(_ _)m

ゴルフエッグの説明不足ですね。

 

感覚の世界ですので、言葉にするのって難しいと痛感しています Σ( ̄□ ̄;)

 

「クラブがボールのどこを捕えているのかわからないです。

感覚が乏しいのかな(泣)」

 

そんなことはないです^^; 「知の呪縛」と言う言葉を知っていますか?

 

「いったんそれを知ってしまったら、それを知らない状態がどんなものだったのか、忘れてしまう」というものです。

 

つまり、ゴルフエッグは「分かった!これか!」という瞬間を体験しました。

そうすると、その感覚を知らなかった昔の自分には戻れなくなる、というものです。

 

たとえば、自分が知ってしまったことを、人に伝えようとしても伝わらない場合は

「なんでこんなのが分からないんだ~~」となるのです。

 

分からない、まだ経験していない昔のゴルフエッグとあなたは、同じだけです^^

 

「だって、分からないんだも――ン」と怒るのも無理はないのです^^;

 

これが人に教えるときの難しさなのですね^^

 

職業柄、注意はしていますが、

今回のチョッコンアプローチでは、読者のあなたに甘えていました。

 

「やってみれば分かるからやってね・・・」的な説明だったと思って反省していますm(_ _)m

 

「まあ、いいからいいから、じゃあどうやってその感覚をつかむの?」

 

お許しいただけてありがとうございますm(_ _)m

では、

「クラブがボールのどこを捕えているのかわからない」を分かる!にする体感レッスンです^^

 

略して「ずりずりアプローチをやってみよう!!」です。

 

「なあに? なんか汚そうな題ね~ それ大丈夫?」

 

はい、ご安心ください。

  • 汚くはありません!
  • 誰でもできます。これ本当です。
  • 失敗もしますが、必ずできます。

 

だって、「床をずりずりするだけ」ですもん^^

 

「だからそれがきたないんですって・・・ 」

 

ずりずりアプローチ^^

 

百聞は一見にしかずレッスン!!

動画でお贈りしますね。

クラブはサンドウェッジです。

動画内の素振りのように、カーペットの上をずりずりしてみてください。

 

あとは、普通に構えてボールを打ちましょう\(^^)/

 

「打ちましょう」というよりは、クラブをほうきに見立てて、払いのける感じでしょうか。

 

動画ではゴルフボールを

  1. 右に置いた場合(ハンドファースト状態)  と
  2. 左に置いた場合(高く上げたい時)

の二回、アプローチを行っています^^

 

ずりずりクラブをするだけですが、注意点が3点あります。

 

クラブをずりずりしているときは、

  1. 極力床からクラブを離さない
    (とくに打ち終わったフォロースルーの時に、両手も一緒に前に出すようにしましょう)
  2. クラブを動かす時は加速をさせながらボールを打つこと

 

この注意点を守らないと、こんな感じになります^^;

こんな風に

  1. 床から離すとリーディングエッジがボールに噛みつき、トップボールになる
  2. 加速させないとフェイスにゴルフボールが乗らないかったり、二度打ちになる

 

ちゃんとクラブをずりずりすれば、ゴルフボールがフェイスの上に乗ります。

いい感じでボールも飛んでいきます。

 

その感触をまずは体感ください\(^^)/

そして、これで感覚が分かってきたら・・・

 

バックスイングだけ、すこし床から離してボールを打ってみましょう。

ただし、フォロースルーは床をずりずりです。

 

「そんな芸当できるのですか?」

 

では、やってみますね^^

一応できたと思いますが、いかがでしょうか。

 

3発目の最後は、

  • ボールを打った後に、
  • クラブが床に跳ね返されるように

打ちました。

 

つまり、「普通のアプローチのように打った」ということです。

 

「フォロースルーで、クラブが床から離れていますもんね~」

 

はい^^ でも、体感してほしいのは・・・

  • 「上から下へクラブは動いている」
  • それでも、ゴルフボールは上に飛び上がっていく

ことです。

 

少なくとも、

「下から上へクラブが動いているのではない」というところはお分かりください^^

 

いかがでしょうか。

実際にやってみると、ずりずりするのは、普通に打つより難しいかもしれません。

 

リーディングエッジがボールに直接向かっていくので、トップボールになりやすいです。

でも、ダフることはありません。

(リーディングエッジについては

「ダフリとトップの真実!ゴルフ練習場で1分間だけ練習する上達法」を参照ください)

 

今回のレッスンで

  • 上から下へ
  • ガツンとボールを
  • 直に打った時の手の感触
  • クラブがゴルフボールにきれいにあたった時の打感

を体感いただきたいです。

 

 

ポイントは、

  • ボールを打った後(フォロースルー)の右手首の角度

です。

 

クラブのフェース面を変えないようにするためには、

やっぱり、

「右手首をこんな形をキープしなくてはいけない」

のを合わせて体感いただければ、ミスなく練習できると思います。


(手首については「ゴルフでライン出し!後編。尾崎将司の手首/リストを真似る?」も参照ください)

 

手首をゴルフボールを打つ瞬間に、カクンっと折ると、こんな感じにクラブが動くことになります^^

  • 一球目は、よい打ち方(当たり方)
  • 二球目は、手首の角度を変えた悪い打ち方(当たり方)

この2球目のようになっては、クラブフェイスにうまくゴルフボールが乗りません。

ご注意ください^^/

 

「そうですか。じゃあ、またがんばってみますね。家でできるし、お金もかからないし・・・」

 

ありがとうございます。

また、感想をコメントいただけたらありがたいです。

 

では、次回はその2の「早く振るとうまくいかない」の回答に移ります^^/

 

 




「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグの特別上達レッスンも無料受講!!

あなたも今より20ヤードグリーンに近づいてピンを狙ってみないか!
谷原秀人を優勝に導いた安楽拓也の
「最もシンプルな飛距離アップ練習ブログラム」ドライバー飛距離アップ
「最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」安楽拓也ドラコンプロ

あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ