アドレス簡単手順6つで上達!自宅で練習|ゴルフの構え体感編


自宅の壁を利用してすぐにできる「アドレス簡単手順6つで上達!自宅で練習|ゴルフの構え理由編 の体感レッスン編です。

あなたは、このレッスンで

  • バランスのよい構え(アドレス)を作ること・確認することができる。
  • それに伴い、スーパーショットを生むことができる。
  • もちろん、スコア(成績)だって良くなる。


さあ、ゴルフ簡単上達体感レッスンのスタートです。

ゴルフの構え・アドレスの作り方、指導例

ゴルフの構え・アドレスの作り方は、

  • 「その場でジャンプをして、着地した時の体勢をゴルフのアドレスとしよう」とか
  • 「出っ尻のかっこうでOK」

など、さまざまな指導法があります。

 

もちろん、ゴルフエッグもやりました^^

そして、どれも間違いではありませーーん。

 


でも、「ジャンプする」ということは、「動く」ということです。

ですから、人によっては、そのジャンプ自体でバランスを崩したり、動きが違ったりします。

そうなると、「体勢の取り方も、みな同じにはならないのでは?」と思っています。

また、「でっ尻」もしかり…

ならば、どうやってアドレスの作り方をお伝えしようか?と考えてみました。

 

「そうだ!目標物を設定しよう」

そのアドレスつくりの方法が「自宅の壁を利用する」です。

 

自宅の壁を利用

窓がないお宅はあるかもしれません(それはそれで怖いです^^;)が、壁がないお宅はないでしょう。

 

さあ、「アドレスつくりの簡単手順」は①~⑥の6つです。


 


その①

壁に背筋を伸ばして、ぴったりと背中をつけて立ちましょう。

足の広げ幅は、ゴルフのショットのときの足幅でいいですよ。

 



その②

その背筋を伸ばしたまま、

壁から10cm離れてください。

ゴルフエッグは、身長約170cmです。

それで、10cmでちょうどよかったです。

 

長身の方は、もう少し遠くへ離れるようにしてください。

この辺はどうしても個人差が出ます。

 

でも、離れる距離は7~15cmくらいですね。

 

そして、この壁が目標物です。

さあ、離れたところで、ここから…



その③

背筋を伸ばしたまま、お尻を壁につけましょう。

「なになに~???どうするんだ!」

簡単です。体をくの字にして「プリッ」とお尻を突出すだけです。

 

ただし、その際、

  • 足の膝(ひざ)は曲げないでね。
  • 背筋も伸ばしたままですよ^^

 

「尻相撲」で相手をお尻で突き飛ばす感じとでも言えばいいでしょうか?

 

もちろん、体重は・・・

かかと寄りですよね。それでいいです。



その④

腰を折り曲げた角度を変えないように、

「ひざカックン」をしましょう。

 

「なんだ???カックンって?」

あなたは学生時代にしませんでしたか?

 

ボケーと立っている友達の背後から、自分の膝(ひざ)を、友達の膝裏にぶつけて、友達を「カックン」とずっこけさせることを・・・

 

あれですよ、あれ!

 

あの感じで「自分の膝(ひざ)をカックンと折ってください」

膝を伸ばしいるのがいやだから、「少し折る」だけでOKです。

 

そのとき、かかと体重に変化が出ますよね。

ぜひ、「1分でできるゴルフ上達法。足の裏をつねってみよう?!」を参考にあなたの重心はどこか?を確認してください。

 

さあ、最後のツメです。



その⑤

両手をダランと下げましょう。

 

当然、前かがみの姿勢にあなたはなっています。

でも、足の裏の重心位置はバッチリなはず!

 

あとは、両腕を重力に任せてたれ下げてみてください。

肩からまっすぐ下にさがりますよね。



その⑥

最後は、両方の手のひらを合わせて・・・

はい、ゴルフの構え・アドレスの完成です。

アドレスの解説

③の「お尻を壁につける」は、いわゆる「出っ尻」のかっこうです。

 

お尻を突き出せと言われたとき、「目標物(壁)があるといいかな?」と思いました。

そして、できた前かがみの角度を、ゴルフでは「前傾角度」といい、重要なポイントです。

この前傾角度は、ゴルフのスイング中、変えてはいけないのです。

 

この角度を中心軸にして、ゴルフは円運動をするのです。

  • 上半身が円運動をして、
  • 握っているゴルフクラブも円運動をする。
  • そして、ボールが打たれる

わけです。

(スイング軌道については「ゴルフの球筋は9種類!あなたはどのタイプ?|ゴルフ自己分析」を参照ください。)

 

円運動というから、ゴルフの動きは回転運動と勘違いしやすいです。

 

上半身は回転運動なのですが、腰は回転運動させないでくださいね。

腰は「捻転させる」です。

 

捻転については「椅子に座ってゴルフが上達?|ゴルフは股関節2」など多くの記事を書いています。よろしくお願いします。


④の「ひざカックン」では、あなたの重心の位置が変化するのを感じてください。


そして、バランスの良い位置に重心を微調整してください。

「バランスの良い位置」とは、「アドレス簡単手順6つで上達!自宅で練習|ゴルフの構え理由編」に書いた「安定した構え」です。

つまり「どの方向にも動けそうな位置に体重を移す」ということです。

「ひざカックン」だけでは、バランスの良い位置に重心は動きません。

あなた自身で

  • 前後左右に少しだけ体を揺らすように動かして、
  • 「あなたのベスト位置」を見つけましょう。

 

「ベスト位置って、どうやってわかるの?」

それは、「どの方向にも動けるぞ」と思える位置です。

 

かかと体重だと、前に動くためには一度、体勢を立て直してから(重心を動かしてから)でないと、前に動けないと思います。

そのようなことのない「その場から左右前後に動ける位置」です。

ちなみに、少しヒザも折っているのですから、上下にも動けないと困りますよ。


⑤の「重力に腕をまかせる」では、ゴルフクラブを構えたときの「あなたのグリップの位置」の確認ができます。

 

そして⑥がそのグリップ位置です。

 

どうですか?

結構、「体に近いな」と思う方が多いのではないでしょうか。

 

アマチュアの方は、手を体から離して構える人が多いように感じます。

あなたはいかがですか?

 

もし「もっと体から離したいな」と思うなら、③の前傾角度をもう少し多く(前に体をたおす)すればいいのです。

 

つまりは、②の壁からもっと離れるということになります。

 

また逆に「離れすぎ」と感じる場合は、前傾角度を立てればいい(体をおこせばいい)わけです。

 

「なんだ、結局自分の好きに壁から離れればいいんじゃん!」

 

でも、どうでしょうか?

あなたの好きなその位置で「バランスよく」立っていられますか?

 

アドレスに不安がある方は、まずは始めに作った前傾角度で、腕をたらしてみましょう。

それが、あなたの「ベストのグリップの位置」になるはずです。

 

ゴルファーが、ゴルフスイングをすると、どうしても、このグリップ位置は「浮き上がりやすくなる」のです。

 

「浮き上がる」とは・・・

「ボールを打つ時の手の位置が、アドレスの時の位置より上になる」ということです。

 

「なんで、グリップが浮き上がるの?」


それは、スイングしているときに、③の前傾角度が立ってくるからです。

つまり、「体がおきあがる」のです。

この前傾角度を保ちながら、スイングするのは結構しんどいです。


前傾角度は、中心軸という話を先にしましたが、

  • この中心軸が狂えば、当然・・・
  • 上半身の円運動も狂う、
  • 結果、クラブにボールが正確に当らない

となるわけです。

 

「前傾角度を保ちながらスイングするには、じゃあどうすればいいんだ!!」

それは、「力任せにスイングしない」ことではないでしょうか。

その練習法としては、「超簡単で超高難度?ドライバーの飛ぶ距離を上げるゴルフ上達練習」の記事を参考にしてみてください。

まとめ

ゴルフの構え・アドレスの作り方

壁を背にして・・・

  1. 壁に背中をぴったりつける
  2. 10cm程度離れる(身長による)
  3. お尻を壁につける
  4. ひざカックン(足裏感覚を鋭敏にして、重心位置を確認)
  5. 腕を重力に任せてさげる
  6. そのまま、両手を握る

です。

いかがでしょうか。


あなたも、タイガーウッズのようなアドレスができれば、スーパーショットも間違いなし!!
もし、あなたが「アドレスが狂っているかな?」と感じたら、壁を使って、確認していただけたらうれしいです。


また、ゴルフエッグは「リズムシンクロ打法」というゴルフ教材でも、アドレスが狂わないように時たま見直しながら、勉強しています。

どんなにゴルフ上達しても基本は大切ですからね^^(「リズムシンクロ打法 実践感想文」を参照ください。)

 

アドレスの見直しだけで、一気に悩み解決!ということはよくあります。

ぜひ、あなたも一度確認していましょう\(^^)/


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら


2 Responses to “アドレス簡単手順6つで上達!自宅で練習|ゴルフの構え体感編”

  1. ミドル より:

    前傾の角度は、どのクラブでも同じで良いのでしょうか?

    • golfegg より:

      ミドルさん

      こんにちは、ゴルフエッグです。
      お返事が遅れて申し訳ございませんm(_ _)m

      ご質問についてですが、
      短いクラブほど前傾角度は深く(前かがみになる)
      長いクラブほど前傾角度は浅い(体が起き上がる)
      と思っていいです。
      クラブのライ角も番手によって違いますからね。

      参考になれば幸いです^^

コメントを残す

サブコンテンツ

偉人がゴルフをしていたら?

このページの先頭へ