ゴルフ上達目指すなら腰じゃない!「体のライ角」でかっこよく決めよう\(^^)/

今よりスコアメイクを楽にする方法
「謎解きレポート」無料プレゼント!

GEメルマガレッスン
を読んで今すぐスコアをマイナス5しちゃいましょう

「今度はどのクラブにしよっかな?」とお楽しみ中のあなた。
クラブ選び

「自分にあったライ角のクラブにしなくっちゃな~」と悩んでいることでしょう。

でもちょっと待った!!

クラブのライ角を気にするなら「体のライ角」にも気をつけよう\(^^)/

「えっ?体のライ角ってなあに???」
ハテナ

あなたは「体のライ角」をきちんと作ることで・・・

  • 安定したアドレスを手に入れる
  • 安定したスイングを手に入れる
  • なにより「かっこよく」ゴルフができる^^

さあ、ゴルフエッグの上達レッスンスタートです!

クラブのライ角とは?

ゴルフクラブの進化は日進月歩です。
毎年毎年新しいクラブが出てきます。
クラブセット
目移りして大変ーーーですね(^_^;)

たしかに素材などは、より良いものが開発され、それがゴルフクラブに採用されていますが、こと「クラブの形」といったら、そう変わるものではありません。

ここでいう「クラブの形」とは、「耳かきのお化けのような形」ということです。
クラブの名称
棒(シャフト)があって、先には耳垢をかきとる場所(ヘッド・フェイス)がついているのが耳かき(ゴルフクラブ)です。

でも、クラブが耳かきと違うのは、シャフトとフェイスが一直線上でないことです。
strange-club
こんなクラブだったらおかしいですよね(^_^;)
つまり、シャフトとフェイスにはかならずアングル(角度)がついているのです。

このアングル(角度)のことを「ライ角」とゴルフでは言います。
ちなみにこれがゴルフを難しくしている原因でもあるんですよ~

その辺を詳しく知りたいのなら「ゴルフが難しい理由教えます」をどうぞ^^

体の「ライ角」って?

クラブにライ角があるので、ゴルファーの体にも「ライ角」が必要となります。

「体のライ角ってなんのこと?」

あなたはアドレスの時に前傾姿勢をとって構えますよね。
この前傾したときに出来る角度(前傾角度)が「体のライ角」に相当します!
アドレス時の前傾角度

だからクラブを選ぶときは、自分の前傾角度にあったライ角のクラブを選ぶ必要があります。

「そうか、体を前傾させて構えるからクラブにライ角が必要なんだね」

はい、そうです。
でも逆に言えば「クラブのライ角に合わせて体を折り曲げる」とも言えます。

「なるほど、クラブに合わせて自分の前傾角度を調節するっていうことだね」

ご名答\(^^)/

本来は、体のライ角に合わせてクラブを選ぶのが良いのですが、アマチュアの場合は一度購入したクラブをそうやすやすと買え替えるなんてできませんよね。

そこで「持っているクラブのライ角に体を合わせることになる」のも仕方がないです(^_^;)

まあ、その辺の経済的な話はさておき、今回は
「『体のライ角』をちゃんと作れるようにしましょう」
ということをお伝えしたいです\(^^)/

ライ角っていうくらいですから、体に「角(かど)」が必要

あなたは前傾姿勢をとります。

そのとき、体をどのように傾けて「体のライ角」を作りますか?

「そんなの前傾姿勢というくらいだから、体を前に倒すだけでしょ?」
前傾姿勢1
ぶぶーーっ そんな曖昧な答えでは正解とは言えませんよ^^

「体のライ角」ですから体のどこかに角(かど)を作らなければなりません。

さあ、そこはどこか???答えは・・・・

 

「股関節」です!!

「当たり前じゃん」と思われるかもしれませんが、ここはとっても重要です。
多くのゴルファーはただ体を傾けるだけで「股関節」の意識は薄いです。

折るのは股関節です。
間違っても「お腹」じゃありません!!

股関節がゴルフの中心!

股関節を意識する
お腹から折ると「猫背」になります。
アドレスした姿もカッコ悪くなります。

「別にいいじゃん、どこから折ろうが大して変わらないでしょ べー」
ijingolf2

でも、もしあなたが重い荷物を持ち上げるとき、猫背の姿勢で持ち上げようとすると腰痛になる可能性大ですよね(^_^;)
人は力を出そうとするときは、猫背になってはいけません。

ゴルフでパワーを出したいなら、そして上手になりたいのなら「股関節」です。

ゴルフの主役は「股関節」!
「お腹」じゃないよ「股関節」!

「そうか、股関節が角(かど)になるように折らなきゃいけないんだね」
「そうすると、たしかにふんばりが効いて力が出るよね」

はいそうです。

でも、かといって椅子に座り込むようにお尻(腰)までも下げる体勢ではいけません!
アドレス座る

これこそカッコ悪いですよね(^_^;)

ゴルフエッグは常々思います。
「スポーツが上手な人」=「かっこいい人」
address1

あなたもゴルフ上達を目指すなら「かっこいい」を追求しましょう\(^^)/

「なるほど、かっこよくするため、そして力も出せるために股関節を意識するんだね」
「でも、ゴルフは『腰』ってよく言うじゃないの?それはどうなの?」

もちろん「腰」は大事です!

ではここであなたに一つやってほしいことがあります。

そこに立って、腰を折ってみてください。

「これでいいかね?」
腰曲がりおじいちゃん

そうですよね。きっと「腰を折る」というと多くの人はこの「おじいちゃん」のように折る(曲げる)でしょう。

「腰」を意識すると、どうしても「お腹」から体を折りがちです。
あなたはいかがですか?

「腰を回せ、腰を切れ、腰に力を入れて」など、ゴルフでは「腰」という単語がよく出てきます。
ちなみに「腰ってどこ?」と質問された場合、あなたは体のどこを指しますか?

きっと股関節を指す人はいないのではないでしょうか。

だからあなたにもう一度言います!

ゴルフの中心は「股関節」!

股関節を意識して、かっこいいアドレスを作り出しましょう\(^^)/
股関節を意識する

では次回は、「さらにかっこいいゴルファー」を目指すために、ファッションモデルさんを見本にゴルフファッションショーを行いたいと思います^^/

「モデルばりの「カッコいい」アドレスを作るゴルフ上達3つのステップ!」会場はこちらですよ^^
ヒップアップモデル




「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグの特別上達レッスンも無料受講!!

あなたも今より20ヤードグリーンに近づいてピンを狙ってみないか!
谷原秀人を優勝に導いた安楽拓也の
「最もシンプルな飛距離アップ練習ブログラム」ドライバー飛距離アップ
「最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」安楽拓也ドラコンプロ

あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ