1分でできるゴルフ上達法。足の裏をつねってみよう?!

今よりスコアメイクを楽にする方法
「謎解きレポート」無料プレゼント!

GEメルマガレッスン
を読んで今すぐスコアをマイナス5しちゃいましょう

突然ですが、ゴルフエッグから質問を一つ!

皆さんはゴルフスイングするとき、

  • 足の裏のどこで立っていますか?
  • 足裏感覚を意識した時がありますか?

 

ゴルフエッグのいう「足裏感覚」とは足裏全体ではなく、1円玉くらいの狭い範囲での意識です。

 

「えー、そんな狭い範囲で意識できなーい」

 

そんなあなたは、ちょっと裸足になってください。

 

「えーーこんなところで靴下を脱ぐの?」

 

はい、裸足になってもらわないと、体感できませんので・・・

そして、足裏のどこでも結構ですから、自分の手でつねってみましょう。

さあ、やってみてください!!

 

「「やれやれ詐欺」なんていう、新手のいじめじゃないだろうな~」

 

えへへへ^^ 痛いですか?ジンジンするまでつねってね。

「やれやれ」いってますが、いじめじゃないですよ^^

 

その状態で、ゴルフの構え(アドレス)をしてみましょう。

そのジンジン部分を感じながら・・・

 

ゴルファーは、「足裏でゴルフコースの傾斜を読む」のです。

 

始めは、コースの傾斜は読めなくとも、止まっているゴルフのアドレス時では

  • 「自分の重心は今、かかとの内側にある」
  • 「つま先の親指側だ」

などの感覚を磨きましょう\(^^)/

 

わざと

  • 重心を前後させて
  • つま先寄りにしたり
  • かかと寄りにしたり

してみましょう。

 

足の裏に感じる力具合の変化が分かるでしょ。

そして、自分が最も安定する重心の位置を探してみてください。

 

「足をつねるのいいね」と思っていただけたら嬉しいです^^/

 

しかし、だからといって、ゴルフ練習場やゴルフコースで、裸足になって、足裏を指でつねるのもかっこ悪いです^^;

 

ですから、ご自宅で足裏感覚を磨いてください。

 

そして、もう一つ。

感覚の磨き方で「指でつねる」以外に、やってほしいことがあります。

それは・・・

 

 より敏感に感じる方法

 

ゴルフの構えをしたら、ぜひ、目をつむってください。

 

足にある魚の目とかではなく、顔の前についている目のことですよ^^

 

 

そして、足裏に自分の目があるようなつもりで

  • 「今、足のどこに力が入っているのか」
  • 「重心をちょっと前よりにしてみよう」

など、自分でチェックできるようにしましょう。

 

ヒトは、「外部情報の8割以上を視覚に頼る」と言われています。

 

だから、「足裏に意識を・・・」と言われても、目からの情報に左右され、足裏感覚が鈍感になります。

 

  • 目をつむり、
  • 外部からの情報は「足裏だけ」にすることにより、
  • 敏感な足裏感覚が手に入ります。

 

これは、練習場でも使えるテクニックです。

 

  • 「今、ちょっとスライスしたな。」
  • 「もしかしたらつま先体重だったかな?」

などと思ったら・・・

目をつむってチェックしてみましょう\(^^)/

足裏の感覚が冴えますよ^^

 

 

さらなる高度な練習法

 

もう一つ、感覚を磨く方法をお伝えします^^

 

ちょっと高度な練習法ですが、

  1. ゴルフスイングの間
  2. ボールは見ているのですが
  3. ずっと足裏だけに意識を集中させてみてください。

 

「なになに? ボールは見ているが、見るなってこと?」

 

そうです^^

つまり、ボールはボーっと見ているだけで、足裏だけに感覚を集中させます。

 

そして!! その状態で、ゴルフボールを打つのです。

 

「そんなことをしたら、ボールに当たらないよ~」

 

大丈夫、ちゃんと当たるものなんです^^

 

初めは怖いかもしれません。そして、どうしてもボールに意識が行くかもしれません。

 

たとえ、1・2球失敗したってOK。

ボールに意識がいかない分、スムーズにスイングできたりします^^/

 

 

  • 練習場では、ぼーっとゴルフボールを見る!
  • 自宅では、目をつむって感覚を研ぎ澄ます!

 

「目をつむる」テクニックは、今後、このゴルフ上達サイト内で何度か出てきます。

あなたが、自分で自分の体の感覚を磨くには、もってこいのテクニックです。

 

さあ、自分の足裏感覚が体感できましたか。

 

「まあ、それなりにできたかな・・・」

 

それは、よかった^^

では、ゴルフスイング中は足のどこに重心を置きましょうか?という話に移ります。

 

スイング中の重心位置

 

一言でいえば、重心位置は

  • 「あなたがバランスをくずさないところ」

ですね。

 

よく言われるのは、重心位置は「拇指球」と言われます。

でも、ゴルフエッグは「拇指球寄りの土踏まず」がいいと思います。

  • 拇指球ですと、すこし前よりの体重になると思っています。
  • 土踏まずだと、かかとよりに感じます。
  • その中間に意識を持って行ってみてください。

 

要は、「体の中心を感じ、バランスのとれるところ」に重心を持っていきましょう。

 

いかがでしょうか。

少しあいまいですが、「拇指球寄りの土踏まず」です。

 

これは、ゴルフエッグが勉強している教材の中でも書かれていました^^/

 

ちなみに、ゴルフエッグは「偏平足」です^^;

土踏まずのアーチがない、ということです^^

 

砂場を歩くと、足跡が べたー っと付きます。

 

小さいときは「偏平足は足が遅いんだよ」といわれ落ち込んだこともあります^^;

 

でも、ゴルフではいわゆる「ベタ足」になるので、「安定しやすいからいいのだ!!」と思うようにしています。

 

あなたは、いかがですか? 偏平足でなくとも、

  • ベタ足を意識

 

つまり、バランスの取れる足裏の場所に重心を持っていき、足裏で、「地球を感じる」のです!!

 

まとめ

  1. 足裏をつねって、足裏感覚を磨く。
  2. 目をつむって、足裏感覚を鋭くする。
  3. 自分のベストな重心位置を探しておく。

です。

 

お試しあれ・・・

 

追伸

ドラえもんは、偏平足です^^/

ゴルフも上手なのかしら・・・失礼しました m(_ _)m

 




「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグの特別上達レッスンも無料受講!!

あなたも今より20ヤードグリーンに近づいてピンを狙ってみないか!
谷原秀人を優勝に導いた安楽拓也の
「最もシンプルな飛距離アップ練習ブログラム」ドライバー飛距離アップ
「最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」安楽拓也ドラコンプロ

あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^




“1分でできるゴルフ上達法。足の裏をつねってみよう?!” への2件のフィードバック

  1. 右足オジサン より:

    いつも参考にしてます。
    バックスイングの回転軸は右足の踵ですよね。
    その右足裏だけを捩じるだけでバックスイング。
    切り返しは、捩じり戻しながら両足でジャンプする
    だけで立派なボディースイングに成りました。
    野球のピッチャーの投球動作と全く同じですよね。
    メンコする時と同じ足の動作でした。
    ハンドファーストアドレスでは、必ず手打ちスイングの最大の要因と解りました。

    • golfegg golfegg より:

      右足オジサン

      こんにちは、ゴルフエッグです^^
      人それぞれの感覚がありますから、ご自身にあった表現をするのってとっても良いことだと思います。
      ゴルフエッグも野球のピッチャーの動作と同じ、という感覚は良いと思います。
      (但し、左へのスエーはダメですがね(^_^;))
      ぜひ、いろいろ参考にしていただければうれしいです\(^^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ