大ガーウッズの懐の広いインパクト写真

ゴルフでは「を広くしてスイングしろ」「胸の前に空間を作って、そこに腕を通せ」などという指導方法があります。

でも「懐を広くってどういうこと?」「胸の前に空間って何?」と疑問符だらけになる人もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回のゴルフ上達レッスンは「広い懐の作り方」を紹介します。

切り返しは背中から

ダウンスイングを始める瞬間を「切り返し」といいますが、この切り返しをどのようにして始めるか?によって懐の広さが決まります。

多くのアマチュアゴルファーはトップオブスイングからクラブを振ろうとするときに、顔や上半身を回したり、または腕で振り始めようとします。

でも今回は「背中を丸めることから始動しよう」とお伝えしたいです。

あなたにも体感していただきたいのですが、その場所でトップオブスイングの体勢を取ってみてください。

その時の背骨の形はどうなっているでしょうか。

骨格の違いや、アドレス時の姿勢の作り方によってまちまちですが、結構、トップオブスイングの時の背骨はまっすぐ、もしくは極端に反り返っている人がいると思います。

さあ、そこからダウンスイングを始めようと切り返しをするときにやることはただ一つ!!

  • 「背中を丸める」
  • 「猫背になる」

ようにしてみましょう。

伸びていた背中を切り返し時に瞬間的に、丸めることで自動的に腕が少しだけ下がることが感じられますでしょうか。

これが切り返し時の「間(ま)」にもつながります。

ダウンスイングは、この背中を丸めた時に、落ちてきた腕を後はそのままダウンスイングにつなげていけばよいのです。

胸の前の空間を感じよう

また、この切り返し時に背中を丸めると一瞬、胸の前が広くなることも感じられるかと思います。

胸の前面に丸みができ、ちょうど大きなビーチボールを抱えたような感じです。

この感覚が「懐が広い」という感覚です。

この「広い懐」=「胸の前の空間」に腕・グリップを通していきましょう。

このことでインパクトが、胸の正面で行うことができるようになります。

広い懐とは、他の表現をすると、腕と胸がくっついていない状態とも言えます。

「胸と腕で出来る三角形を崩さずにスイングしなさい」という指導法も聞いたことがあるでしょう。

この「三角形」を作り出すためにも懐を広くしておくことが必要です。

極端な写真ですが

ゴルフ 懐が狭い

この写真のように二の腕と胸がくっついたスイングをするのではなく、切り返しで背中を丸めるようにして、胸から腕を離すことで、広い懐を作り出し、そこにスイングを通していくことで

ゴルフ 懐が広いタイガーウッズのスイング写真

タイガーウッズのように、腕と胸の三角形の状態を保った「厚いインパクト」を作っていきましょう。

胸の正面でインパクトできるようになれば、打球の方向性も上がります。

もちろん、スイングが良くなりますから飛距離もアップしていきます。

お試しください。

広い懐の作り方については、「ゴルフの方向性アップ法 手を外すな!胸の前に置けって何?ゴルフの不思議

」の記事でも書いています。

合わせてご参考にしてみてくださいね。



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク