バンカーショットは2つの考え方で克服!サイドバンカーゴルフ上達論

あなたはサイドバンカーはお好きですか?

ゴルフ教本や雑誌でも、相手にされない(?)サイドバンカー。

ゴルフエッグが、この盲点に切り込んでいきます!!

あなたは、このレッスンで

  • 案外困るサイドバンカーで何をすればいいかが分かる
  • ガードバンカーとサイドバンカーでは打ち方が違うことが分かる
  • バンカーの攻略法が明確になる
  • 結果、「ミスもまた真なり?」ということが分かって楽になる

さあ、ゴルフエッグの知っ得打法レッスンの始まりです\(^^)/

 

バンカー

バンカーには、ガードバンカーとサイドバンカーがあります。

「バンカーって、要は砂場のことよね?」
「砂場に2種類もあるの???」

そうです。大別すると2種類ありますね。

まず呼び名を見てみましょう。

 

ガードバンカー

ガードバンカーと言っていますから、何かをガード。
つまり、守っているバンカーですね。

さあ、何を守っているのでしょうか?

「あーら。私を守ってくださるの?
さすがゴルフは紳士のスポーツね^^」

はい、19番ホールではあなたを守りますが、
今は、18番ホールまでのお話ですのであしからず^^;

* 19番ホール:「ゴルフコースを回った後のお話し」という意味です。
        一般社会では、アフター5というやつですかね^^/

「もう、分かっているわよ。冗談が通じないのね~ゴルフエッグさんは…」
「知っているわよ。ガードバンカーはグリーンを守っているんでしょ。」
「ゴルフの常識よ ジョ・ウ・シ・キ!」

ゴルフは、グリーン上のカップ(穴)にボールを入れるスポーツです。

だから、みんなグリーンを狙って攻めていきます。
そのため、ゴルフ場はグリーンを守るのです^^

つまり、ガードバンカーは最後の砦(とりで)
グリーンの周りを囲むバンカーのことです。

「じゃあ、今回のサイドバンカーは?」

 

サイドバンカー

もう説明の必要はないですよね。

各ホールの途中にあるバンカーのこと。
大体、サイドバンカーはフェアウェーの脇にありますね。

「なるほど、だからサイド(脇)バンカーなのか~」
「ということは、サイドバンカーはグリーンは守っていないんだね」

ピンポーン。正解です。

「ちょっと、ゴルフエッグさん。いい加減に本題に入りましょうよ~」

はい、すみませんm(_ _)m

 

ガードバンカーとサイドバンカーのバンカーショットの違い


  • ガードバンカーは、グリーンの近くにある
  • サイドバンカーは、グリーンから遠いところにある

ですね。

つまり、求められるバンカーショットに違いがあるということです。

「そうだね。改めて考えてみると、
  2つのバンカーはグリーンまでの距離に差があるということか!」

そうです。
つまり、それぞれに求められるバンカーショットは・・・

  • ガードバンカーのバンカーショットは、飛ばないこと
  • サイドバンカーのバンカーショットは、飛ばすこと

なのです。


では、ここで質問でーす。

飛ばないバンカーショットとは、
どんなバンカーショットでしょうか?

 

 


「おれは、ゴルフでは飛ばすことしか考えていないから分からないぞ!」

それは素晴らしい^^

でも、そんな飛ばすことに命を懸けている人こそ、

「飛ばないショット」 が得意だったりしますよね^^

それは????

 


そうです。地球を相手にする「ダフリショット」ですね。

ダフリについては、
「応急処置!ゴルフボールを見下せばダフリは直る?ゴルフ裏技!」
参照くださいm(_ _)m

「そうだね。「バンカーショットはダフリなさい」って説明しているもんね」
ボールの手前にクラブを入れていくなんて、たしかにダフリそのものだよね」

はい、ガードバンカーショットについては、
「フライパンで砂から一発脱出?ゴルフ上達バンカーショット!クラブ編」
「バンカー!体感編 フライパンなら砂から一発脱出?ゴルフ上達」
の2記事で体感法をお伝えしてありますのでそちらを・・・

さあ、ではいよいよ今回のサイドバンカーショットについてです。

 

サイドバンカーショット

ガードバンカーショットが「飛ばないショット」なら、
サイドバンカーショットは・・・

     「飛ぶショット」

         を目指しましょう\(^^)/


大丈夫です^^/

そんなあなたでも

「思いもよらずに、いっぱい飛んじゃうショット」

を打つときがあるじゃないですか~

ごめんなさい。でも、ご名答ですm(_ _)m

ゴルフエッグもトップボールは得意ボールですのでお許しを・・・m(_ _)m

 

サイドバンカーショットはトップボールを打とう

サイドバンカーショットで最もやってはいけないこと。
それは・・・

          「ダフること」

グリーンまでは、まだまだ距離があります。

サイドバンカーでダフっていては、
いつまでたってもグリーンにたどり着きません!!

つまり、とにかく飛ばさなくてはいけないということを肝に命じましょう。

「そりゃあそうよ。当たり前ですよ。」
「だから、フェアウェーからのショットより
    もっとよいショットをしたいとがんばっているんですよ(プンプン)」

でも、考えてみてください。
そもそも、サイドバンカーショットですから、

ボールはバンカー、砂場の中です。

足場も悪いところですから、
サイドバンカーから正確に打つことは難しいのです。

もしそれができるなら、
あなたは、フェアウェーからのショットなんか朝飯前のはずですよね。


「うっ それを言われるとつらいです~(ギクッ)」



いいえ、何もあなただけを責めているわけではありません^^

ゴルフエッグだって、最高のライ(地面の状態)からでも、
簡単にミスショットをします^^;

ここでお伝えしたいのは、
そもそもサイドバンカーからナイスショットは望まないことです。

しかし、それでも飛ばしたい!
ならば、打つ手は一つです。

「ミスをしても飛ぶショットをする」

ということです。

つまり、ミスをしても絶対にダフらない!
逆に「トップボールになるように打つ」ということです。

「えーーゴルフエッグさん?そんな都合のいいミスの仕方ってあるの?」

うふふふふっ それがあるんですよね~

「それはいいな~ 早く教えて教えてぇー」

OKです^^ では、それは次のホールで・・・


「こらーーまた逃げる気ですかぁーーー(怒)」



はい、トップボールのように次回まで飛んで逃げまーーすm(_ _)m

次回

「上手にミスするゴルフ上達体感法 サイドバンカートップボール打法編」

をお贈りします^^/

 


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ