準備に一秒サイドバンカー脱出。トップボールで克服だ!ゴルフ上達法

あなたは簡単サイドバンカー脱出法を知りたいですか?

お待たせしましたサイドバンカーショット裏技編です\(^^)/

ちんたら論じた
「バンカーショットは2つの考え方で克服!サイドバンカーゴルフ上達論」
の第二弾。

でも今度こそ、

「準備に一秒 簡単サイドバンカー脱出ショット術」

をお伝えしますよ~

あなたは、このゴルフエッグレッスンで・・・

  • ミスする仕方を理解する
  • ミスを狙ってナイスショットにつなげる
  • ミスの仕方が分かると逆にミスをしなくなる
  • 結果、サイドバンカーだってへっちゃらさ^^

さあ、ゴルフエッグの知っ得サイドバンカートップ打法編ですよ(^^)/

サイドバンカーショット

「バンカーショットは2つの考え方で克服!サイドバンカーゴルフ上達論」では、
サイドバンカーショットは

  • ミスしてもボールを飛ばそう!
  • ミスするならトップボールを打とう!

の結論に達しました。

でも、ゴルフエッグはトップボールの応急処置として
「1秒で直るトップボール応急処置ゴルフのトップ原因解明!裏技で上達」
の記事を書きました^^

「そうよ。ゴルフエッグさんは直し方を教えてくれたじゃない~」
「今まではトップボールを打たないようにしてきたのに~」
「ミスしなさい、と言われると逆にミスしにくいよ~」

そうですよね。
ミスしようと思ってミスするって結構難しい・・・ですね^^;

でも、今回はわざと「トップボール気味」を打ちましょう\(^^)/

さて、ここであらためてトップする原因について考えてみましょう。

トップボールが出る原因

トップボールはご存知の通り、
ゴルフボールをリーデングエッジで打ってしまうことです。

つまり、クラブのフェイス面でボールを捕えられないのですね。

では、ゴルフボールをリーディングエッジで打つのは、なぜでしょう?

「そんなこと言われたって
無意識にミスしているんだからわかんないよ~」


でも、考えてみれば簡単ですよ。

要は、ゴルフクラブがインパクトの瞬間に
アドレスの位置に戻ってこないということですよね。

では、どこに戻ってくるのでしょうか?

それは、地面から離れた場所に戻ってくるのです^^

地面から浮きあがったところをクラブが素通りする、といってもよいでしょうか。

さあ、このことから分かることは???

「そうか、体とゴルフボールの距離が離れるんだね」
「そのために、クラブがアドレスの位置に戻らないんだね。」
「結果、ボールの上(横)を叩いてしまうんだね。」

そうです。その通りです\(^^)/

「体とボールとの距離が離れる」

これが、トップボールが出る原因ですね。

もしくは、

「目とボールとの距離が離れる」

と言ってもよいです。

その修正法として
「1秒で直るトップボール応急処置ゴルフのトップ原因解明!裏技で上達」
を書きました。

通常のトップボールが出るときは、

  • アドレスのときの前傾姿勢をキープできずに
  • インパクト時では、体を起こしたりするために
  • 前傾姿勢の角度が立った(起き上がった)状態になる

これが、トップボールが出る主な要因でしょう。


いいえ、ゴルフエッグは「伸びあがりなさい」なんてことはいいません。

今回の記事の題は「準備に一秒サイドバンカー脱出法」ですよ^^
準備をするだけです\(^^)/

「えっ? 何を準備をするって???」

 

サイドバンカーショットの構え

ゴルフでは、アドレス時の前傾姿勢をキープすることは、とても重要なことです。

だから、「サイドバンカーショットだけ伸びあがりましょう。」
なんてことをいったら、あなたのゴルフスイングが崩れてしまいます。

「じゃあどうやってトップボールを打つんだよ~」

あら? あなたはもう答えを言っていますよ^^

それは・・・

「ゴルフボールから離れて打つこと」です。

つまり、
    「アドレスのときに通常よりボール0.5個、離れて構える」

たったこれだけです^^/

「えーーたったこれだけ???」

体とゴルフボールが離れれば、トップボールが出やすくなるのです。

ならば、はじめから「ほんのちょっとだけ離れておく」ことで
トップボールを打ちやすくなるのです。

実際には、「準備に一秒」も掛かりませんね^^

サイドバンカートップボール打法の本当の意味

「サイドバンカーからは、トップボールを打とう」といっても、
本当に地を這(は)うようなボールを打つわけではありません。

そんなことをしたら、サイドバンカーと言えども
アゴに当たってバンカーを脱出することすらできなくなってしまいます。

通常のショットも、サイドバンカーショットも打ち方は同じ。

ただし、サイドバンカーでは
「ほんの少しだけボールから離れてアドレスをしましょう。」

このことで、自然とトップボールが打ちやすい状態になるのです。

つまり、赤線の「本来のショット」
少し離れて構えることにより
黄色線の「意図的なトップボール」にするのです。

もちろん、「本来のショット」が出れば最高です。
あくまで、赤線より下(地面側)にクラブ軌道が行かないようにしたいのです。

当然、ボールから離れすぎて
青線の本当の「トップボール」になってしまってはいけません^^;

「トップボール」というと、あなたは勘違いされるかもしれませんので、
言い方を変えれば・・・
要は、ボールを直接打つ「クリーンショット」を狙うのです!!

この「クリーンショット」を
「意図的なトップボール」と今回は呼んでいるのです。

だから、クリーンショットを打つためには通常のショットより

  • 飛距離を落としても良いので
  • コンパクトに振って
  • ボールをクリーン(直接)に打ちましょう

 

  • 体重移動も控えて
  • 大振りせずに
  • 体のぐらつきを抑えて打つ
  • 飛距離を落としてもいいですから・・・

あら、ごめんなさい^^/

クリーンに打つために、コンパクトに振って飛距離が落ちるなら
番手を一つ上げて(長いクラブで打つの意味)打てばいいんですよ^^

  • 150ヤードのサイドバンカーショットなら
  • 通常160ヤード打てるクラブを短く持って
  • 足元がぐらつかないようにコンパクトに振りましょう。

そして、クリーンにボールを打ちましょう。

もし、ミスしても決してダフらないために、
「意図的なトップボール」を打てるように準備
しておきましょう\(^^)/

「なんだ、それなら分かるよ。
簡単なんだね。じゃあ、早速やってみるよ」

ご理解いただけてうれしいですm(_ _)m

ただし、もう一つ注意点がありますからね。
そこも気を付けてくださいよ。

「えっ まだあるの?」
「ボールから離れて立つ(アドレスする)だけじゃだめなの?」

意図的トップボール打法の注意点

離れて立つということは、その分、
通常スイングよりもフラットなスイングとなります。

フラットなスイングとは、要は横振りとなるということです。

そのことで「あること」が起りやすくなります。

「えっ?トップボールを打ちやすくなること以外になんかあるの?」

そうです。あるのです。
それは・・・

「フックボールが出やすくなる」ということです。

フックボールというよりは、右打ちの場合なら
    「左に飛び出しやすいボールが出やすくなる」
といった方がいいかもしれません。

フラットなスイングの場合は、どうしても左に飛び出しやすくなります。

それは、クラブの構造上、クラブフェイスが左を向いちゃうからです^^

あなたも、つま先上がりのライのときに
すごく左に飛び出すボールやフックボールを打ったことがあるでしょう?

いつもはスライスボールを打つのに・・・ね^^

あれと同じ現象が起きてしまいます。

*つま先上がりのライ:構えたとき体の前が上がっている斜面のこと

そのために、サイドバンカーショットで
「少し離れて構えるとき」は

「少し右目に狙いを定めましょう」

ということも付け加えてお伝えします。

ライ(ボールの置かれている地面の状況)が悪い場合は
様々な状況判断が要求されます。

くれぐれも間違えないように細心の注意を払いましょうね^^

「でもさーサイドバンカーのときでも、
 バンカーのアゴに当たりそうなときもあるよね?」

そりゃそうです。
あまりにもアゴに近いところにボールがある場合は、
「意図的なトップボール」は打ってはいけません。

そんなときは、サイドバンカーと言えども、
ガードバンカーと考えて打つしかありません。

つまり、逆に「ダフる」打ち方をしなくてはいけない場合もあります。

「そうだね。じゃあダフリやすい構え方ってあるの?

もう、今までちゃんと記事を読んでくださいましたか?^^;

「トップボールは、離れましょう」ですよ。
ならば、ダフリボールは???

「そうか、ボール0.5個くらい近づけばいいのか~」

はい、正解です^^

つまり、ケースバイケースということですから、
状況判断を本当に間違えないようにしましょうね\(^^)/

まとめ

サイドバンカーショットは・・・

  • 長めのクラブを
  • 短く持って
  • 足場がグラつかないように
  • コンパクトなスイングを心がける
  • ミスしても、ダフらないように
  • 少しだけボールから離れてアドレス
  • 左に行きやすいと考えて打ち出す方向を決める
  • スイング中は、前傾角度が変化しないように打つ

しかし、
バンカー内のボールの位置によっては、

ガードバンカーのつもりで打つ場合も必要である。


このように、多くの注意が必要ですが、要は

「グリーンに近づくこと」

ができれば良しと考えましょうね。

「OK分かったよ。ありがとう。
    これでサイドバンカーも怖くなくなったよ」
「その上、ガードバンカーもなんとかなりそうだよ」

それはよかった。ゴルフエッグもうれしいです。

「でもゴルフエッグさん?」
「このサイドバンカーの話を聞いていると、
 何かもっと良いことがありそうな気がしているんだけど・・・気のせいかな?」

あらら~あなたのゴルフアンテナがピクピク動いているのですね^^

そうです。
とっても良いことが、実はこの話の中には隠れていますよ~

さあ、次回はその「隠れている話」をしますね^^/

次回を見逃すと、

もったいないお化けが出てきますよ~~

では、次回は草葉の陰からお伝えします~~^^;

 

 


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら


コメントを残す

サブコンテンツ

偉人がゴルフをしていたら?

このページの先頭へ