5ミリでOK?バンカーから分かるトップとダフリ防止術ゴルフ上達法

あなたはトップとダフリにお悩みではありませんか?

「サイドバンカー脱出+アルファ」シリーズとして

をお贈りしました。

そこから見えてくる、さらなるゴルフ上達編^^/

さあ、あなたも嫌いな「トップとダフリ」
その防止裏技編
を見てみましょう\(^^)/

 

サイドバンカーショット

でした。

 


そのためのサイドバンカーショットの裏技として、

「少しだけ、ボールから離れてアドレスしましょう」

と提案しました。

いかがでしたか?

「うん、サイドバンカーに入った時、思い出してやってみたよ」

「少しボールから離れる」って感覚がまだ分かりにくいけど
         つまりは「ダフっちゃだめ」ってことだよね。」

「だから、ボールの上を叩いてもいい
          っていう気持ちでサイドバンカー打ってみたよ」

「うまい具合にトップボール気味に飛んでいって、
                  グリーン近くから、アプローチできたよ」

それはすばらしい^^

そうです。
スーパーショットはプロに任せて、
我々アマチュアは、我々ができることをやっていきましょう\(^^)/

「同じバンカーでもグリーン近くのガードバンカーは
          逆にダフルつもりで打つんだったよね?」   

そうです。
でも、「ダフル」と言っても本当にダフったら
一発で砂場から脱出することは難しいです。

ガードバンカーについては
「フライパンショット」の記事を参考にしてくださいね。

でも「ボールの手前にクラブを入れる」ということをしますから、
ダフリと同じに見えますね。

「そこで、ボールの手前にクラブを入れやすくする方法として

    「ボールに近づいてアドレスする」

        というも、この前の記事で言っていたんだよね?」

はい、ご名答です。

良くゴルフエッグ記事を読んでくださっているようで、
うれしいです\(^^)/

そこまで、あなたが分かっていらっしゃるなら、
「準備に一秒サイドバンカー脱出法。トップボールで克服!ゴルフ上達技」
の最後にあなたが言っていた

「このサイドバンカーの話を聞いていると、
 何かもっと良いことがありそうな気がしているんだけど・・・」

の答えはお分かりですね?

 

ダフリとトップの予防法

そうです。この↑題が答えです\(^^)/

つまり、ダフリやトップの原因の一つ

     「アドレス時のボールポジションの間違い」

が考えられます。

逆に言えば、ダフリとトップが出た場合は、

「ボールポジションを若干変更してみる」

ということです。

 

通常のボールポジションを①としてみると

  • ダフリが出たとき 
           →「ちょっと離れ気味にアドレスしよう」
             (上の図だと、②の方向にボールをセット)
  • トップが出たとき 
           →「少しボールに近づいてみようかな」
             (上の図だと、③の方向にボールをずらしましょう)

です。

また、もしあなたが、

  • 「どうしてもここはトップしたくない」という場面や
  • 「ダフリだけは避けなければ・・・」という時は

上記を応用してあげればいいのです。

でも、図のようにボールポジションを②、③と大きく変える必要はありません。

若干でいいです。

 

「若干って、どれくらいなの?」

 

そうですね。人によって違いますが、
3mmや5mm程度で良いのではないでしょうか。

ほんの少しだけボールポジションを変えてみましょう。

それにより「ミスしたくないミスを避けられる」ことにつながります。

「でも、「ダフリたくない」といって、トップしたらまた困るよね~」

 

もう、そんなのは当たり前です!!

でも、あなたがボールポジションを変えたら・・・

「これで、ダフらないんだ。ダフリづらいんだ。安心安心^^」

という気持ちは持つようにしましょう。

この「安心感」があなたを救います。


ダフリとトップの原因は、
実は「心」が大きく関係していますからね^^


安心感が得られれば、ショットに集中できます。

結果、ダフリとトップの
両方のミスを防げることになるでしょう\(^^)/

 


この世に「絶対」はありません。

「誰でも死を迎えること」を除いては・・・

とくに「ゴルフはミスするスポーツ」といわれています。

「ミスすることが前提にあるスポーツ」

なのです。

そのミスをいかに減らすか!

ミスすることを前提に
  「成功の確率の高い方を選ぶ」
このような考えも持てるようになりましょう\(^^)/

いつもスーパーショットを目指すだけでなく

  • 「ミスのしにくい打ち方」
  • 「ミスが出てもよい考え方」

というのも身につけておきましょう^^

 


よろんでもらえてゴルフエッグもうれしいです^^




「うん。教えて、教えて~~」

OK^^/  では、こちらのページでメルマガレッスンを読んでくださいマセ。

ゴルフエッグのメルマガレッスン生への特別プレゼント記事
「バンカーとトップとダフリから見えてくる、ゴルフさらなる上達再検討編」でさらなる上達を目指しましょう\(^^)/
lessonpre2


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ