10秒間椅子に座ってボール拾い。それでゴルフ上達?ゴルフ股関節

今よりスコアメイクを楽にする方法
「謎解きレポート」無料プレゼント!

GEメルマガレッスン
を読んで今すぐスコアをマイナス5しちゃいましょう

「スピードスケートでゴルフ上達」の体感法より

身近な「椅子に座ってゴルフ上達」編です。

 

超楽ちん(実はきつい?)ゴルフ上達体感レッスンスタートです。

 

椅子に座って捻転を体感


さあ、椅子に座ってください。

足は肩幅に開きましょう。

右足の外側にゴルフボールをひとつ置いてください。

 

左打ちの方は、ごめんなさい。

すべて左右逆読みしてくださいねm(_ _)m

 

 


次は、ゴルフボールを拾ってほしいのですが、

普通は右手で拾いますよね。

 

でも、ここでは左手で拾ってください。

どこが苦しくなるところがありますか?

 

もしかしたら、苦しくて拾うことが出来ない人もいるのではないでしょうか。

それでOKです。

右股関節、右太ももが苦しい感じが体感できればいいんです。

 

えっ?「全然苦しくない」それは柔軟な体をお持ちの方です。

そういう方は、次の姿勢をとってみてください。


左肘で右足ひざの外側を抑えながら、

左手でゴルフボールを拾ってください。

 

写真のような感じです。

 

これなら、右股関節・右太ももに

きつい感じを体感できることでしょう。

しかし、写真の×のように左足のひざが開いた蟹股状態はいけません。


この写真の丸部分のように

左足は内側の内転筋を使い、

体が外に逃げるのを防ぎましょう。

 

さらに、左肘で右ひざの外側を抑えながら、

右足くるぶしを左手の甲で触ってください。

 

言葉にするとごちゃごちゃしますが、要は写真の形を作ってみてください。

「右股関節のくびれ」「右太ももの辛い感じ」が一番体感できます。

 

飛距離アップの秘訣

実は、このゴルフ上達体感法でもう一つ体感できる感覚があります。

ゴルファーにとっての夢 「飛距離アップの秘訣」体感ができるのです。

それは・・・・

 

「右ひざの固定を体感できる!」です。

初めに足を開いた時の

右ひざの位置を保ちながら

体は右にひねられていますよね。

 

これがゴルフのバックスイングの体勢です。

この状態で、トップオブスイングを作ります。

バックスイング:ゴルフクラブを後ろに引き上げる動作

トップオブスイング:ゴルフクラブを一番高い位置に持っていった形



逆の足も同様に行ってください。

左股関節に体重が乗る感じを体感しましょう。

それが、ボールをたたくインパクト直後の体勢となります。

 

左右両方を体感することで、ゴルフスイングが完成します。

 

タイガーウッズのスイングで確認

ゴルフエッグが学生時代にキャディーのアルバイトをしていた時の話です。

 

そのゴルフ場には、プロゴルファーを目指す「研修生」がいました。

プロゴルファーを目指す本当の卵さんですね。

その研修生いわく

 

「ゴルフで遠くに飛ばすのは、右ひざだよ」と・・・

「ここを動かさないでパワーをためるんだ」と・・・

 

タイガーウッズのアドレス(始めの構え)と

トップオブスイング(一番クラブを振り上げた形)を見比べてみてください。

  1. 右膝の位置は2つの写真で変化しません。
  2. 腰は右写真で若干右に回転していますが、
    「右股関節にくびれを作ったから、腰が右を向いた」と考えましょう。
    (よく45度回転させるといいますが、回転という意識は捨てましょう。)
  3. 腰はあまり向きを変えていないのに、胸は90度右に動きます。
    この腰と胸の向きの差がゴルフで大切な「捻転」です。
    この腰と胸の捻転差が多ければ多いほど飛距離につながります。
  4. その捻転差を生み出すために右股関節が欠かせません。
    とても難しそうな話をしていますが、やることは簡単です。
    右股関節に体重を乗せるだけです。

 

立ち上がって、ゴルフのアドレスをとってみてください。

 

そして、どこも動かさず

「右股関節→左股関節の順でくびれを作り、体重を乗せ換える」

これだけ行ってみてください。

 

この動きが、ゴルフスイングの始動と

ゴルフボールを打つインパクト前後の動きとなります。

 

これだけでゴルフのスイングが格段に上達します^^/

上達のポイントは3つ

  1. 股関節の使い方
  2. 肘の使い方
    「ウェイター」記事)
  3. リズムの取り方(「リズムシンクロ」記事)

それぞれの関連記事も参照ください^^/

 




「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグの特別上達レッスンも無料受講!!

あなたも今より20ヤードグリーンに近づいてピンを狙ってみないか!
ゴルフエッグが260→280ydにアップした
「最もシンプルな飛距離アップ練習ブログラム」ドライバー飛距離アップ
「最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」安楽拓也ドラコンプロ

あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

“10秒間椅子に座ってボール拾い。それでゴルフ上達?ゴルフ股関節” への7件のフィードバック

  1. 初心者 より:

    これわかりやすいです。
    捻転も他のサイトではイマイチ意味がわからず…
    体の動かし方もわかりやすい!
    ありがとうございます!

    • golfegg golfegg より:

      初心者さん

      こんにちは、ゴルフエッグです^^
      初心者さんに「わかりやすい」と言っていただけて何よりです。
      誰でも分かるサイトを目指していますので、うれしいです。
      ぜひぜひ、いっぱい吸収して上達してくださいね。

      またの成果報告を楽しみにしています^^/

  2. うさぎ より:

    ゴルフエッグさんへ

    ありがとうございます。 次の記事を読みたいので
    最速で飛んできた次第です。

    どうぞ、よろしくお願いします。

  3. うさぎ より:

    左股関節に乗ることが目下の課題です。 (つい先日までは右股関節にも乗れませんでした。) 椅子に座ってボールを拾う動作はほんとによくわかります。 ありがとうございます。
    今のところはクラブナシが限定ですけど 少しわかった気がします。

    • golfegg golfegg より:

      うさぎさん。ありがとうございます。
      >ボールを拾う動作はほんとによくわかります。

      なんて、ありがたいお言葉でしょうか。涙が出そうになっています\(^^)/
      「どう表現すれば、みなさんに伝わるか」を考えてサイトを作っているつもりです。

      そのつもりが「伝わった」という実感に変わることは、本当にうれしいです。

      「股関節へ乗る!」はゴルフでは大切なことだと思っています。
      当サイトでもお伝えしたい動きの二大ポイントと思っています。
      (もう一つは肘の使い方です^^)

      ぜひ、頑張って習得していただければ、幸いです。

      また、なにかご質問があればコメントください。
      Q&Aページも作りましたので、でき得る限りの回答をいたします。
      (質問していただけると、記事ネタができて逆にうれしかったりして・・・m(_ _)m)

      これからもゴルフエッグサイトをよろしくお願いします\(^^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ