1秒爆発パワフルインパクト!ゴルフ要の切り返しとパワー開放女性編2

「1秒で爆発、パワフルインパクト!

ゴルフの要は切り返し、そしてパワーを開放しよう!!女性編 その1」 の

追加記事のさらに「追加記事10倍返し」!!

 

今回は前振りなしで一気に続きを書きます。

長編となりますが、最後までお付き合いくださいm(_ _)m

 

題して 「パワー開放 女性編2」 

スライスでお悩みの、男性のあなたにもきっと参考になると思います^^

 

これであなたは、

  • 強烈なインパクトと
  • ビッグキャリーを手に入れられることでしょう。

ただし、注意点も最後にありますから、お気をつけてくださいm(__)m

 

また、男性のあなたには、

  • 女性ゴルファーとの違いを分かることによって、
  • スライス防止にもなります。

 

* 記事上の注意点

記事内で、「胸板」と書いていたりします。

それは、胸を一つの平面と考えてもらいたいからです。

「胸板=胸」と思ってもらって結構です。明確な区別はありませんm(_ _)m

 

腕はほったらかしがいい

 

 

上田プロを怒らせたのは・・・

前回の切り返し記事

「腕(手)はだらしがなく、ほっておく」という表現でした。

 

 


切り返しでは、ついゴルフエッグも、

  • 「打とう、打ちたい、強く打ちたい」と思うと、
  • 手や腕に力が入ります。
  • そして、腕からダウンスイングを始めちゃいます。
  • つまり、「切り返しが腕(手)からとなりがち」です。

 

腕からダウンスイング(切り返し)を始めてしまうと、

せっかく体に溜めたパワーを活かし切れなくなります。

 

腕をほったらかしにすることで

  • 胸板の回転に巻きつくように
  • 腕をしならせることができます。
  • 「ムチのように腕(クラブ)を使えます」

 

棒でたたかれるより、

ムチでたたかれた時の方が

痛そうなのは想像できますよね。

 

あのムチのスピードを、ゴルフクラブでも採用しよう!ということです。

 

腕がムチって、どんな感じのことをいっているの?」

 

イメージとしては、こんな感じでしょうか。(赤線が左腕のつもり)

 

  • 左写真のトップオブスイングの伸ばしている左腕が(突っ張っているわけではない)
  • 右写真のダウンスイングで、ぐにゃっと曲がった感じで(実際には曲がっていない)
  • 胸(体)に巻きつく感じです。

 

ただし、勘違いしないでください!!

 

あくまで

  • 脱力して、
  • 左腕をムチのようにしならせる
  • イメージであって、
  • 曲げているわけではありません。
  • 実際の左腕は伸びています
  • ただし、腕をピンッと張っている(突っ張っている)わけではありません

 

とくに女子プロは、その体の柔軟性を活かして、

  • 左腕をムチのように使って
  • 左腕が体に巻きつくようにして下りてきます。
  • 左腕がゴムホースのように・・・といってもいいです^^

 

「って、ことは、左腕の二の腕付近は胸板にくっついている感じじゃないの?」

「そうなると、「両手が胸の前から外れる」ってことになって、それは悪いんじゃないの?」

 

そうですね。

 

よく指導書で、

  • 「スイング中は、つねに両手(手、グリップ)は胸の前に・・・」
  • 「バックスイングでも、ダウンスイングでも、いつも胸の真ん前に手(腕)があるようにしましょう!!

といわれています。

 

「切り返し」でも、胸板の前から

  • 手を外すな!
  • ずらすな!
  • 手を遅らせるな!

と言われます。

 

もちろん、女子プロのみなさんも

「両手が胸の前をキープするように振っているわよ」と言うと思います。

 

では、なんで、両手が胸の前にあると、よいのでしょうか?

それは・・・方向性をよくするためです。

 

だから、手はいつも胸の前にあった方がいいのです・・・

(この話は、男性編 でゆっくり書きますm(__)m)

* 「両手(腕)が胸(板)の前にある」という説明も 「男性編」の方でしますm(_ _)m

 

今回は、パワフルスイングの話ですので、話を「切り返し」のムチの方に戻します。


 

柔軟性を活かして、ムチのように左腕(体も)を使えると、飛距離アップにつながります^^

 

下の写真は、上の写真からつながってきています。

インパクト前の上田プロのスイング写真です。

 

  • ベターっと左腕が胸板についているわけではありませんが、
  • 胸板の面と左腕の向きが平行になっているように見えませんか?

つまり、胸で腕を押してくる感じですね。

 

「うーーん、ちょっとわかりにくいな~ゴルフエッグさん。」

 

最後に男子プロとの比較をしますので、そこでも確認してみてください^^

 

でも、徐々に左股関節のくびれ(パンツのしわ)が深くなっているのは分かりますよね。

 

右写真は、左股関節に体重がほぼ乗り切っているようです^^

 

そして、左足全体は動かないように踏ん張っています!!

 

この踏ん張りは「左足小指でゴルフボールを踏んでいる感じ」で体感できますね^^

体感がまだの方は、

ゴルフの体重移動・股関節移動どうするの?その2!腰のバンプ体感編を参照ください^^

 

この左足の踏ん張りが、ロケットでいえば「発射台」です

「爆発前の準備OK! 土台ができた!」 ということです^^

 

「またゴルフエッグは変なパラパラ作ったな~~」

 

えへへっ^^

でも、ここでお伝えしたいのは、

  • 発射台(左足)がずれたら、
  • ロケットは、ドーーンと飛び出しにくくなりますよね^^

つまり、「この左足の踏ん張り・左股関節のくびれ」は、インパクトの前後では不動でなくてはなりません!!

 

また、話が脱線してますので、ムチの話に・・・

 

インパクトまで、胸板の回転に押されるように(引っ張られるように)、左腕が下りてきます。

 

これが、ボールを打った瞬間(インパクト)の時ですが、

  • 左腰が伸びているように見えますが、
  • ちゃんと左股関節のくびれがあります。

そして、

  • 胸板がターゲット方向に正対していて
    (完全に開いている感じ)
  • 左腕がその胸板にくっついている感じです。


つまり、

  • 胸板(体)の向き(ターゲット方向)と、
  • 左腕の向き(セットしたボール方向)は
  • 直角になっている感じです。

(最後に真正面写真からも説明します)
しかし、次の瞬間の写真をみてください!!

 

  • 胸板(体)の向き、左足は、インパクトの時と変わらないですが、
  • 腕だけが体の前を通り抜け
  • 左腕の二の腕が胸板から離れていきます。
    それこそ、この二の腕がロケットのように、ドーンと・・・
  • そして胸板の向きと腕の向きが同じになっています


つまり、胸板も両手(腕)もターゲット方向に向いているという意味です^^

「スイング中は、つねに両手(手、グリップ)は胸の前に・・・」の両手が胸の前に戻ってきたのです!


このパラパラ写真で、

  • 胸板の向き(ターゲット方向)に、
  • 腕の向き(手の位置)が
  • 一気に追い付いている

のをよく確認してください。(ここは大切なポイントです!!)

 

「本当だ、この瞬間(インパクトの時)に腕が走っている!」

「つまりはクラブが走った!ヘッドスピードが上がった!ってことね」

 

その通りです。

体に、

  • ムチ(ゴムホース)のように巻きついていた赤い腕が
  • 黄色ボールを打つ瞬間(インパクト)に
  • ビュンッと反対向きに「しなり返した」のです!


これを、ゴルフスイング中に行えれば、ヘッドスピードが上がるのもうなずけますね^^

 

でも、この瞬間に腕(手、クラブ)がしなり返されないと、どうなるでしょうか?

 

「はて? どうなるっていわれても・・・・・・・」

 

「ペロッ」と、ゴルフボールをただ舐めるようなスイングになりませんか?

つまり、ボールに右回転がかかる、ただのペロペロ・スカスカ・スライスボールになってしまいます^^;

 

だから、

  • このインパクトの瞬間に「ビュン!!」と、
  • 腕(クラブ)を走らせないと、
  • 全然パワーの伝わらないスイング

となりますから、要注意ポイントです。

 

「なんだ、やっぱり、めんどうそうですね~」

 

いえいえ、文字にするといろいろ書いてしまいますが、

クラブを走らせるポイントは「左足小指でゴルフボールを踏んでスイングだけ」です!!

ゴルフの体重移動・股関節移動どうするの?その2!腰のバンプ体感編参照)

 

左足、左股関節でグッと踏ん張れば、腕とクラブヘッドは走ります!!大丈夫です^^

先ほどの

「ロケット発射台」

を作ればよいだけです!!

 

 

 

 

 

 

そして、イメージは「でんでん太鼓」です。

ゴルフ「左の壁の謎説き編」ボール踏んで飛距離アップPart3参照)

 

 

 

 

  • 柔軟性のある女性だからこそ、
    このように体に巻きつけてダウンスイングすることができますが、
  • 柔軟性のある女性だからこそ、
    体をずっと柔らかく使っているとダメなのです。

「柔軟性のある女性だからこそ」の落とし穴がここにあると思います。

 

  • 体を一生懸命回転させて、
  • クラブをスピードアップさせようとしても、
  • スピードは上がりません。

 

体も腕も、柔らかく使い、しなやかに動かすのですが、

  • トップオブスイングのときや、
  • インパクトの瞬間は、
  • グッと踏ん張る個所(股関節)が必要なのです。

 

それをせずに、「ダラー」と体を回していっても、腕を振っていってもスピードは上がりません。

 

いかがでしょうか。

 

ゴルフエッグはゴルフエッ子ではないので、

いかんせん女性特有の柔軟性の感覚を完全には把握できていませんm(_ _)m

 

そのため、表現や感覚のずれがあることでしょう。

 

しかし、女性にはその柔軟性をうまくコントロールして、

その柔軟性を最大限に活用して、

ビッグドライブを楽しんでいただければと思います。

 

まとめ

  1. 右股関節にしっかり乗った状態をキープできる範囲で
  2. なるべくトップオブスイングは深くする。
  3. 切り返しは、左股関節に乗りかえるだけ
  4. 胸板は、それに引きずられて回転を始めるだけ
  5. 左腕は脱力したムチのように体に巻きついていく
  6. 実際には、左腕は曲がってはいないが、ピンと張りつめてもいない
  7. 胸板に左腕がくっついてくるようにしてムチのようにしならせるイメージ
  8. インパクトでは、左股関節・左足を踏ん張って
  9. そこが踏ん張る(止まる)ことで、腕のムチがしなり返され
  10. ヘッドスピードが上がる
  11. 結果、飛距離アップにつながる!!

です。

これが、今回参考にした上田桃子プロのYoutubeスイングです。

 

「おい、ゴルフエッグ! スケベ根性出して、女性専用の記事ばかり書いているじゃないか」

「おれはどうせ、体が硬いからダメなんだな~(フンッ)」

 

 

そんな~殿方のことも忘れていませんよ・・・ウフ

ゴルフエッグは、二刀流(?)ですので、

どちらも大事にしますよ~~どんだけ~(古ッ)

 


では、最後に先ほどお約束した真正面からの写真で、

  • 女性と男性のインパクトの違い
  • つまりは、ボールを捕えるときの感覚の違い

をお見せします。

上田桃子プロとタイガーウッズのインパクト時の写真を並べてみました。

 

  • 上田プロの体(胸板)はかなり開いています。

先に説明したのが、より鮮明にお分かりいただけると思います。

左腕の二の腕が胸についているのは、胸のふくらみのせいだけではないのが分かっていただけると思います^^

(エッチな意味じゃないですよ^^;)

 

それに対して、

  • タイガーウッズは胸板(体)が、ゴルフボールに正対(カメラ方向を向いている)

しています。

 

「本当だ! かなり体の開き具合が違うぞ!!」

 

距離を出すなら、

  • 体を開いて、
  • その開いた力にも引っ張られるように
  • 腕を、しなり返すのがよいのです

 

しかし、そのしなり返しをうまいタイミングでしないと、

  • 方向性が悪くなります。
  • スライスボールが出たりします。
  • それに、よけい飛距離が落ちます^^;

 

そのため、パワーが相対的にある男性は、

  • 胸板(体)の開きを抑えて、
  • インパクトした方がいいのです。

 

「そういえば、よく腕(手)はいつも、胸の前にあるようにしなさい」

「トップオブスイングの時も、インパクトの時も・・・っていうもんね」

 

そうなのです。

  • 女性や一般アマチュアは、その柔軟性を活かして、
    しなり戻しをうまく利用することで飛ばした方が有利です。
  • 男性プロや体格に自信がある人は、
    方向性を重視してゴルフスイングをした方が、得なのです。

 

女性プロはみんな、男性プロはみんな、このスイングをしているとは限りません。

そこは、ご理解くださいね^^

 

男子プロも、ゴルフクラブ・腕の「しなり」も利用して飛ばしのパワーにしていますので・・・

(ゴルフエッグも、しなり利用法を勉強してまーーす^^

「しなり打法」 気になる方は「実践感想文」を参照ください)

 

 

「しなりの重要性はわかったぞ、じゃあ、その方向性のよくなるやり方を説明してくれるかな」

 

はい、では次は殿方用!方向性をよくしようスイング体感法に進みます。

女性のあなたも、ぜひ読んでください m(__)m

 

  • 体を開いてパワーを出す方法と、
  • 方向性をつける方法の両方を覚えて、

いいとこ取り、その兼ね合いをうまく使って、飛距離と方向性の両方をよくしてください。

 

どのゴルファーにとっても、必要なレッスンとなっています!

二刀流のゴルフエッグは、皆様をお待ちしております、です、はい ^^

 

またまた5000字以上もの長文になりました。

お付き合いしてくださり、ありがとうございますm(_ _)m

 

また、上田様、本当に失礼いたしました。おかげで良い記事書けました。

これからも、上田様のご活躍をブログの陰より応援しております。

ゴルフエッ子より m(_ _)m

 

 

スポンサーリンク