ゴルフの素振りには2種類ある。チェック派イメージ派どっち?ラウンド上達

「イップスの悩み克服2!ゴルフメトロノームでリズム鍛えてゴルフ上達」記事の

コメントからの「ゴルフで打つ前の素振り」についての質問にお答えします^^

 

 

ゴルフの素振りはいつがいいでしょうか?

(質問を掛け合い形式で記事にしています)

「ゴルフエッグさん?こんばんは! いつもありがとうございます。」

こちらこそ,いつもコメントありがとうござます m(_ _)m

「リズム・・・今日のテーマも「うんうん!納得です!」

ありがとうございます。 そうですよね。

何かおかしい球が出る時はたいていリズムが早かったりしています。

とくに

  • 焦ったり、
  • 「ここはパーオンだ!」と欲が出たりすると

リズムは早くなりますよね^^ 欲張りなゴルフエッグはよーく分かります^^;

「そこでゴルフエッグさんにひとつ質問です(以下質問)


そういえばいつも迷うコトなんですが・・・ 素振りはどのタイミングでやりますか?

私はいつも

  1. 球の後ろに立って方向を決めてから
  2. アドレスに入り、
  3. 少しさがって
  4. 素振りをし
  5. そこからスウイングです。

しかし

  • 方向を決めてから
  • アドレスに入り
  • スウイング・・・

の方が流れ的にスムーズなんで、素振りをしないことが多いです。

もし、まず素振りから入るとすると、

  • 球の後ろでしますか?
  • それともボールの前でしますか?

こんな質問でごめんなさい。

素振りするタイミングが、いつもなんとなく気になるところだったんで!」


(質問はここまで)

いえいえ、人によって気になるところって違いますもんね^^

ゴルフエッグの悩みも載せてみました。それは、後半に・・・

まずは簡単にお答えすると・・・

素振りをする場所はボールの後ろでも前(横)でも問題はありません。

どのタイミングでするかが大事ですね^^

もし「どこで素振りするか」が気になるようでしたら、「ボールの前(横)」でいいですよ。

つまり、質問内の4の「すこしさがって」の場所でOKです^^

ただし、めちゃぶりの素振りではなくかるーく素振りをしましょう。

でも、この「素振り」は素振りでも「スイングチェック」というよりは「未来のイメージのため」の素振りをしましょう!!

「えっ?未来のイメージのためってどういうこと?」

ゴルフの素振りには2種類ある

素振りには2種類あります。

  1. スイングチェックの素振り
    「トップの位置はいいかな?」
    「グリップの具合はいいかな?」     という素振りと
  2. これから打つ打球の未来をイメージする素振り
    「右のバンカーから少し左に曲がるような球を打ちたいな」
    「高い球を打ちたいな」
    「よしアプローチで50ヤード打つならこれくらいのスイング幅だな」

という2種類です。

質問にある「打つ前の素振り」は、後者の2の「イメージ素振り」に当たります。

  • ボールの横(または後方)に立ち
  • これから打とうとする打球をイメージするのです

つまり、ゴルフボールを打つ手順としては

  1. ボールの横でターゲットを意識しながら(もしくはターゲットを見ながら)
  2. かるーく素振りをして未来(打ち出される打球)のイメージを高めます。
  3. そして、ボールの後方より、ターゲット方向をしっかり確認して
  4. ボールの横に移動し、
  5. クラブをボールの後ろにセットして、フェース面をターゲットに合わせます。
  6. そして、それまでの流れでできたリズムを崩さずに(迷う暇を与えずに)
  7. スイングを開始しましょう。

このように文字にするとややこしいですが、プロゴルファーの試合を見ていると、ほとんどみんな同じようにしています。

いわゆるルーティーンですね!

「20秒で上達!ゴルフ精神安定剤?練習場プリショットルーティーン」参照)

ショットの前に行う素振りはボールの横(前、近く)の素振りでOKです。

ボールの横で行う理由は、より本番の打った感じと同じになるようにするためです。

ボールが近くにあると、気持ちも「本当に打った」ようで盛り上がるでしょ^^

つまり、ご質問の「素振り」の答えとしては、

  • 素振りの場所は、ボールの近くで、
  • 素振りのタイミングは、ルーティーンの一番初めにする

です。

質問内でもあった「流れ的にスムーズなんで」とあるように、一度アドレスしたら、そこからはもう素振りはしません。

ご自身でも感じているように、ルーティーンのいい流れ(リズム)を切ってしまします。

アドレスをしたのなら、もう「打つだけ」です。


「素振り」は

  • ターゲットを後方から確認する前に
  • 「イメージのための素振り」をしましょう!

タイガーウッズは、このイメージ素振りのときに7~8つくらいの打球のイメージを持つそうです。

このタイガーのYoutube動画の最初のところで、ちょっとだけ「素振り」をしているのが分かります。

  • 風が強いな、低い球でいこう
  • 地上は風がないけど、上空はかなりあるぞ、風に乗せて高い球でいこう
  • 右斜面を狙って、あそこに落とそう

などなど・・・

きっと、もっともっと細かなところまでタイガーウッズはイメージできているのでしょう。

そして、そのような球を打つなら「こんな感じだな」とそれに合わせた素振りをするのです。

とくにタイガーウッズはアプローチショットのときは、他のプロも考えないようなイメージをします。

次の動画は、2005年マスターズの最終日16番のアプローチショットです。

右に直角に曲がるラインもさることながら、グリーンの傾斜にもご注目ください。

最後の一転がりがまたスーパースターの証です(+ナイスカメラアングル!)

「イメージ素振りはわかったわ。だったら、スイングチェックの素振りはいつするの?

スイングチェックの素振り

そうですよね。

アマチュアの場合は、打球のイメージの前に、まずは自分のスイングチェックの方が問題となるのですから・・・

では、それはいつするか!

酷(こく)なことを言えば、「ラウンド前です」

「えーーそんな・・・・」

極論ですので、軽く受け流してください^^

お伝えしたいのは、

  • 練習でしっかりスイングを作ってきて、
  • ラウンド中は「ボールを打つ、あそこに打つ」ことに集中しましょう!
  • そして、ゴルフを楽しみましょう!

ということです。

ゴルフのラウンド中にスイングチェックの素振りをするとすれば、タイミングとしては、チャンスは2回あると思います。

  1. 打ち終わった後(今の打ったスイングの反省の意味で・・・)
  2. ティーグラウンドに上がる前(ルーティーンを始める前)(自分の課題を確認する意味で・・・)

ただし、このどちらも、自分のプレー時間外にしましょう。

つまり、1の「打ち終わった後」なら

  • 自分の今打ったボールの落下地点まで歩いていく間   や、
  • 他の人や自分が、まだ前方に人がいるために打つことができずに待っている間(暇なとき)にしましょう。

2の「ティーグラウンドに上がる前」なら

  • 前の組が次打地点まで歩いている間、絶対誰も打ってはいけない待ち時間  などです。

絶対してはいけないのが「誰かが、ルーティーン(打とうとする儀式)の動作をしている(または、入ろうとする)時」です。

ルーティーンの時とは

  • ボール後方でターゲットを確認しているとき や
  • 前の組の人が、打とうとしているときもです。

もう、誰かが打つ儀式に入ってしまったら、また、これから儀式に入ろうとするちょっと前からは、

「あなたはスイングチェックしてはいけません」ということです。

なぜなら、その時間は「その時、打つ人のもの」だからです。

あなたは、ただの傍観者とならなくてはいけません。

「それくらい心得ていますよ~~」

それはよかった^^ 失礼しました m(_ _)m

--------------------

ちなみに、ゴルフエッグの悩みは・・・

「フェース面をターゲット(ねらい目)に合わせる」ところです^^;

つまり、方向を合せるのが下手なんですね~

上の「ゴルフボールを打つ手順」でいうと

5.クラブをボールの後ろにセットして、フェース面をターゲットに合わせます。

6.そして、それまでの流れでできたリズムを崩さずに(迷う暇を与えずに)

の5から6への移行がスムーズにいかないのです。

これにより、アドレスからスイングスタートまで時間がかかります。

この時間差があればあるほど、「迷い」が出やすいのですね。

イップスにも、かかりやすいです^^;

「イップスの悩み克服!宮里藍に学べ精神編|心を鍛えてゴルフ上達」参照)

そのために・・・

ゴルフエッグのボールはあっちこっち飛んでいく・・・

お願いまっすぐ行って~

 


ゴルフボール様の言葉

  • 「だって、あんたがそっちにフェース面を合わせたんでしょ」
  • 「だから、僕(打たれたボール)はそっちに飛んでいくんだよ」
  • 「リズムも悪いんだよ、さっさと打ちゃあいいのに!」
  • 「迷ったって、どうせ結果は変わんないんだから・・・」
  • 「全部あんた(ゴルフエッグ)のせいだからね・・・」

ごもっともです。ゴルフボール様。すべてゴルフエッグのせいでございます。

ゴルフはいつも「自己責任」。 存じ上げております。  m(_ _)m

「紳士のスポーツ!ラウンド中は「自己責任」精神鍛えてゴルフ上達]参照)

まとめ

  1. ボール近くで
  2. ターゲットを意識し(ターゲットを見ながら)
  3. これから打つ打球をイメージしてかるーく素振り
  4. ターゲット方向をボールの後ろから確認したら
  5. リズムよくアドレスをして
  6. フェース面を合わせたら
  7. 迷わずスイング開始!

ですね。

またの質問お待ちしています^^

ちなみに、リズムを整えたいのならこちらの教材で勉強されることをおすすめします(o^―^o)ニコ



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク