ゴルフのアドレス 右手と左手の関係タイガーウッズが世界一の理由の第4弾!!

第3弾の机のへりでは体感できなかった人は「車のシートに教えてもらおう」です^^

最近の車のシートは、肩や腰をも包み込むような形(バケットシート)のものが多いですね。
これを使って、ゴルフ上達への道を体感しましょう。

ゴルフ上級者の感覚を車のシートで体感法

ゴルフは両手でクラブを握って構えます。
当たり前ですが、これがターゲットラインにまっすぐ構えることを邪魔する原因なのです。

「えーー? ということは、片手で構えるってこと?」

いえいえ、そういうわけではございませんm(_ _)m

では、ここから一緒に考えていきましょう。

ゴルフのアドレス姿勢
写真のように右打ちの人は、左手を体の近くに、右手を体から離して構えます。

これはグリップをするときにどうしても右手と左手をずらして握るためですね。

当然、写真内の体からの緑の矢印のように、左右の長さが 右手の方が長くなります。
つまり、右手が左手より前(下斜め前)に出るということになってしまいます。

クラブを握るためには、

  • 必ず右手が左手の前に出るのは当たり前

なのです。

しかし、そのため

  • 右肩も前に出やすくなります
    (図内の肩からの大きな水色矢印)

アドレス時に両腕を伸ばして、右手が前に出れば、右肩も前に出るのは世の常ですね(;^_^A

そのため下の写真のように
タイガーウッズのアドレス1



赤い矢印のターゲットライン①に対して、赤い肩のライン④が開きやすくなる(左を向きやすくなる)のは、日常生活の動きをまともにしている人であれば当たり前なんです。

しかし!!

それではいけないのがゴルフのアドレスです。
(そう、ゴルファーは日常行動ではしない動きをしなくてはいけないのです!)

ならば、どうするか?ゴルフ上達体感レッスンのスタートです。

「車のシートに教えてもらおう」

さあ、ご自身の車のシートに座ってください。
(車をお持ちでない方は、ご自宅にある肩まで背もたれのあるソファーでもOKです)

  1. 両肩をシートにくっつけてください。
    (両方の肩甲骨(背中の出っ張った骨)がついてる感じで結構です)
  2. その状態で、腕をのばして自分の手の平をつける。
  3. 両腕を伸ばしたままで左右の手のひらをずらす。
    (ゴルフのグリップするかっこうをする)
  4. シートの肩に当たる感じの変化を確認する
    (とくに右肩の変化を確認ください。両腕を伸ばして3を行うとよくわかります)
  5. ついでに、仮想のターゲットを見てみる
    (右打ちの人は左の方を見る、という意味。さらに右肩がシートから離れる感じがしませんか?)

ちょっとした感じですが、右肩がシートから離れる・前に動く感じを体感してほしいのです。

本当に微妙だと思います。でもまずは、体感できることが大切!!

目をつむったりしながら行い、この右肩が前に出る感覚を体感ください。

この右肩が出る、シートから離れるのはゴルフでは避けたい動きです。

上記を体感、自覚してもらった上で、やっと「どうやったら修正できるか」という上達につながるのです。

「スラムダンク」というバスケットマンガの安西先生の名言の中に、

「上級者への道のりは己が下手さを知りて一歩目」
(引用:スラムダンク22巻 132ページ目)

という言葉があります。

まずは、自身の体の動きを感じてください。

ほんの少しの違いが、ゴルフのスイングをスムーズにします。

スーパーショットにつながります。

では、どうやって右肩を修正するか?に移りましょう。

右肩が前に出ない修正方法

* 右利きで話を書いています。左利きの方は右・左を逆に読んでくださいm(_ _)m

修正法は2つ!

  • ① 前に出た右肩をもどすか、
  • ② 左肩を前に出して、右肩に合わせる。

「なーんだ(怒)当然のことじゃん」とおっしゃらずにもう少しお付き合いくださいm(_ _)m

①の「右肩を戻す」修正法

体から離れた右手を引き寄せてみましょう。

ほんの少し右ひじを曲げる感じで大丈夫です。

右ひじをおなかの方に寄せる感じですね。

間違っても、体の外(右側)にひじを曲げないでください。

ゴルフの指導書では、「両腕を伸ばして構えましょう」とあります。

もちろん、伸ばすのですが極端にピーンと張るのではありません。

これは、右腕も左腕も同じです。

「ひじを曲げる」というよりも

  • 「右ひじを自分の体(腹)に若干ひきよせる」
  • ピンと伸ばしていた肘を緩める

くらいのイメージで結構です。

左ひじより右ひじの方が若干曲がっている、緩んでいる感じで大丈夫です。

「あっ、この感じかな?」

そうです。その感じ・・・程度の微妙な感じを体感してください^^;

ちなみに、何か棒(鉛筆でもOK)を持って①の修正法をしてみてください。

  • 右ひじを少し引き寄せて、
  • 右肩がシートにつくようになると、
  • 持っていた鉛筆は、どうなりますか?

「おっ! 目の前でまっすぐ鉛筆を持っていたけど、ちょっと曲がったぞ!!」

そうです^^ どっちに曲がりました? もちろん右にちょっとだけ曲がりましたよね^^/

これがゴルフクラブなら、この形を「ハンドファーストの構え」といいます。

「ボールより手が前に出る」という構えです。

あなたも、一度は聞いたことのあるゴルフ用語だと思います^^

もちろん、ハンドファーストは「よい構え」ですのでご安心ください。

詳細は別の記事にします m(_ _)m

②の左肩を前に出す修正法

  • 左ひじを若干「伸ばす」または「張る」のです。

これだけです。どうでしょうか?

ゴルフエッグは、「左ひじ・左腕を持ち上げる」という感覚もあります。

言葉にすると難しいですね。

これで

  • 左肩が前に行き、
  • 前に出ていた右肩ラインといっしょになります。

また、①修正法と同様に「ハンドファーストの構え」にもなるのがお分かりでしょうか。

このほんのちょっとした力加減で、ショットにすごい変化が起こる場合があります。

ゴルフエッグは、この修正がうまくいかずに何年も苦しんできました^^;

自分では、

  • 真っ直ぐ構えているつもりなのに、
  • フェイス面が左に向いている気がしていた

のです。すごく悩みました^^;

そして苦しみました_| ̄|○

「なんでやねん!」

「まっすぐ向いているのに、何でフェイス面だけ左に向いている気がするんやねん!」

「これじゃあ、引っかけボールが出るやんけー」  と・・・

* 引っかけボール:右打ちの人が打つと、はじめっからねらい目より左にかっ飛んでいく打球のこと。

でも、本当は、体が若干、ほんの数ミリだけ左を向いていたのです。

つまり、フェイス面の方が正しかったのです。

この話も長くなるので、別記事にさせてくださいm(_ _)m

ぜひ、皆さんにも「ほんのちょっとした筋肉や向きの違い」を体感してもらい、試行錯誤しながらゴルフを楽しんでいただけたらうれしいです。

お試しあれ・・・^^

「ちょっと待てゴルフエッグ(怒)」

「右手が前に出れば、右手が下がるはずだぞ」

「でも、右手が下がるのはどうなんだ!上げなくていいのか!俺はだまされないぞ~」

 

おっと、鋭いことをいわれて、ゴルフエッグもたじたじです^^;

でも、その通りですね。

 

では、右手が下がることについての「ゴルフで肩は水平にならない! ゴルフ上達のカギはKの字」をご参照ください。

よろしくお願いしますm(_ _)m



あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^

メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓
パット上達法
パットメルマガ
とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら



スポンサーリンク