渋野日向子プロの前傾姿勢を見習ってスライス撲滅+αスイングを手に入れる!ゴルフ上達法

イラストレーター渡辺隆司さんのブログから引用

2019年に全英女子の優勝で世界中から注目を浴びた渋野日向子プロ

彼女のスイングの特徴は、強めのハンドダウンの構えとフィニッシュでも崩れない前傾姿勢の維持とゴルフエッグは考えています。

彼女のハンドダウンは青木コーチとの練習の中で自然とハンドダウンになっていったという記事を見たことがあります。

また前傾姿勢の維持もこれまた青木コーチとの練習で培われていったようです。

青木コーチは何を教えたのか?

渋野プロの快進撃は青木コーチとの出会いから始まったとのことですが、青木コーチの練習メニューはいたってシンプルなもの。

そのメニューとは・・・

渋野プロがアドレスをしたら、彼女の頭の上にコーチが手を乗せてその状態のままボールを打たせていたそうです。

「コーチは私の頭に手を乗せてるだけだったよね」と、あるゴルフ雑誌の記事で渋野プロが直に話していたこととして紹介されていました。

もちろん他の筋力トレーニングなど他のメニューもあり、ある程度話を盛っているとは思いますが、渋野プロのフィニッシュの姿勢を見ると、かなり信ぴょう性のある話だとゴルフエッグは思いました。

コーチに頭を抑えられてのスイング練習は、あの帝王ジャックニクラウスも若かりし頃、徹底してコーチから受けた練習です。

頭が動かないことのメリットデメリット

頭が動かないでスイングできると以下のメリットが得られます。

  1. ボールを視覚でしっかりととらえられるのでミート率が上がる
  2. ボールと体との距離が変わらないので正確性が増す。
  3. スイング軸が一定するためにスイングの再現性が上がる
  4. 前傾姿勢が維持される(体(手)が浮き上がらない)ので、スライスボールも出にくくなる

といいことばかりですが、ゴルフエッグはデメリットもあると考えています。

「えっ?どんなデメリットがあるの?」

  1. ボールをよく見ようとしすぎて、体が硬くなる
  2. スイングしようという意識よりボールを打とうという意識が強く、ダウンスイングで上体が突っ込んでいきやすい
  3. バックスイングが浅くなり、パワーが生まれにくくなる
  4. リバースピボットになり、ギッコンバッタンのスイングになりやすくなる



「じゃあ、渋野プロと同じ練習したってダメじゃん」

ゴルフエッグが考えるスイング中の頭の位置

「頭を動かすな!」

というと、多くのゴルファーは

こんな感じのスイングになっちゃいます。

勘違いしちゃうんですよね。
ゴルフエッグが伝えたいのは・・・

顔の向きは変わってもいいですが、頭の上下動を抑えましょう

です。

渋野プロのように、深い前傾姿勢でなくてもいいですが、アドレス時に作った前傾姿勢を保てれば、おのずと上下動がなくなります。

それが大事なのです。

顔の向きは、変わってもいいんです。

あのジャックニクラウスも、スイングの始動時には
「チンバック」というちょっと後方に顔の向きを変える動作を取り入れていました。

タイガーのトップオブスイングの写真でも、顔の向きは斜め後方に向いているのがわかりますよね。


もちろん、視線はボールを向いていますが、肩が右に旋回しやすいように(バックスイングしやすいように)、あごの向きがやや後方に動いているのです。

そして、ダウンスイングからからインパクトまでは、なるべくこの顔の向きを維持して振れるといいのです。


とはいえ、フォローでも顔の向きを変えないようにすると、首を痛める場合があります。

それに、今度はフォローのスイングアークが小さくなる場合もあります。

女子ゴルフの女王に長い間、君臨していたアニカソレンスタムなんかは、

スイングの回転と同じように、体も顔もクルッと回して、ボールなんか見てないんじゃないかというくらいにスイングをしていました。


ですから、顔の向きよりも頭の上下動を抑えることに重きを置きましょう。

もう一つの頭の動きについて

ちなみに、頭のスエー(右や左に位置がずれること)についてですが

バックスイングでは、多少、バックスイング側(右打ちならば右側)に動いても構わないです。

でも、ダウンスイングではバックスイングの時の位置にあるのが良いですね。

ダウンスイングでフォロー側(右打ちなら左方向)に動くと、多くの場合はスライスボールになってしまいます。

それは、体の軸がフォロー側に動くため、インパクトではクラブがインパクトの位置に戻ってこないで、フェイス面が開いてインパクトを迎えやすくなるためです。

打球に勢いをつけるためにも、トップオブスイングの時の頭の位置から動かさないようにして打つのが良いと思います。

ただし、ご自身の体の柔軟性と相談しながら行ってくださいね。

無理は禁物ですよ(o^―^o)ニコ

無理をした経験者からアドバイスでしたm(__)mゴルフエッグのお願い

 


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら






 

スポンサーリンク