ゴルフ上達の壁③’プラスマイナスの世界を知って90の壁切り!

「ゴルフの壁③ これであなたも上級者 90の壁を切る!タイガー編」

サスペンデッド記事です m(_ _)m

 

  • 壁は越えるためにある、
  • 壁はあなたに必要なのである
  • だから、めげずに立ち向かおう

の続きです。

 

あなたは、このレッスンで・・・

  • 90の壁の単純さを知る
  • 90の壁が透けて見えるようになる
  • 90切りを現実のものにできる

さあ、ベルリンの壁より厚い!90の壁。

ゴルフ上達「1打の大切さを思い知ろう。プラスマイナスの世界」レッスンのスタートです。

 

90の壁とは?

もう、100の壁を越えてこられたあなたですから、

スコア90というのは パー72+18 = 90 ということがお分かりですよね。

(スコアについては

「ゴルフの壁②あなたは何切り?ゴルファー始めの壁100切りは電卓で」を参照ください)

 

+18というのは、18ホールすべてがボギー(規定打(パー)の+1打のこと)でいいということです。

それで、「90ちょうど」にあなたのスコアはなりますよね^^

 

「そうなんだよな。計算上は分かるんだよ」

 

計算上お分かりになっているのであれば、計算でやっつけちゃいましょう!!

 

「おっ!ネタ切れでまた電卓出してきたな」

(「ゴルフの壁② ゴルファー始めの壁100切りは電卓で」参照)

 

いえいえ、電卓なんて使わない、もっと簡単な計算です^^

 

あなたは、スコアブックに自分の打数を書きますよね。

 

「そりゃそうだよ。そのためのスコアブックでしょ。」

 

もちろん、そうですが、ホールが進んでいくと、

「自分は今いくつで回っているんだっけかな?」

と思う時ありませんか。

 

「そうなんだ、合計するとき 5+4+3+7+・・・と面倒なんだよな」

つまり、自分がラウンド中、どのようなペースで回っているのか

あなたは、あいまいにしていませんか?

 

ペースを簡単に把握する方法

 

ゴルフエッグは、最後の計算を簡単にするためにも

スコアブックには、+1, +2, 0, -1 などしか書きません。

 

「どういうこと?」

 

つまり、

  • そのホールの打数を書くのではなく、
  • そのホールのオーバー数だけを書く

のです。

  • ボギーで上がったのなら+1
  • ダボなら+2
  • パーなら 0や±0 と・・・

 

たまには、バーディーで -1 と書きたいですが、

そうは簡単にはゴルフコースが許してくれない!ですよね^^;

 

いかがですか。

下写真の、左が通常通り、右がオーバー数のみのスコアカードです。

もちろん、どっちも45のボギーペースをキープです^^

こんな感じで見比べてみると、一目瞭然!

 

自分のペースが今、どれくらいなのか確実にわかるでしょうか。

 

「なるほど、つまりこのスコアブックに +1 が並べば90なわけだ」

 

正解です。

 

「でも、そううまくボギーで上がれないから悩むんだよな~」

 

90切ったら上級者!

もうそんな甘えは許されません。

 

スコアカードの3ホール目のように

 

  1. ダボの+2がついたらなんとか、
  2. 0(ゼロ)のパーを取りにいかなくてはいけません!!

覚悟してください!!!

 

「おっ、今日はゴルフエッグ強気だな~」

 

そうです。90の壁は厚いのです。

楽なことだけでは越えられません。

 

ただし、

  • パーを無理にとりに行って、
  • またダボやトリプル(+3)になってしまっては
  • 元も子もありません。

パーのチャンスは絶対来ます!!

 

100切りができたあなたなら、ハーフで3回は来ます。

それまで、じーーとボギーペースは崩さないんですよ。

 

「でも、OBなんかもたまに出ちゃうぞ。そうなったらアウトだぞ」

 

何を甘えているんですか!(怒)

 

6番のように  OB+ボギー のトリプル(+3)でも・・・

  1. +3は
  2. パー2つとれば、
  3. ボギーペースに直ります。

「パー二つとったるど~~」くらいの根性がなくてどうするんですか!

 

あきらめないんです。

あきらめたらそこで試合終了です!

バスケットマンガ「スラムダンク」安西先生のお言葉です

(ほほほほっ)

(引用:プリ画像)



一打一打大切にするんです。

 

つい、OBやチョロした後は・・・

 

「あーあー 今日もダメか」と、投げやりになるものです。

(写真は、やり投げ・・・m(_ _)m)

そして

  • 「いいや、30cmくらいチョンとパターしちゃえ~」
  • 「アーアー やっぱり外した・・・(さらにガクン)」

 

でも、ホールはまだまだあります。

 

ゴルフは挽回できるスポーツです。

オーバー数は、パーやバーディーで消せるんです。

 

これが、サッカーや野球だとそうはいきません。

とられた点数を0にすることはできないのです。

 

でも、ゴルフはプラスをマイナスにできるのです。

 

 

さあ、慎重に

  1. ボギーペースをキープしながら、
  2. チャンスが来たら
  3. パー、バーディーを取りに行きましょう。

 

「そうはいってもさー そのボギーペースがなかなかうまくいかないんだよね」

 

もちろん、簡単でないことは重々承知しています。

 

でも、ボギーペースはそんなに面倒ではありません。

あなたが面倒にしているだけなのです。

 

「えーーどういうこと?」

 

ボギーの取り方

 

あなたは、いつもパーオンを狙っていませんか?

 

*パーオンとは・・・

グリーン上でのパット数は2打と決めます。

そのホールのパー(規定打数)の数からパット数の2を引いた数で、

  • パー5のホールなら5-2=3打
  • パー4のホールなら2打
  • パー3のホールなら1打

が、そのホールのパーオン数といいます。

 

 

パーオンは無理に狙わないでいいんです。

 

パー4のホールなら、

  • 2打でグリーン近くまでボールを持ってくれば十分

なのです。

 

まだあなたは上級者の一歩手前。

 

ということは・・・

  1. 無理にパーオンを狙うと、
  2. グリーンにのったとしても
  3. カップから遠い位置にグリーンオン

となるのでしょう。

 

そうすると、当然 ロングパットが残ります。

 

そこからあなたは「3パットでボギーでOK」と考えればいいのですが・・・

あなたはそうは考えません!

 

「そうなんだよ。せっかくパーオンしたら2パットのパーにしたいよな~」

 

そうですよね。ゴルファーなら誰でも、その気持ち分かります。

しかし、ロングパットを2打で入れる力があなたにありますか?

 

「なんだ(怒) ゴルフエッグは俺にケンカを売っているのか!!」

 

いいえ、違います。

 

あなたは

  • 「90をなんとか切りたい!」と思って、
  • 一生懸命がんばっているのですよね。

そのレベルの人として、話をしているだけです。

 

10~15mを2パットで確実に決めることができるなら、あなたは90の壁につまずいていません!

 

ゴルフエッグも「10mなら2パットで絶対いけるぜ!」なんて自信はありません^^;

 

すみませんm(_ _)m

今日は少しきつい話をしていると思いますが、

「90を切りたい!」のであれば、まずは己の力をしっかりと分析しましょう!

 

話を戻します。

 

パーオンの3パットだと・・・

あなたは「ガックリ」と残念に思うことでしょう。

 

でも、もしこれがパーオンせずに、

グリーンエッジから、3打かかってのボギーならどうでしょう。

「そりゃーよかった。まあ、成功かな?と思うよ」

そうですよね。

  • アプローチして、2パットの3打
  • 3パットしての3打

 

 

どっちも同じ「3打」ですが、3パットは誰でもいやですもんね。

なんたって「パットは2打以内」がゴルファーの鉄則ですから・・・

 

同じボギーなのに、この気持ちの差は大きいです。

 

  • かたや、3パットで「あーあ、下手だな」 と思ってしまう。
  • かたや、アプローチがうまくいって「よかった。寄せきれなかったけど2パット圏内に打てたよ」

ですからね。

 

また、パーオンしない場合のもう一つの利点は・・・

もし

  • グリーン脇からアプローチで
  • ピンそばにうまくよったら・・・
  • 1パットで
  • パーも取れるんです。

このアプローチは、狙っていきましょう。

 

このアプローチがうまくいけば、一緒にラウンドしているみんなからも

「すごーーい。ナイスパー」と言われることでしょう。

 

でも、これがパーオンの場合なら・・・

「そりゃそうだよ。2オンだもん、2パットでパーは当たり前」

となりますよね。

 

つまり、お伝えしたいのは・・・

  • パーオンはいりません!
  • パー4のホールなら、2打でグリーン周りにいけばいいんです。

 

そして、重要なところは

「グリーン周りでいい」はあなたの技量ならば、もうできるのです!!

 

無理な番手のクラブや、バンカー越えを狙う必要はありません。

 

  • 「グリーンオンさせなくてもいいんだ」となれば
  • よけいな力も入らない。
  • さらに良いショットが出やすくなる。

あなたも重々承知しているはず。

 

「でも、グリーンを狙わないって、ゴルフがおもしろくないよね。」

 

  • もちろん、ピンは狙います。
  • グリーンオンも狙います。

ただし、90の壁を切りたいならば、「無理に」狙っては絶対にいけません。

 

「その無理の加減が難しいんだよね」

 

そうですね。狙わないつもりでも、あなたはつい狙ってしまう。

それはなぜか分かりますか?

 

「うーーーーん?」

 

それはあなたに自信がないからです。

 

「おっ!またケンカ売りに来たな、ゴルフエッグめ!」

「そうだよ(怒) ショットに自信がないんだよ。」

「そんなこと言わなくたっていいじゃないか(プンプン)」

 

違いますよ。怒らないで下さいませ^^

 

あなたが自信がないのはショットではありません。

 

「えっ?私に自信がないのは、じゃあなんなの?」

 

  • いつでも平常心をもって、
  • グリーンオンを狙わなくても安心できる方法
  • そして、あわよくばパーもゲットできる方法

 

「なになに、教えて~(ワクワク)」

 

グリーンを狙わなくても「90切り」できる方法

 

それは・・・・

アプローチに自信を持つのです。

 

「ゴルフの壁① あなたは何切り?100切り90切り、まず100前の話」にも出てきた

「チョコンアプローチ」をもっともっと練習するのです。

 

  • 家で、できます。
  • 遠くに飛ばすアプローチではありません。
  • グリーン周りからのアプローチですから、
  • 自宅で練習しましょう。

 

「えーー、チョコンアプローチちゃんと練習したよ」

 

あなたは「ベルリンの壁より厚い! 90切り」に挑戦をしているのです。

ただの「チョコンチョコンアプローチ」ではダメです。

 

一つレベルアップした「チョコンアプローチ」をしましょう。

「レベルアップしたアプローチぃ~?それってどんなのなの?」

 

 

それは「ボールの回転を感じられるアプローチ」です!

 

「えっ、ボールの回転なんて意識したときないよ!!」

 

大丈夫です。

では、次は「90の壁切り、アプローチ編」に進みましょう。

 

「あらら~  まだ続くのね」

 

ゴルフエッグも予想外でした。

またまた、サスペンデッドゲームになってしまいました m(_ _)m

 

でも、これが分かるとさらにゴルフが面白くなります。

 

次の記事は、久しぶりの体感レッスンです。お付き合いいただけるとうれしいです^^

 

 

スポンサーリンク