紳士のスポーツ!ラウンド中は「自己責任」精神鍛えてゴルフ上達

今よりスコアメイクを楽にする方法
「謎解きレポート」無料プレゼント!

GEメルマガレッスン
を読んで今すぐスコアをマイナス5しちゃいましょう



この記事が、真のゴルファーへの一歩になれば幸いですm(_ _)m

 

ゴルフは誰がする?

 

ゴルフは、日本では「お金がかかるスポーツ」の一つにあげられます。

そのため、残念ながら、子供が小学校でやるようなスポーツにはなっていません。

 

「おやじがやるスポーツ」

これが、一般的な意見ではないでしょうか。

 

もちろん、この「おやじ」というのは「大人」という意味ですから、

女性もゴルフをしても良いのは当たり前です^^

 

でも、あなたは勘違いしていませんか。

 

ゴルフは・・・

大人がやるスポーツ⇒それも男がやるスポーツ⇒よって「紳士のスポーツ」

という勘違いを!

 

紳士のスポーツの本当の意味

 

実は、ゴルフは子供にさせるには最適のスポーツだって知っていましたか?

 


その通りです。

しかし、ゴルフの中身は、子供教育にもってこいの内容です。

 

だって、ゴルフのルールブックには

ルールの前にマナーについて書かれているんですよ。

 

実はゴルフは、「ルールよりも、マナーが大切!!」なんです。

つまり、子供教育でいったら躾(しつけ)ですね。

 

「紳士のスポーツ」の本当の意味はここにあります。

 

ゴルフは、プレーを通して以下のことを学べます。

  • 自分を律し、
  • 周りに気を使い、
  • 自然を愛し、
  • プレーを楽しむ
  • プレーを楽しむためには試行錯誤を繰り返し
  • 技を磨き、努力しなくてはならない

 

つまり、「紳士的な精神を育てるスポーツ」なのです。

だから、「紳士のスポーツ」というより「紳士的なスポーツ」と言った方がよいのでしょうね。

 

ゴルフは特別なスポーツ

 

ゴルフはとても変なスポーツです!

だって、スポーツのくせして審判がいないんですよ~

 

でも、ルールは存在する。変でしょ?

「じゃあ、誰が審判をするの?」なんて愚問はしないでくださいね。

 

もちろん、審判はプレーヤーであるあなたです!!

 

これが、野球だったらどうでしょう。

 


サッカーなら、


(写真は有名なマラドーナの「神の手」です^^)

 

ゴルフの審判は自分ですから、イカサマしたって、何したって「あり」なんです。

 

しかし、そんなゴルフはつまらない・・・のは、あなたも知っていますよね^^/

そして、そんなイカサマゴルファーは軽蔑されます。

 

真のゴルファーは

  • 自分に厳しく、
  • あるがままの状態を受け入れる。
  • その中で最善策を考えて、
  • 自分の持てる最高の技で乗り切っていく。
  • それが、困難であればあるほど、
  • 成功したときの喜びは大きくなる。

そう、まるで人生のように・・・これがゴルフ!

 

こんな言葉をゴルフ番組でいっていました。

「ゴルフは、ひとホールに人生のすべてがある」と・・・

 

ゴルフ発祥の地 イギリス

 

ゴルフはイギリス、それもスコットランドが発祥の地と言われています。

羊飼いが、仕事の合間に、

  • その辺に落ちている木の棒で・・・(クラブ)
  • 石ころを・・・(ボール)
  • モグラ?の穴に入れて・・・(カップ)
  • 遊んでいたらしいです。・・・(ゴルフ)

 

それを、狩りのため野原を見渡していた貴族たちが「おもしろそうだな」と考え、

  • 木の棒を改良
  • 石ころじゃうまく転がらないからボール改良
  • もっとボールが入りやすいように野原の草(芝)を刈って、ゴルフコースやグリーンを作った

と言われいます。

 

 


このように「貴族がゴルフを進化させた」ということも、「紳士のスポーツ」と言われる理由。

そして勘違いされる理由の一つなのでしょう。

 

紳士とは?

 

「紳士」は、もちろん大人の男性を表す言葉ですね。

女性は、「淑女」です。

 

紳士・淑女たるもの、心を鍛える

もちろん、身なりもきちんとする。

 

そのため、一昔前は、ゴルフ場に入るにはフォーマルな格好でなくてはいけませんでした。

つまり、Tシャツなどでゴルフ場に出入りしてはいけないのです。

(今でも名門といわれるところはそうですよ^^気を付けましょう)

 

 

写真はマスターズのあの有名なグリーンジャケットです。

なんとオーガスタ―ナショナルゴルフクラブの会員なら400ドルで買えるそうです。

ゴルフエッグもほしーーい。

でも、オーガスタ―の会員には、アメリカ大統領でもなるのが難しいとのこと…ヒエー

 

 

まず、人は身なりから・・・ですね。

 

でも、20年前くらいから

 

しかし、フォーマルな格好で、シャツを出すのは・・・・アウトです。

だから、ゴルフ場では、極力、シャツをズボンの中にしまいましょう。

 

最低でも、襟付きのシャツもしくは、襟のように首回りがなっているシャツにしましょう!!

 

そんな、雰囲気もあって、若者は

「ゴルフはかっこうが悪い、ダサいし、ゴルフウエア―も良い色がない」

と敬遠されがちです。

 

しかし、今やゴルフ場でもズボンからシャツが出ててもお構いなしですね。

 

というか、そうしないと

  • ゴルフ人口が減るため、
  • ゴルフ場の人も注意できないし、
  • もはや先輩ゴルファー(おじい様方、重鎮)も注意しません。

ゴルフエッグは、私の父によく怒られ、教育を受けました…

(大人になった今も…^^;)

 

でも、ゴルフエッグは「身なりなど時代に合わせていいんじゃないかな」と思っています。

だって、ルールも変わっていくのですから・・・

「ゴルフルールって?マナー?スロープレー?セントアンドリューズ」もご参考に)

 

しかし、ゴルフ場は今でもあこがれの場所。

(写真引用先:The R&A – Official Website of The R&A – Golf’s governing body

 

やはり、大人の雰囲気を出したちょっと素敵な場所。

であってほしいと思っています。

 

だから

 

また、若者だけでなく、

 

 

ゴルフのプレーで精神を鍛える

 

身なりは、まあいいでしょう。

でも、プレーは紳士的であってほしいと思っています。

 

 

 

そんな相手を気遣うマナーさえできていれば、シャツが出ていても立派なゴルファーです。

 

「おーおー、だったら俺は立派なゴルファーだな」

 

それは素晴らしいです\(^^)/

 

でも、もしあなたが、打とうとするとき

  1. 誰かが動いた
  2. 誰かが物音をさせた
  3. キャディーさんがパットのラインを間違った

としたら、あなたはどうしますか。

 

「そりゃあ~怒るでしょう!!」

 

でも、1・2なら、打つのをやめて仕切り直せばいいですよね。

つまり、あなたがコントロールできるわけです。

 

 

 

 


の「キャディーさんがパットのラインを間違った」ときは、いかがでしょうか?

 


そのラインを、信じてあなたが打ったのです。

 

つまり、あなたはやめることも、違うところに打つこともできたのですが、

最終決断して打ったのはあなたです!!

 

それなのに

  • 入らなかった
  • 違う曲り方をした
  • 「キャディーさん違ったじゃないの、ダメだよ~」

というのは「紳士的じゃない」ですよね^^

 

つまり、ゴルフはいつも「自己責任」を問われるスポーツです。

 

止まっているボールを打つのですから、自分がどのようにでもできるのです。

 

だから、行動したすべてのことは「あなたが決めた」ことなのです。

それを、他人のせいにするのは「紳士のスポーツ」の精神に反します。

 

「なんか、めんどうだなぁ~」「ゴルフがいやになったな~」

なんて思わないでくださいね。

 

まとめ

 

伝えたいことは、

  • 技術だけでなく、
  • 精神も問われるのがゴルフ
  • その精神の成長をも体感できれば、
  • 「おれって大人じゃーーん」と
  • 自己満足をしましょう。

その自己満足は、あなたの普段の人生にも活かされるはずです。

 

自然を相手にするスポーツですから、

こっちだって大きな心で立ち向かいたいじゃないですか。

 

そんな心を鍛えるのもゴルフの楽しみ・・・と思っていただければ幸いです。

 

 

でも、あなたに伝えるというよりも、

途中からは「自分に言い聞かせながら」書いていました^^;

 

これに懲りずに、今後とも

ゴルフエッグ上達体感サイトをよろしくお願いします m(_ _)m

 

追伸

「ゴルフは自己責任!」といっても

プロゴルファーの試合を見に行って、わちゃわちゃ騒いでいたり、

ましてや携帯電話のカメラのシャッター音なんかさせて、

プロゴルファーの邪魔をしてはダメですよ。

 

「えー でも、それでミスしてもゴルファーの自己責任でしょ」

 

ダメダメ!

まずはあなたが紳士的なゴルファーとしての行動を取りましょう\(^^)/

 

プロゴルファーは、その一打を打つために・・・

  • 血のにじむ努力をしているのです。
  • そして、生活が
  • 人生が懸かっているのです。

それを邪魔してはいけません。

 

それなのに、選手目当てだけでゴルフ場に来る追っかけさんは、

このゴルファーの精神、マナーを知らないから、問題が起こるのです。

 

それで、選手が嫌な顔をするのは当たり前です。

 

「あの選手、あんなことで怒ったんだぜ。器ちいせーな」

なんて、そんなことで、選手を責めることはお門違いです。

 

だって、ギャラリーもゴルフ場に来たら、

立派なゴルファーでなくてはならないのですから…

 




「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグの特別上達レッスンも無料受講!!

あなたも今より20ヤードグリーンに近づいてピンを狙ってみないか!
谷原秀人を優勝に導いた安楽拓也の
「最もシンプルな飛距離アップ練習ブログラム」ドライバー飛距離アップ
「最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」安楽拓也ドラコンプロ

あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^




“紳士のスポーツ!ラウンド中は「自己責任」精神鍛えてゴルフ上達” への2件のフィードバック

  1. 橋本 良徳 より:

    同感です。
    人のふり見て、自分を律しながら、マナーを守る大人のゴルファーを目指してます。
    そんな意味でも「ゴルフやってる人ってカッコいい」って言われたいですね。

    • golfegg golfegg より:

      橋本様

      ゴルフエッグです^^
      コメントありがとうございます。

      共感していただきうれしいです。
      そうですね。カッコイイゴルファーをお互い目指して、
      ゴルフ上達していきましょう\(^^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ