ボール踏んで飛距離アップ!アスリート向け練習場用ゴルフ上達法

今よりスコアメイクを楽にする方法
「謎解きレポート」無料プレゼント!

GEメルマガレッスン
を読んで今すぐスコアをマイナス5しちゃいましょう

飛距離アップは、ゴルファーの永遠の夢!

誰だって、もっと遠くに飛ばしたい・・・

 

ならば、体を鍛えよう!!

「いやーそれは遠慮しておきます」って言っている人は誰ですか(怒)!!

 

はーい。私ゴルフエッグですm(_ _)m

 

本来ならば筋肉トレーニングやランニングで体を鍛えなくてはいけないのです。

しかし、それは嫌い!そんなゴルフエッグと同じあなたに

筋トレをしなくても飛距離アップを手に入れる方法をお教えしましょう。

 

さあ、「ゴルフ上達体感レッスン、練習場でできるぞ練習法」を始めます。

 

ゴルフボールを踏む

右打ちゴルファーで説明していきます。

写真は、上が打ち出す方向です。

もちろん、打つのはマットの上のゴルフボールです。

おや?変なところにもう一つゴルフボールがありますね。

気になる気になる・・・

 

 

さあ、その足元のゴルフボールを踏んじゃいましょう。

踏み方は、右足小指側の足の裏で踏んでください。

 

 

拡大写真のように右足の裏が斜めになっていればOKです。

さあ、これでゴルフの構え(アドレス)をして、

右膝が動かないようにしながら素振りをしてみましょう!

どうですか。

バックスイング(上にクラブを振り上げる動作)、そして

トップオブスイング(クラブをもっとも高い位置に持ってくること)が

いつものようにできますか。

 

バックスイングが、やりにくいでしょ。

トップオブスイングが、普段より上に上がらないでしょ。

 

「いつもと違う!」と感じるあなたは、普段バックスイングするときに

自分の右側に体を逃がしている(スエー(スゥエー)している)のです。

 

この練習は、スゥエ―できないようにする練習法です。

また同時に、「体を回転させる」というより

「ねじる(捻転)」を体感してもらいたい練習法です。

 

ゴルフのバックスイングは

  1. 始めに構えた状態の右足(右膝)を動かさないで、
  2. 体は右にねじらなくてはいけない(捻転させる)
  3. 右足股関節を折り曲げながら捻転を強くする。    のです^^

こんな動きは、日常生活ではまずしません。

 

しかし、このねじれ(捻転)が強ければ強いほど、パワーが溜まります。

 

えっ!どこに溜まりますかって?

それはあなたが「苦しい・きつい」と感じる場所。

そう「右足裏・右膝・右太もも・右股関節」にパワーが溜まります。

 

「動かさないからパワーが溜まる」のです!!

 

そして、それをダウンスイング(クラブを振り下ろしてくる動作)のときに

一気に開放することで、ボールを強く打つことができるのです。

 

スイング編の

「ゴルフは股関節が命!タイガーウッズもやってるよ^^」

前後の記事も参考にしてください。

 

これらの記事をゴルフ練習場で練習するための実技編が今回の上達体感レッスンというわけです。

 

ご自宅で素振りの練習した後に、実際にゴルフ練習場でも行ってみてください。

 

始めはぎこちない動きになったり、変なところに力が入って

スムーズにクラブが振れないことでしょう。

 

でも、あなたは手に入れることができます!

  • 今よりも20ヤード遠くに飛ばす飛距離と
  • 安定したミート率
  • 良好な方向性
  • そして、かっこいいゴルフスイングを・・・

でも、注意が必要な練習法でもあります。

 

この「ボールを踏んでショットする」を行ってみるとわかるように、

体、特に右膝に大きな負荷がかかります。

よって、膝や足腰に持病がある方は、この練習法はしないでくださいね。

 

飛距離を得るためには、やはり何かを犠牲にしなくてはいけません。

 

体が疲れるくらいならいいのですが、

この練習法で膝を悪くして、ゴルフそのものができなくなることだって考えられます。

 

タイガーウッズも右膝に持病があります。

右膝の痛みを我慢しながら、メジャー大会で優勝した時もありました。

その後、手術を受け復帰まで時間もかかりました。

 

あの驚異的な飛距離の裏には、体を酷使していることを忘れてはいけません。

それに耐えうる肉体的トレーニングを毎日行いながら、

極限まで体を捻転させて、

そして、300ヤードドライブの飛距離と方向性を生み出しているのです。

 

だから、ゴルフエッグは・・・

  • そこそこの飛距離で
  • そこそこ楽しんで、
  • そこそこいいスコア―が出せるようにがんばります。

 

自分の体力の範囲内で、最大の努力をしていこうじゃありませんか!!

と、久しぶりに先生口調になりましたが、

ゴルフはたかが趣味です。

体を壊さない程度にがんばりましょう。

 

でも、「たかがゴルフ、されどゴルフ」

やっぱり、飛距離はゴルフエッグもほしーーーーーーーい。




「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグの特別上達レッスンも無料受講!!

あなたも今より20ヤードグリーンに近づいてピンを狙ってみないか!
谷原秀人を優勝に導いた安楽拓也の
「最もシンプルな飛距離アップ練習ブログラム」ドライバー飛距離アップ
「最もシンプルな飛距離アップ練習プログラム」安楽拓也ドラコンプロ

あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^




コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ