スライス・フック防止しながら理想スイングも手に入る!偽ボールショットでゴルフナイスショット!

第一弾「ゴルフのスライス・フックのお悩みは、背中を気にして一挙解決!!」

第二弾スライス・フック撲滅作戦第二弾 背中が難しいなら視線でゴルフの悩み解決

と続いたスライス・フック撲滅作戦も早、3弾目!!

今回はグリップの位置を考えて、スライス・フックとおさらばして、更なるゴルフ上達の高みへとゴルフエッグがあなたをお連れしますヾ(*´∀`*)ノ

さあ、最後までついてきてくださいね^^/

ボールとグリップとの位置関係

実際にはクラブ軌道やスイングの仕方も関係して打球の曲がりは決まりますが、

第一弾の背骨を意識してスライスを防止する回でもお話ししたように、スライスが起こるのはクラブフェイスがボールに

右打ちならターゲットの右を向いて(開いて)当たるからです。


またフックなら

右打ちならターゲットの左に向いた(閉じた)状態でフェイスが当たるからです。


では、上記の2つの図にシャフトとグリップを付け加えて図を書き換えてみましょう。

この図も、実際のスイングの場合はシャフトのしなりや、持っているクラブの番手によっても変わってきますが、そこはご理解の上、読み進めてくださいm(__)m


さて、スライスの話から始めますが、

この図からもお分かりのように、インパクト時にグリップがボールより前(ターゲット方向)にあるとクラブフェイスは開き、スライスになりやすいということです。

この状態は、ゴルフでよく言う「ハンドファースト」とは違います!!

本来の「ハンドファースト」というのは、フェイスがターゲットに向いた状態で、なおかつグリップが前にある状態ですから、それとは異なる状態ですのでご注意ください。

そこで本来の「ハンドファースト」と区別するために、上記の図のことを「偽ハンドファースト」と今回は呼ぶことにします(-_-;)


逆にボールより手前にグリップがある状態でインパクトを迎えれば、クラブフェイスは閉じてフック系の球になりやすいということです

これは「偽ハンドレイト」となるでしょうかm(__)m

ということは、スライスでお悩みの方はグリップが先に行かないようにして、ボールの手前にある状態(偽ハンドレイト)でインパクトすることを目指せばよいということになります。

フック防止は逆に「偽ハンドファーストを目指せ!」ですね。

「そんなのわかっているよ(怒)」
「それができないから困っているんでしょ(プンプン)」

はい、ではその修正を可能にする秘策を一つお伝えしますね^^/

スライス防止、偽ボール打法

このように「偽ハンドファースト」でインパクトしやすい場合

つまり、あなたがスライスでお悩みなら・・・

ボール位置をもっと右足側(中央)に置きましょう。

そうすれば、今までの「偽ハンドファースト」のスイングをすると、あなたのインパクトはこのようになるでしょう。

「なんだ、点線ボールの位置にボールをセットしたとしても、結局はグリップがボールの前に出るからスライスするじゃん!」

はい、そうですね。

でも、この点線ボールが架空のボールだった場合はどうでしょうか?

「? 架空のボールってどういうこと?」

ボール位置は今までと同じでアドレスをしますが、自分のイメージの中で架空ボールを点線の丸の位置に作り出すのです。

これを「偽ボール」と呼ぶことにしますね。

そして、スイング中、ずっと偽ボールを見ながら「偽ボールを本当に打つんだ」と思ってスイングするんです。

すると、あなたはインパクト(偽インパクト)をこのグリップ位置で迎えることができます。

インパクトはここで終わりますが、スイングは続いていますから、クラブヘッドやシャフトはフォローへと向かいます。

すると、本当のボールがある位置でのクラブの状態は、このように理想的な状態になることでしょう。

そう!これによりフェイスがまっすぐボールに当たるインパクトを迎えることができるのです。

「うおーーこれこそ夢にまで見たスクエアーインパクトだ~」
ゴルフ松山英樹インパクト

ごちゃごちゃしてきたので、ここまでの話をまとめてみますと・・・


スライスを防止したいと思ったら

  • 「実際のボールよりも手前(ターゲットと逆側)に偽ボールをセット」
  • 「その偽ボールを本当に打つつもりでスイングする」
  • 「それにより本物ボールの位置ではスクエアにフェイス面が当たる

フックを止めたいのなら

  • 「実際のボールよりも前(ターゲット方向)にセット」
  • 「その偽ボールを本当に打つスイングをする」
  • 「そうすると偽ボールを打つ前に、本物ボールの位置でスクエアにフェイス面が当たる」

のです。

但し、以下の点を注意して行いましょう。

偽ボール打法の注意点


本来の自分のセットするボール位置より右足寄り(中央、中に入れる)に偽ボールをイメージして振ろうとすると、多くの場合スイングするときに窮屈な感じ(つまる感じ)がするでしょう。

もしそんな場合は、ボールから少し離れて構えましょう。それにより窮屈さが軽減されます。

それに遠くに立つことで、偽ボールをちゃんとインパクトするように打てば、本当のボールにフェイスが当たるときは、クラブフェイスのトウ側(先の方)に当たるはずです。

クラブの特性で、フェイスの先の方でインパクトするとフック回転の打球になりやすいのです。

これを「ギアー効果」というのですが、最近のドライバーは直進性を重視して開発されているので、あまり期待できません。

しかし、グリップをちゃんと握っていれば、インパクト時にそれを感じることができるでしょう。


また、フックを抑えるためにターゲット方向に「偽ボール」をイメージする場合は、窮屈な感じはしません。
でも、偽ボールを打つ前に、本物ボールを打つことになるため、力強く本物ボールを打てない感じがすると思います。

また、偽ボールが自分から遠い位置にある感じがするために、ダウンスイングで体がターゲット方向にスエーしたり、突っ込んで打ちに行きやすくなります。

そうすると「ゴルフのスライス・フックのお悩みは、背中を気にして一挙解決!!」でお話しした

こんな背骨の傾きになり、フック防止になりません。ご注意くださいm(__)m

「なんだ、「偽ボール打法」は注意事項が多くてダメなんじゃないの?」

たしかに、イメージで作り出したボールを打つというのは難しいかもしれません。

でも「偽ボール打法」はスライス・フック撲滅以外にも、更なるゴルフ上達効果が望めますヾ(*´∀`*)ノ

それは・・・

スイングの向上と飛距離アップ

ゴルファーはボールを前にすると、どうしても力が入ります。
ゴルフのバックスイング開始

素振りではスムーズに振れるのに「なぜかボールがあるとダメ」というゴルファーは多いです。

また練習場では思い通りのスイング、良い打球が打てる人でも本コースでその力を発揮できなくて_| ̄|○されるゴルファーもまた多いかと思います。

その第一の原因は「ボールを凝視しすぎる」ことから起こります。

「偽ボール打法」の場合は、見るといってもしょせんは「架空のボール」です。

だから、スイング中に力が入るとしても、本物のボールを打つときほど、力むことはないのです。

つまり、あなたは良い感じの脱力した状態でスイングすることが可能となるのです。

そうなれば、素振りのような理想のスイングに近づき、なおかつスイングスピードもアップすることでしょう。

「えーでも、本当のボールを見なきゃ空振りするじゃん。ボールを打てるわけないじゃん」

ご安心ください。

「偽ボール」のすぐ近くには「本物ボール」があります。

見ようとしなくとも、必ずあなたの視界の中には入っています!!

不思議なもので、見てないようでちゃんとあなたは見ています。

そして、本物ボールにちゃんとクラブヘッドは当たります。

大丈夫。ゴルフエッグを信じて、一度試してください。

「OK わかった、やってみるよ」

ありがとうございますヾ(*´∀`*)ノ

ゴルフ上達のために最後にもう一度念押し

いいですか、何度も言いますが、あくまで「偽ボール」を打つんですよ。

そのつもりでスイングするんですよ。

間違っても、視界にちらっと入っている本物ボールに心を奪われてはいけません!!

本物ボールはボヤ――ンとみているだけです。

架空ボールの先に「偽りではない」理想のスイングがあることを信じて・・・

さあ、偽ボールショットでナイスショットヾ(*´∀`*)ノ

今回はここまでm(_ _)m

まだまだ続く、第四弾「スライス・フック撲滅作戦」にご期待ください(^○^)


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら

ゴルフエッグ

スポンサーリンク