ゴルフでライン出し!後編。尾崎将司の手首/リストを真似る?

「ゴルフでライン出し!前編。尾崎将司の手首/リストを真似る?」の後編です。


このレッスンであなたは

  • 抑えの利いた、
  • ピンまで糸を引いたような
  • ライン出しショット

を打てるようになるでしょう。

さあ、ゴルフ上達体感レッスンの始まりです。

ライン出しとは?

突然ですが、長嶋茂雄さんをご存知ですか?

「日本人なら、だれでも知っているよ!」


そうですよね。

だって、国民栄誉賞をとられた方ですから・・・


彼を有名にしたのは、もちろん

  • プロ野球巨人軍での活躍。
  • ここで打ってほしいという場面でかならず打つ!
  • 平凡なゴロでも、人の目を楽しませるフィールディング(守備)をする。

 


実は、長嶋さんがボールを捕ってからの動きを、あなたに見せたいのですがいい写真が見つかりませんでした。

この後、長嶋さんは一塁に投げる(スローイングする)のですが、・・・

 

のように、ボールを投げた手を、投げた方向に「ビヨヨヨーン」と長嶋さんは伸ばしますよね。

あなたもそんな映像を見たことがあるのではないでしょうか。

 

その感じが「ゴルフのライン出しの感じ」と思ってください。

つまり、「打った後もピンにまっすぐ飛んでいく余韻を残したスイング」とでもいえばよいかな?

 

このようなライン出しのショットをすべてのクラブで尾崎将司プロはできるのです。

 

つまり、尾崎将司プロの強みは、ドライバーでもウエッジのように打てること。

方向性の良いショットが打てることにあります。

 

その打ち方とは・・・?

 

雨の日に車に乗ろう

お待たせしました。今度こそ本題です。

 

「もう、余計なことを言わないで、さっさと本題に入りやがれ!」

そうおっしゃらないでもうすこし我慢を・・・

 

引っ張るのには理由があります。

  • それはどんなものなのか。
  • それをする理由はなにか。
  • なんのためにそうするのか。
  • それはどうすればできるのか。

 

大人に文章や画像で、体感してもらうには、前置きが必要なのです。

 

「わかったから、本題は???」

申し訳ございません。ではレッスン開始です。

 



右打ちの場合で話をします。

右手で、あなたの嫌いな○○さん(一応、ボールということで・・・)を平手打ちしたとしましょう。

 

上の動画のように、右手首をパタンパタンしますよね。



これがゴルフの場合、右手のひらはクラブフェースと同じと考えましょう。

右手の向きがクラブフェースの向きです。

 

だから、ボールをたたきにいったときの動きはいいのですが・・・

「お盆1枚でフッカーに変身?ゴルフ上達フェースローテーション」参照)

 

打ち終わった後に、

手をパタンと閉じるような動きをすると・・・

クラブフェースがヘンテコな方向に向きます。

写真では、手のひらが写真左に向いています。

 
さあ、ここで長嶋方式です。

なんとか、手のひらをターゲット(ピン、ねらい目)方向に向けてみましょう。

 

「なになに? どうするか分からんぞ!」

 

そうですよね。

「ターゲットに向かって飛んでいってほしい」という気持ちが長嶋さんのように、強くないとなかなか難しいと思います。

 

「そんな思いは人一倍あるぞ!でも、わからんぞ」

 

手に思いを込めるのです。もっともっと長嶋茂雄さんのように・・・と、押し問答してもしょうがありませんね^^

 

では、ここで尾崎将司プロに登場してもらいましょう。

尾崎将司プロが言っていたわけではないですが、「右手首をワイパーのように動かす」とその感じが出ます。

 

 


右手(右手首・リスト)の動きですが、

  1. ボールをとらえたインパクト後も、
  2. その右手首の角度を変えないようにして
  3. フォロースルー(打ち終わった後の動き)をとる

のです。

 

こうすると、「右手のひらがターゲット方向・ピン方向に向いたままでいられる」のを体感できますでしょうか。

 

 

 

 


ゴルフボールを上の動画のように

  1. 捕まえて・・・インパクト
  2. そのまま、持ち上げて・・・フォロースルー

みましょう。

 

そのとき、右手首の角度を変えていないのが分かるでしょうか。


この「右手首の角度維持」がポイントです!!

 

さあ、この動きをゴルフクラブを持ってやってみましょう。



そうすると、インパクト後、

  • クラブは横に動かずに
  • 縦に動く、
  • クラブが立っていく。

のを体感できるでしょうか。

いかがですか?

 

「本当だ、クラブヘッド(先端)が上に上がっていくぞ」

 

そうですよね。

ゴルフでは、「クラブが寝てるとダメなんだ、立てていけ!」なんていう場合があります。

 

「クラブを立たせる」と言う表現がこれです。

 

 

どうですか。気持ちもターゲット方向に向かっていきませんか。

「ピンに向かって飛んで行ってね~~~」と・・・

 

でも、この体勢でいられるのも、フォロースルーで手が肩の高さを超えたあたりが限界だと思います。

 

ですから、振るのは右腕左腕が伸ばしていられるところまでにしましょう。

 

つまり、抑えの利いたショットとは、

  1. めちゃぶりフルショットするのではなく、
  2. 肩あたりまでのショットで
  3. グッと手首の角度を維持したままのショット

のことです。

 

短いクラブならば、やりやすいショットですが、これが長くなると難しいです。

ドライバーになればなおのこと・・・

 


それが、尾崎将司プロはドライバーのフルショットでもできるのです。

このドライバーショットのフォースルーの写真でも右手首に角度がついているのが分かります。

 

実際のドライバーショットを直にみると、右手首がパタンパタンとなって見えますが、

  • 手首の角度を維持し
  • ボールをターゲット方向に押し込む気持ちで
  • 「あの方向に飛んで行けー」と打った後も願い続ける。

 

そして、願いだけでなく

  • クラブを立てる動きを入れていく

のです。

タイガーウッズは、この動きを「ターゲットと握手をする」という表現で説明しています。

 

まとめ

今回の体感レッスンは、ニュアンスを伝えるようなものになってしまい、わかりにくいかもしれません。

でも、キーワードは・・・

  • 「右手でワイパー」
  • 右手首の角度を維持し
  • クラブを立てる

です。


この動きをイメージしてください。

 

実際に、ワイパーにならなくともいいです。

その意識だけでもクラブが暴れません。

 

「暴れない」とは、フェースが変な方向を向かないということです。

徐々に、抑えの利いた良いショットが打てるようになっていきます。

 
「ライン出し」のスーパーショット!

ピンめがけて飛んでいくのを、後方から見るのはこの上ない幸せですよ^^

 

お試しあれ・・・

 

編集後記

ゴルフエッグが、尾崎将司プロに憧れるように、長嶋茂雄さんは、尾崎将司プロの憧れの人なのだそうです。

だから、「ゴルフでライン出し!前編。尾崎将司の手首/リストを真似る?」に出てくる尾崎将司プロが監修したWOSSパターに33いう番号がついています。

 

「なんだ? 33って」

 

長嶋茂雄さんの選手時代の背番号はお分かりですか?

 

そう「栄光の3番」です。

 

それにあやかって「33」とつけたのだそうです。

 

あとの理由は、ハーフ33(パー36として)で回りたいな~なんて思いもあったのかも知れませんが・・・

(パーについての勉強をされたい方は「宮里藍・アニカソレンスタムの秘密!ゴルフ夢スコア54ビジョン」を参考にしてください)

 

誰にでも、あこがれの人はいるのですね^^

あなたの憧れは誰ですか?

 

ゴルフエッグの今の目標スイングは「森本レッスンプロ」のスイングです^^

あのようなやさしいスイングを勉強するなら「リズムシンクロ打法」をおすすめします。

 


あなたの疑問に丁寧に答えます!
今すぐコメント欄にご質問をお書きください^^


メルマガレッスンで上達する!\(^^)/


「プロのパットはなぜ入る?謎解きレポート」無料プレゼント!+簡単習得練習法
スコアメイクの決め手はこれ↓


とりあえず案内ページをチラッと見ておく↑


ゴルフエッグのメルマガレッスン無料受講!!
メルマガ+パットプレゼントは こちら

 

スポンサーリンク